上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回までのあらすじ

白銀の金剛山を登頂したトプロー。
しかし楽しみにしていた山頂ホットコーヒーの儀を果たせず、失意の中氷点下の山頂を彷徨うのだった。



雪の金剛登山、つづきです。


雪の金剛登山その1~白銀の別世界へいざ!~

雪の金剛登山その2~お地蔵さんとモノトーンの世界~

金剛登山その3~登頂したけど湯が沸かせん(´;ω;`)ブワッ~



さて、とりあえず葛城神社にでも参拝していくか、とノソノソ進みはじめたトプローの前に、とつぜんお不動さんが現れた。

IMG_7076.jpg
心頭滅却すれば火もまた涼し!

さすがお不動さん。炎を背負ってこの余裕。
しかし涼しいというか、むしろ寒そうやで。
 


ともかくも炎と雪を背負って凛と立つ、その姿を見習おう。
ホットコーヒーは売店の自販機で買えばええんやし、ここはひとつしっかり参拝していくべし。

IMG_7075.jpg
うむ、合唱して七反とな。
この寒い中、そんなことやってられんがな。
のうまくさんまんだー、以下略でよろしく!!!



お不動さんを通り過ぎると、天法輪寺への階段が待っていた。

IMG_7077.jpg
よっこらせっと。
アイゼンなしやとちょっと恐いな。下りる時、大丈夫なんか。



IMG_7080.jpg
転法輪寺から葛城神社へつづく参道。
すげぇ。雪の参道って雰囲気すごいな。
青空は見えんけど、これはこれでなかなか趣があってよろしい。



IMG_7081.jpg
参道を進んで行くと福石っていうのがあった。





IMG_7082.jpg
雪に埋もれて下半分が見えんが、これくらいなら解読できる。
崇神天皇の時代に、大国主の神がここに出現したんやな。

たぶん触ったら福にあやかれるんやろうけど、雪まみれやからパスな。




IMG_7093.jpg
そしてこの階段を登りきれば葛城神社である。
でもこれ、急すぎてアイゼンなしでは登れんがな(´;ω;`)ブワッ

仕方ないので、手前にあった坂のほうへ引き返して登りなおし。




IMG_7086.jpg
金剛山頂、葛城神社である。
この裏手あたりが金剛山の真の山頂なのだが、神域であるため侵入できん。

それにしても大阪とは思えん積雪やな。



IMG_7084.jpg
手水舎も雪に埋もれて使いものにならんか。
・・・って、なんやあの看板はwww



IMG_7085.jpg
水玉フレアースカートとか、いつの時代のデザインやねん!

いや、待てよ。
これはむしろネオクラシックとでも呼ぶべき妙な魅力を醸し出しておる。
葛城神社め、なかなかやりよるな。
これを見れただけでも金剛山に登ったかいがあったというものである。


まだつづきます。





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。