上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日、機材に変更をいくつか加えて朝練に行ってきた。
十三峠を一本登ったところで雨が降ってきてしまったが、ちょっと面白い結果が得られたように思う。


変更したとこと

1.クリート位置を深くした。
2.1に伴ってサドルも下げた。というかサドルを交換した。
3.タイヤ交換した。



こんな感じ。雨なのでお外で写真は撮れんかった。
予定していたBORAONE35のハブの初期メンテについては朝練に間に合わなかった。
 


クリート位置とサドル交換についても良い結果となったと思うが、それよりも効果が大きかったのがタイヤ交換だ。
「やっぱり決戦タイヤは良いな!」という話ではない。
BORAONE35に装着していたビットリアCORSA CX3を、使い古しのベロフレックスクリテリウムに交換したのだ。

ここにきてようやく、「ボラゾウ遅いんちゃうんか?」疑惑の原因の切り分けに手を出したわけである。
つまり、上りでBORAONE35が遅いのは、BORAONE35のせいではなくCORSA CX3のせいではないか?ということだ。

僕の中で勝手に決め付けていたイメージとして、現在中華カーボンで使用中のCorsa Evo CX2の性能はクリテリウムとほぼ同等。ならばEvo CX2の後継であるCX3の性能もクリテリウムとほぼ同等、もしくは少し上回るくらいだろう、というのがあった。
しかしこれはあくまで勝手なイメージで、実際の使用感はちゃんと比較せんとわからんのだ。

悪いのはボラゾウ(BORAONE35)ではなくCX3なのかもしれない。



で、結果発表。

まずは平地。もともとボラゾウにとっては下りほどではないが、得意なほうの地形だ。
十三峠までの短いアプローチでの話だが、あれ? おかしいな? 使い古しのクリテリウムのほうが明らかに早い。

これはあまりにも予想外。
21Cのクリテリウムに対し、CX3は23Cだ。仮にタイヤの気圧設定が同じだとして、平地巡航なら太いタイヤのほうが路面抵抗が低いんと違ったっけ?
ちなみに空気圧はクリテリウムよりもCX3のほうが高く設定している。太くて圧が高いCX3のほうが転がらないということは、アレですな。

CX3の転がり性能はウンコちゃん!

ということですな。
どうやらビットリアは新製品開発にあたって走行性能向上よりもコストダウンを重視したようだ。


て言うか、クリテリウム早いわ。さすがはベロフレックスの高級チューブラーやな。
いや、これはでもボラゾウが早いのか。


十三峠までの平地アプローチ速度の比較

ボラゾウ+CX3 31~32km/h
中華カーボン+クリテリウム 31~32km/h
ボラゾウ+クリテリウム 33~34km/h

要するに平地なら中華カーボンよりボラゾウのほうが1~2km/hくらい早い。
昨日はほぼ無風だったし、走りこんだ十三峠までのアプローチロードで得られた結果は信用できるだろう。


つづいて十三峠でヒルクライム性能の検証。

結果 19分46秒

わかったこと。
CX3よりもクリテリウムのほうが軽い感じがする。実重もCX3の23Cよりクリテリウム21Cのほうが軽い。
だけど遅い(自己ベストより80秒ほど遅い)。
平地での比較の結果、クリテリウムのほうが転がるのは間違いない。

ここからわかること。

ヒルクライムさぼりすぎた(´;ω;`)ブワッ


どうやら登りについても、BORAONE35が悪いんじゃなく、CX3が悪かった疑惑が相当強まった。

ただし、下りとコーナリングに関しては明らかに23CのCX3のほうが良い。安定感があって早い。
下り番長なボラゾウをもってしても、21Cのクリテリウムはクイックで安心できない。


あとはもうちょっとこの構成で乗りこんで、タイムの推移を見守れば最終的な結果も出てくるだろう。

問題は使い古したクリテリウムがいつパンクしてもおかしくないことくらい。

まあ、あれだ。
とりあえず決戦タイヤを選考する作業に戻ろうか。


しかしこの結果を見ると素人のニワカインプレがいかに信用できないかがよくわかる。

平地がそこそこ早くて下り番長。登りもそんなに悪くないよ、というBORAONE35のイメージだったが、これはすべてCX3の性格だったということなんじゃなかろうか。

機材評価って難しいんやな。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。
スポンサーサイト


コメント

  1. ザク豆腐 | -

    練習だけではなく、機材の検証も怠らない!
    『強敵』と書いて『とも』と呼んで頂くには、まだまだ時間がかかりそうですWW

    先日、ゾンダやら12-28Tやらを投入しました。
    ホイール替えたから速いはず!あと1枚(28T)が残っているという安心感!
    やっぱり検証って難しい…

    ( 19:36 )

  2. トプロー | -

    Re:ザク豆腐さん

    ザク豆腐さん、さいきんめちゃくちゃ登ってるじゃないですか。
    涼しくなったらタイムが大幅に伸びそうですが。
    練習量は完全に負けてます。

    ゾンダもいいですね!
    やはりG3組がかっこいいです!
    ギア比とケイデンスについては自分の得意なところを確認するために、データをとって比較するべきだと思うんですが、なかなか面倒で僕もまだできていません。気づいたら50回転/分でガシガシ踏んでたり。う~ん、難しい。

    ( 07:52 )

  3. 3paul | -

    まさかタイヤの向きが逆だったとか?
    そんなアホなことは・・・・・ 


    私はありまぁす!

    ( 21:46 )

  4. トプロー | -

    Re:3paulさん

    あ、それは僕ももちろんやったことあります。
    幸いクリンチャーだったので簡単に入れ直せましたが、チューブラ-でやっちゃうと泣きますね。
    なのでタイヤの方向とホイールの方向はしつこいくらい確認してやってますよ~。

    ( 08:56 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。