上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪の金剛登山その1~白銀の別世界へいざ!~

雪の金剛登山その2~お地蔵さんとモノトーンの世界~


前回のあらすじ

幾多の困難を乗り越え、いよいよ山頂まであと少しと迫ったトプロー。
アイゼンなしの帰り道は恐いしどうやって帰ればいいのか心配だが、そんなことは登頂してから考えよう。
夏休みの宿題も直前になんとかなったのと同じ事やで!
※ 今回は直前でもなんでもありません。


それではつづきなのだ。


IMG_7047.jpg
どこを見ても雪ばっかり。
なんか雪国に来たみたいですな。

静まりかえって音がない世界。
雪は音を吹いこむんやな 。
 




IMG_7050.jpg
音のない世界の前方に小さなお婆様があらわれた。
「綺麗やなあ、ほんまに綺麗やなあ」と笑顔で下山してくる。
年齢は70歳を過ぎていそうだ。
いや、たしかに綺麗な景色だが、それよりも貴女の健脚ぶりのほうがびっくりするわ。



IMG_7051.jpg
聞こえるのは雪を踏むギュッギュッという音だけだ。





IMG_7055.jpg
しばらく進むと山頂らしき広場が見えた。
よーし、あとちょっと!
雪の緩斜面を駆け上がる・・・とコケるので、慎重に登っていく。



IMG_7056.jpg
雪の金鋼山、山頂ゲットやで!!
でも真の山頂はここではなく葛城神社の神域内にあって、進入できんのやけどな。

天気はあまりよろしくないが、少しは下界が見下ろせそうである。





IMG_7058.jpg
おおっ! アレに見えるはPLの塔やな。
このあたりの山はどこに登ってもあの白いぐねぐねの塔が見えるな。

しかし、大和葛城とか岩湧山のほうがよっぽど景色はいいが比べてはいかんか。
金剛山はアルピニストの山でなく、信仰の山やしな。

まあ、とりあえずセルフタイマーで記念撮影を・・・




IMG_7061.jpg
ゆっくりしか歩けんから見事に失敗した!

それにしても雪山に普段着の綿パンというのもどうなんよ。
夏山なら着圧タイツに短パンでいいけど、冬はやっぱり専用の長ズボンが欲しい。
欲しいだけで買えんがな(´;ω;`)ブワッ





IMG_7065.jpg
午年か。
午年の午は正午の午と同じ意味で、十二支の中間過ぎなんやって。





IMG_7067.jpg
どっかで見かけたと思ったが、メガネをとったのび太くんやないか!




IMG_7068.jpg
こいつも見たことある!
あるけど誰かわからん。
ナチグロンじゃなくて、う~ん、誰やったかわからん。




IMG_7069.jpg
山頂付近の気温はマイナス3度。
写真撮ってたら寒なってきたし、そろそろお湯沸かしてコーヒーでも飲むか。
バックパックからコッヘルとストーブを取り出して・・・

しまった!
普段使い用の普通のガスボンベを持ってきてしまった!
これでは気温が低すぎて着火できん。



IMG_7071.jpg
せっかくミネラルウォーターも購入して背負ってきたのに、これでは熱いホットコーヒーを飲めんではないか。
着火準備をしたせいで指先がガチガチに冷えてしもたのに(´;ω;`)ブワッ


まあ、しかたない。これは次回のためのいい教訓とする。
雪山にはアイゼンと低気温用のガスが必須ということやでッ。


とりあえず気をとりなおし、山頂の散策でもするか。


つづきます



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。