上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

の、の、の、乗鞍にぃぃぃ、出たいんやぁぁぁ!

(;´Д`)ハァハァ

いや、すいません。少しばかり取り乱してしまいました。
だって、ここもあそこも乗鞍の話題ばっかりなんだもん(だもんじゃないっ!)

乗鞍って何じゃいな? という方はこんなブログ見に来られないかとは思いますが、念のために解説を入れておきましょう。
正式名称は「全日本マウンテンサイクリングin乗鞍」と言うらしいです。
北アルプス南部の乗鞍高原を舞台にした自転車の大会ですね。
乗鞍高原観光センターをスタートし、乗鞍高原鶴ケ池をゴールとする全長20.5km、標高差1,260mのヒルクライムレースです。かのマイカー規制で有名な乗鞍エコーラインをえっさえっさと登るレースなんです。

そしてこのレース、数あるヒルクライムレースの中でも、どうやら大多数の皆様が一年をとおして一番重要視している大会らしいです。
ヒルクライム初心者でウィークデーライダーなトプローは当然参加したことはありませんが、そのコースが素晴らしいだろうことは容易に想像がつきます。マイカー規制が施行されるより以前の乗鞍エコーラインには、エンジンつきのバイクでツーリングに行ったことがるくらいですが、森林限界を突破する景色の素晴らしさが記憶に残っています。
・・・と言うか、あまりの空気の薄さのせいでオートバイのキャブがゴボゴボいってたほうが記憶に残っています。なんて無茶な高度だ(;´Д`)

で、その乗鞍ですが、基本的には参加者の年齢によってクラスわけがありまして、トプローの場合は36歳~40歳の男子Dクラスってことになるらしいです。
しかしそこはあくまで基本のお話。
基本があれば例外もあるわけでして、乗鞍には年齢制限無視のチャンピオンクラスというのがあるわけです。柔道でいうところの無差別級みたいなもので、このレースの花形クラスですね。よって日本の全ヒルクライマーは乗鞍のチャンピオンクラスを目指すわけです。

チャンピオンというからには誰でも参加できるわけではありません。
募集要項には「本コースを1時間20分以内に完走できる方」と明記されております。

そうは言われても乗鞍を登ったことのないトプローは「ふ~ん」と言うしかありません。
たぶん凄いタイムなんだろうなぁ。トプローには夢のクラスだよなぁ。
とは思ったものの、そう言えば乗鞍チャンピオンクラス想定タイムっていうのが確かあったはずです。

うん、そうです。
興味のある人はググってみれば出てきますが、関西の有名な峠のタイムで乗鞍チャンピオンクラスの足切りタイムを想定した情報がありました。
それによるとトプローのホームである十三峠は20分。

いやぁ、やっぱトプローではチャンピオンクラスは無理でした(;^ω^)
なにしろ去年のベストタイムが21分台後半だから20分なんてまだまだ・・・って、ええ!? たったの20分でいいの?!
そもそも今年の目標が十三峠20分切りなんですが、本当なんでしょうか。
本当なら練習にも身が入るよなぁ~。
乗鞍、やっぱり行きたいなぁぁ。ふはぁ。

いや、タイムがどうとかじゃなく、一番の問題は、どうやったら土日連休なんてものを取得できるのか?という事に尽きるのですが。にんともかんとも。

あ、今日の十三峠朝錬は23分50秒でした。
こないだより少しましになりました。継続は力なりです。


001_20110830223925.jpg
頂上にたどりついて、草むらにバイクを横たえる瞬間が至福の一時です(´∀`*)

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ

↑ポチっとお願いします。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。