上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は次期フレームについてである。
さいきんちょこちょこ「次期フレーム資金が~」とか書いておるが、先日ふと言葉にして言ってしまったことがあって、それをきっかけに真剣に次期フレームへの欲望が高まってきた。

ではいつ買う予定やねん?と問われれば、そんなもんわからんがな、と答えるしかないのだが、今日はローラー練もお休みしたことであるし、次期フレームをどんなものとするか、傾向と対策などを考えてみたいと思う。
 



ではまず、次期フレームに何を一番期待するのか?
乗り心地であったり、反応の速さであったり、軽さであったり、スタビリティであったり、人によって求める要素は様々であろうが、僕の欲しいと思う要素はおそらく一番に「反応の速さ」とか「漕いでみて軽いという実感」が来る。
これは実際の車重の話ではなく、いや、実際に車重の軽いのもいいと思うが、それよりも一漕ぎしたらすっ飛んでいくような感覚が欲しい。
そのかわりに乗り心地とかロングライド対応性なんかは、多少なりとも犠牲になっていい。


なんでか?


それはもう、すっ飛んで行くような自転車のほうが圧倒的に楽しいと思うからだ。



現在のところ、僕の手元にはピナレロFP2とウィリエールチェントウノという二台のロードバイクがある。
FP2のほうはピナレロらしいと言われる安定感たっぷりのフレームで、チェントウノのほうは2010年当時のウィリエールのトップモデルだ。
この二台を乗り比べると、もう圧倒的にチェントウノのほうが楽しい。
その楽しいと思う理由の一番が「軽く感じる」から、だと思うのだ。
坂を上るとき、平地でスプリントするとき、カーブを切り返すとき、すべての反応が速くて軽くて楽しくてたまらんのである。


次期フレームを手に入れるならば、ぜひともこの「速くて軽くて楽しくてたまらん」という感覚をもっと突き詰めていきたい。
ロングライドもしないわけではないが、フレームの反応の速さであるとか軽さを求めると、これはもうどうしようもなく各メーカーのトップモデルを選ばざるをえなくなり、各メーカーのトップモデルともなれば「実は乗り心地もよかった」という結果になりそうなので心配はない。毎日200kmを数週間走り続けるクラシックレースに対応するフレームなのであるから、ある程度の乗り心地は確保されている。これはチェントウノでも実際そうだ。


で、結局何が欲しいんよ?という話であるが、今のところはう~ん・・・


ピナレロ ドグマ65.1THINK2とか。
なんやまたピナレロかい、という話だが、やっぱりあの派手派手なルックスが好きなのである。一番早いのが一番目立ってカッコイイ! 鳴子章吉くんの言うとおりである。
問題はお値段がお高いことだが、これはまあがんばって貯金するしかない。
自分の脚力がドグマに見合うのか?という問題はまったく気にしない。すでにチェントウノの時点でそういうしょうもない気後れというものは気にしないことにしている。


あとはウィリエール ゼロセッテとか。
なんやまたウィ(ry
こいつもカッコイイ!
そして軽い、めちゃくちゃ軽い。軽すぎてフレームがペラペラというのが一番の心配である。なんでもトップチューブの薄い部分は指で押すとへこむらしい。
いや、それはでもちょっとやりすぎか。絶対に輪行とかできへんやないか。

じゃあ同じウィリエールのゼロノヴァはどうなんか?と思うが、こっちは実車を見たことがない。どこのお店で売っているのか、それが一番の問題だ。
ゼロセッテの高剛性バージョンとか弟分と呼ばれるフレームだが、もう一つのトップグレードフレームであるチェントウノSRと比べてどっちがどう高性能なんよ?という疑問が残る。こいつに関しては実車インプレがぜんぜんと言っていいほど無いのも問題だ。


あとはスペシャのSタマとかキャノンデールのエヴォとかだと思うが、このへんはあまりじっくり見たこともないので今後お店に行った時にジロジロ見てこよう。サーベロとかBMCもほぼノーチェックやしなぁ。
とにかくすぐ買えるものではないのだから、じっくり検討する時間を楽しもう。





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。
スポンサーサイト


コメント

  1. 京都宇治周辺ブログ | -

    こんにちは。
    次期フレームは決まりましたか?その候補にトレックがありませんが何故でしょうか?今私が乗っているバイクは初心者向けで次は本格的なトレックの7シリーズにしたいと思ってますので…

    ( 08:06 )

  2. トプロー | -

    Re:京都宇治周辺ブログさん

    あ、いや、トレックが悪いとかいうことは一切ないです。7シリーズが悪いわけない。
    単にこの記事を書いているときに失念していただけで、そういうバイクは他にもあります。
    KUOTAのKOMとか、RIDLEYのHELIUM SLとか、コルナゴC59とか。
    まだまだ候補をピックアップしている段階なので、次の機種はぜんぜん決まっておりません。
    そもそも実際の購入は2016年夏秋の各メーカー新モデル発表後になると思うので、現行機種は参考程度になりそうです。

    ( 09:32 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。