上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予定どおり今日はBORAONE35で走ってきた。
実走でのファーストインプレションは、予想以上に厳しいホイールだということ。
これすげぇ!サイコー!買ってよかった!という結果にはならんかった(´;ω;`)ブワッ


20140520_084640
ルックスは文句なしなんやけど。


以下、詳細なインプレをどうぞ。

※ その後、かなり印象がかわりました。
セカンドインプレッション ビワイチ個人タイムトライアルでニューホイールの悪魔性を見たッ!
 



まずは評価者である僕のスペックから。

昭和47年生まれの41歳。会社員の男。
身長171cm
体重66.5kg
体脂肪率15%ほどのガッチリ体型

スポーツバイク歴は4年ほどだが、最初の2年はほとんど乗ってない。
ヒルクライム好きだが脚質は絶対にヒルクライマーではない。
得意分野のないオールラウンダーとか、そういう中途半端な感じ。

ホームコースである十三峠の自己ベストが18分42秒
一日最高の走行距離361.4km/獲得標高5373m

BORAONE35の比較対象は自分で組んだ中華カーボンホイール38mmハイト。
あとWH-R500とかRacing3くらい。
ホイール経験値の低い人間が書くことなんで、適当に読み飛ばしてくんなッ!




さて、今日は自宅を出て清滝峠を目指した。
ウォーミングアップを兼ねて、道中で平地の感触を探っておこうという方針だ。

まずは中央環状線の側道を北上していく。
中央環状線は大阪の大動脈だ。たいへん交通量の多い道だが、その側道を行く車は少ない。
ほぼ平坦なので、BORAONE35の巡航能力を見るのにちょうどいい。

しかし、ここで平地のタイムを取ったことなんかないし、普段も平地の巡航速度をそれほど気にしたりすることがないので、速いのか遅いのかは正直よくわからん。
わかるのは踏み出しが中華カーボンより重いこと。ホイールの重量は中華カーボンもBORAONE35もほとんど変わらんのだが、これはハブの回転力の差なんだろうか。それともタイヤの差か。
中華カーボンにはVittoria Corsa Evo CX2の21C、BORAONE35にはCorsa CX3の23Cを履かせてある。う~ん、ここは21Cで統一したほうが良かったかもしれん。

速度が上がってくると、BORAONE35の剛性が顔を出してくる。
なんかもう、あからさまに中華カーボンよりもしっかりしている。すごい直進安定性。矢のように進む。でもペダリングか軽いわけじゃない。
適当に気持ちのいい速度域で流すと35km/hくらい。う~ん、そんなもんか。
側道じゃなく中央環状の本線で車の流れに乗れば、もっと速度は上がるんやろうな。
しかしここはウォーミングアップ中なので無理しない。

あと、本当に最初に感じたのがBORAONE35のブレーキの効きのすごさ。
これはもう本当によく効く。すんごいよく効く。
アルミリムのホイールに負けてない。と言うか、真剣にWH-R500よりよく効いてるんちゃう?

ブレーキをかけると「ヒュイイイイイン!」という、超絶かっこいい音がする。
この音はうちのママチャリであるスイットに是非見習わせたい。スイットのブレーキ音は「ぎぎぎぎぃぃぃ!!!」という悲鳴だったりする。
まあ、ママチャリのブレーキが「ヒュイイイイン!」だったら、それはそれでちょっと恐いか。

鶴見緑地付近で中央環状から第二名阪の側道へ。
片足ペダリングとか高回転錬をして清滝峠に備えるが、どうにも眠い。あんまりヒルクライム向きの体調ではないが、せっかくなのでがんばろう。

で、いざ清滝峠。
僕的に今回の試走の第一目的地。ミドルハイトのカーボンホイールを購入したのは、ヒルクライム能力に期待するからだ。
そしてヒルクライムの性能評価は単純だ。
気持ちよく登るとか、そんなものは二の次で早いのが正義。遅いのは悪。
みもふたもないが、そういうもんだ。

今までの僕の清滝峠のベストタイムは中華カーボンで記録した11分01秒。
半年ぶりの清滝峠で体調もイマイチだが、頼むでBORAONE35!

