上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初参戦レースも富士チャレに決まったことであるし、まずは目標を設定してみよう。
考えるまでも無く、まずはこれ。

無事故で100km完走

当たり前の目標であるが、ともかくも無事故で、というのが第一目標だ。


course_map.gif
これが富士スピードウェイのコース図。
すげぇ。ほんまにサーキットや!



ヒルクライムレースならそこまで心配することもないのかもしれないが、なにぶん僕が参加するのはサーキットレース。
登りもあれば下りもある。

普段は超スローペースな下りも、レースであればスピードを出さなければいけない。これが一番の問題で、僕はビビリなので自動二輪で走るときも下りカーブは苦手だった。下りカーブにビビると体が思ったように動かなくなって、平常心で曲がるよりもずっと難易度が上がってしまう。

そんな状態で無理をして落車とかあり得んし、下りでスピードを出すにしてもほどほどにしておこう。
調子に乗ってトップ集団の突っ込みについていくとか、そういう無謀運転はやめにしよう。

下りカーブで集団落車に巻き込まれるとか、最悪なのは自分がきっかけで落車事故を誘発してしまうとか、そういう事態だけは絶対に避けたい。

無事故を実現できれば、おのずと100km完走は見えるはずだ。
100kmソロの制限時間は4時間。サーキットではなく一般道路でも達成できるほど時間の余裕はある。焦ってはいけない。

以上を前提として、やはりレースなのだからどこまで順位を上げられるか、ということにもある程度こだわっていきたい。

富士チャレンジ300の100km男子ソロの人数枠は700人。
果たしてこの中で、どれくらいの順位を目指していけばいいのか。
過去のレース結果を参考にしてみよう。


2013年は雨天中止だったようなので、2012年の男子ソロ100kmの結果から。

537人が完走して、トップの人の平均速度は44.46km/hとかになっている。
なんかもうわけのわからん速さで、こんなもん参考になるかッ!(^ω^)

そもそもトップとかはあり得んので、普段新しいヒルクライムコースに挑む時にするのと同じ方法で順位予測をたててみよう。

参考にするのは清滝峠TTの順位。富士スピードウェイのコースプロフィールからすると、純粋なヒルクライムよりも若干自分に有利なコースだろうから、現状で一番成績のいい清滝峠の結果を参考にするのが妥当だろう。

清滝峠TT 203人中の44位
上から21.6%ほどの位置になる。

これを仮に700人の21.6%とすると151位くらいになる。
2012年の151位の人の100km平均速度は34.65km/hとなっている。

実際にサーキットのようなクローズコースを走ったことはないのでわからんが、まあ妥当なスピードなんではないかという気がする。たぶん純粋なソロTTだときついが、うまいこと列車に乗ったりできればそこまで難しくないスピード。
いやでも、そもそもこの「列車に乗る」というところが非常にハードル高いんですが。

なにぶん平日ソロライドしかしておらんので、そもそも列車に乗った経験が皆無なんやで!

書いているうちに、なんか自分でも恐ろしくなってきた。
こんな初心者がサーキットレースなんかに出場してええんか(´;ω;`)ブワッ

まあ、あんまり考えてもろくな事にならんだろうから、まずはしっかり練習せえということやな。
土日か平日夜間に堺浜あたりに行ければいいんだろうが、なかなか難しいなぁ。
早朝の十三峠に高速列車があれば・・・とか、絶対にないわ!



以下、今日の朝ローラー

25分 ウォーミングアップ
20分 260-270W/90-95rpm
5分  クールダウン

今日から業務用扇風機を稼動させたのでけっこう快適。
できれば270W/20分をもう一本いきたかったが、やはり尻痛が問題だ。
一番の解決策はレーパンを履くことなんだが、めんどいので朝ローラーでレーパンは履きたくない。
どうしたもんだかなぁ。





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。


スポンサーサイト


コメント

  1. いよいよですね。

    お久しぶりです。

    レースデビューされるということで、おめでとうございます!

    列車か~。 私も、一人で走ることが多いのでよくわかりません(泣)
    たま~に人と走ることもありますが、列車と呼べるものでもないし。。。

    人のうしろで走るときに気をつけてるのは、ずっと先を見て走るようにしてることかな。
    コースだったり、信号だったり、路面状況だったり、前の人との距離は何となくな感じです。
    着き過ぎず、離れ過ぎず、経験がものをいうんでしょうね。

    草刈での筋肉痛が、自転車にいきてくることを祈っておきます(笑)

    ( 10:55 )

  2. sen | SFo5/nok

    列車はそんなに心配することないと思いますよ~。
    僕はHC大台ヶ原でしか列車で走ったことないですけど(HC大台ヶ原の序盤は列車で40km/h前後で走ります)、まあなるようになるというかなるようにしかならないというか。
    集団と単独ではスピードが段違いなのでスタートでなるべく前の方に陣取って、自分の乗れる列車に乗り遅れないようにすることぐらいですかね。
    KTMさんのこのブログ記事参考になりますよ。
    http://ktmsnb.blog.fc2.com/blog-entry-592.html

    ( 20:59 [Edit] )

  3. トプロー | -

    Re:もりさわさん

    ありがとうございます。一足お先にレースデビューさせていただきます。
    原付スクーターとか、トラックの列車にはよく乗るんですがねぇ。先を見る、肝に命じておきます!

    ( 08:14 )

  4. トプロー | -

    Re:senさん

    ありがとうございます。おかげでたいへん参考になりなした。遠慮せずスタート位置の確保合戦からがんばってみます。3000人同時スタートとか、どんな雰囲気なのか想像もつきませんが、やれるだけやってみますね。

    ( 08:18 )

  5. よっしー | hw/XFbsg

    富士チャレンジ

    トプローさん 初めまして。
    2年前にWilier GTを購入した時に内蔵ケーブルの処理に悪戦苦闘して、情報参考にさせてもらいました。以来たまに訪問していたのですが、富士チャレンジ300にエントリーされたということで初めてレスさせてもらいます。

    私のトレーニングに頻度といったらトプローさんの1/5以下ですが、私も2010年から3回200Kmエントリーして2回完走できました。
    出場前はいろいろ不安がありましたが、本番走行中の車載カメラ動画が非常に参考になりました。参考にURL貼っておきます。

    http://www.nicozon.net/watch/sm6037546

    ( 23:32 [Edit] )

  6. Re:よっしーさん

    はじめまして。そしてありがとうございます!
    さっそく今見てみましたが、めちゃくちゃ参考になります!
    と言うかむしろ、やる気がみなぎってキターーーーー!!!
    なんですかこの超気持ちよさそなコースは。
    そしてロードレーサーの大集団。
    楽しそうやぁぁぁぁ!

    ( 08:45 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。