上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


前回のあらすじ

清滝峠TTで11分を切れなかったトプローだが、まだこなすべき目的がある。
一年の無事を感謝するべく、十三峠へと向かうのだ。




前回のつづきです。

さて十三峠であるが、とにかく今年は十三峠をよく登った。
関西ヒルクライムTTの十三峠ランキングを見ると、12月30日現在でJトプことトプローの獲得標高は17625mで第一位となっている。これは十三峠TTを47回行ったということであるが、実際の十三峠の獲得標高は、TT以外にも登っているから19000mほどになるはずだ。

しかし葡萄坂や六甲山各ルートにはJトプの数倍登りまくっている方達がいるわけで、世の中上には上がいるもんだと思う。
とにかくこれだけ登って無事故だったのだから、ここはきっちりとお礼参りに行くしかないであろう。


では、まずは奈良側から裏十三峠をアウターシッティング縛りで登るのだ。
しかしどうもイマイチ力が入らんので21Tやら24Tの縛りをかけずにゆるゆると28Tでヒルクライム。なんか早くもハンガーノックっぽいんだが、冬場は体温の維持だけでかなりのカロリーを持って行かれるからだろうか。
冬場に高強度のトレーニングを続けるには、夏場よりずっと補給に気をつける必要がありそうだ。

ともかくも無事に頂上まで登りきり、表側を少し下って水呑地蔵へ。




P1020151.jpg
水呑地蔵にも絵馬を奉納する場所があったりするが、信貴山のような萌え絵馬もなくちょっと寂しげである。
ここは不肖トプローが十三峠の神様を萌え絵馬にして初奉納・・・とは言っても場違いすぎるし誰も見んか。

それに十三峠先生は基本的に鬼なので、萌える要素なんぞ皆無である。

いや、でも待てよ。
実のところ、鬼だというのは仮の姿で・・・








juusann.png

とか、あり得へんやろー。



P1020153.jpg
気を取り直して、一年間お世話になりました。
来年もよろしく頼みます。



P1020155.jpg
水呑みさんから大阪平野を見下ろす。
十三峠頂上駐車場よりも標高が低いぶん、建物の細かいところまでよく見える。




P1020159.jpg
さて十三峠TTスタート地点の大竹七丁目まで下ってきたぞ。
ここから2013年ラストヒルクライムに挑むとする。やはり一年間の締めは十三峠なのだ。

ラストヒルクライムはアウターダンシング縛りでゴー。
今年は幾つかの峠でTT記録を更新できたわけだが、その原動力となったのがこのアウターダンシング縛り錬だと思う。
ダンシングは相変わらず苦手だが、それでも年初に比べればずいぶんマシになった感がある。

最後の最後まできっつい十三峠を登りきり、2013年ラストの記録は23分49秒だった。
ありがとう十三峠先生。また来年もよろしくなッ!









oni01.png

お、おうッ! (;゚Д゚)




P1020164.jpg
ウィンドブレーカーを着込み、ゆっくり十三峠を下る。
年末だというのに次々とローディが登ってくる。



P1020171.jpg

さあ来年もがんばろう。
2014年の目標は、いよいよ18分切りやでッ!!!





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。


スポンサーサイト


コメント

  1. あけましておめでとうございます。

    新年が明けましたね。

    今年もお互いにおもいっきり自転車に乗りたいもんですね。

    十三峠をそれほどまで上られるなんてスゴイ!

    私は、今朝に朝練に行こうと思いましたが雨がパラパラしてたのでやめました。

    今からは仕事へ行きますよ(笑)

    ( 07:26 )

  2. トプロー | -

    Re:もりさわさん

    新年おめでとうございます!
    元旦から仕事とはおつかれさまです。

    僕もできれば1日から朝練に行きたかったのですが、
    年始参りやらなんやらで何もできませんでした。

    なにはともあれ、今年もいっぱい登れればと思っております。
    お互い楽しんで、がんばりましょう。

    ( 14:09 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。