で、結果が12分02秒とか、今までのワースト記録やし。

口からエクトプラズマ出るがな(´;ω;`)ブワッ

う~ん、いったいなんでなんか。
清滝峠では珍しく向い風で、かつ体調は良くなかったけど、それよりもとにかくホイールが回らんかった。
ぶっちゃけて重かったんだが、なんでそう感じるのか。
実重は中華カーボンとさほど変わらず、剛性はずっと向上しているはずなのに。

もしかしてこれが「剛性に脚が負ける」とか「踏み切れない」というやつなんか。
僕ってそこまで貧脚やったんか。
大枚はたいて買ったのに、悔しいのう。悔しいのう。


20140520_102419
清滝峠のお地蔵さんよ、こんな僕を慰めてください。
デレツンのキヨタキンとか、ぜんぜんいらんねんッ!(´;ω;`)ブワッ

失意の中、清滝峠を奈良側へ下ってR168を南下。
清滝峠を一本登っただけなのに、予想外に脚にダメージがきている。
完全に脚が死ぬ前に、このへんで再度BORAONE35の平地性能チェックをしておこう。

いざ、平地最高速アタック!である。

R168は片側二車線のほぼ平坦路。
車の流れが途切れる瞬間を狙って、えいやと単独スプリントしてみた。
剛性の低い中華カーボンの苦手分野。ボーラワン35の剛性ならどこまで伸びるんか。

結果 58.19km/h

あかーん! これでは中華カーボンと変わらん。
期待外れやがな(´;ω;`)ブワッ

いや、でも体調がよかったら60km/h越えるかもしれんし、この評価は保留しておこう。

このスプリントのおかげで更に脚が死んだ。
やはり剛性の高いホイールは体へのダメージが大きい。
乗り心地はぜんぜん悪くないが、BORAONE35でロングライドというのはちょっと嫌かもしれん。ブレーキの効きだけは別として、ロングライド適応性は中華カーボンの圧勝だ。

そこから東山のサークルK経由で信貴フラワーロードへ。
アウター縛りで登るが、脚にくるぶんもしかしていいトレーニングになるかもと思いつく。

やったな! 最高級練習用ホイールをゲットしたわけや!

・・・とか、嬉しないわッ!

まあ、このホイールをきっちり踏めるようになったら早くなるのは間違いないか。
裏十三峠(北側)もアウター縛りで登り切り、やっぱり眠かったので十三峠頂上駐車場で10分ほど仮眠。
表を下ってまだ眠かったので、近所の古墳公園でさらに15分仮眠。どんだけ寝るねん自分。

せっかくなので十三峠を表からもう一本と思ったが、やっぱり脚が早くも死んでいたので帰宅した。

本日の走行距離56.2km 獲得標高911m



本日のBORAONE35の評価

いいところ
 すごい直進安定性
 すごいブレーキの効き
あかんところ
 剛性が高すぎて踏み切れない
 剛性が高すぎて脚へのダメージが最大級にやばい
意外といいところ
 脚力強化には役立ちそう(´;ω;`)ブワッ


もう少し走って印象がかわったら、またインプレします。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。
スポンサーサイト


コメント

  1. もりさわ | NInXE7x.

    かっちょええですね。

    おはようございます。

    おお~っ! かっちょええですね~。

    しばらく走れば、ハブの回転もよくなってくるのかもしれませんね。

    眠いと集中力もイマイチになりますからね。 事故にあわないように寝たのはナイスですね(笑)

    また、次のインプレを楽しみにしています。

    ( 09:57 [Edit] )

  2. sen | SFo5/nok

    あらら。
    タイヤの影響ですかねえ、リムが重くなってるんですかねえ?

    速いか遅いかタイムで評価、いいですね!
    主観をならべただけのインプレが多いなか、こういう実際的なインプレはすばらしいっす!

    ( 21:33 [Edit] )

  3. Re:もりさわさん

    もう本当に眠くて眠くて。
    清滝峠の上でも寝たかったんですが、あそこは寝れそうな場所がなかったですw

    200kmほど走ったらハブをばらしてグリスアップしてみようと思います。
    やっぱりこのホイールすごいよ!とかいうインプレができればいいんですが。

    ( 08:05 )

  4. Re:senさん

    インプレお褒めいただきありがとうございます!

    外周部の重さですか・・・
    う~ん、タイヤはかなり影響ありそうです。
    これは交換してみるのもアリかと思うくらいですが、先立つものが(´;ω;`)ブワッ

    ( 08:08 )

  5. ホーイルインプレありがとうございます。
    私は読んで楽しんでいますw
    最高速58km/hも出るのですか!?
    すごいですよ~

    ( 21:25 )

  6. トプロー | -

    Re:京都宇治周辺ブログさん

    楽しんでいただけるのが何よりです。ありがとうございます。

    アマチュアでもトップスプリンターは70km/h超えますから、僕の2割増しくらいで速いです。ヒルクライムもトップクライマーのタイムは僕の2割増しで速いです。
    やっぱりええとこなしのオールラウンダーやなぁ、としみじみ思います。せめてそれぞれ1割落ちくらいならええのに。

    ( 08:31 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。