上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高野山に行くつもりが道に迷って時間がなくなり、とりあえず紀見峠TTでお茶を濁したトプローは金剛トンネル(奈良側)TTコースへ向かうのだった。

以上、前回までのあらすじ終了。
前回書いたあらすじとほぼ変化しておらんが気にせんでほしい。



ではまず紀見峠から金剛トンネルの麓まで移動する必要がある。
何も考えずに紀見峠をダウンヒルすると紀ノ川沿いのR24を奈良方面へ東進して向かうことになるんだが、ここはちょっと考えどころやで。



普通のコースはこう



ダウンヒルは爽快だが、紀ノ川沿いのR24は交通量も多く、その後、五條の市街地から金剛トンネルTTスタート地点までの移動が地味にめんどい。

それに対してダウンヒルを途中で切り上げればこういうルートをとれる。



ナイスショートカット!
和泉山脈の麓を通る農道を行くルートですな。R24よりも交通量は断然少ないだろうし、今回はこれで行こう。




で、行ってみた。


P1020675.jpg

予想通り交通量は皆無に近いで!

でもアップダウンは激しいで!
TT前にここで力尽きるかと思ったわ。
まあ、農道やからアップダウンが多いのは仕方がない。
信貴フラワーロードや南河内グリーンロードもそうだが、トレーニングにはヒルクライムよりも向いている気がするよな。
 


それではいよいよ金剛トンネル(奈良側)ヒルクライムタイムトライアルだ。
TT前に今度こそヤムヤムで補給しようと思ったが、今日もまたお休みやったで!
これで2回連続お休みやないか(´;ω;`)ブワッ

おかしいな?と思ってネットで確認してみたら、第二第四火曜日と毎水曜日が定休日やった。
普通は前回失敗した時点で調べるよなッ!
仕方ないので近所のヤマザキショップでドリンクだけ補給。

yamazakishop.jpg

デイリーヤマザキじゃなく、ヤマザキショップなのが泣かせるな。



ではいよいよ、金剛トンネル(奈良側)TTコースのスタート地点にやってきたぞ。

P1020678.jpg
岡八幡神社の近くの三叉路。
う~ん、何の店舗もないし信号もないし地味だ。ラオウ暗峠に対して金剛トンネル(奈良側)はファルコであるから、もうちょっと派手な演出が欲しいところだ。金色のオーラとかw



しかしTTコースのスタートに地味も派手もへったくれもない。淡々とスタートを切るのみである(自分で言っておいてそれかよ

で、TT中の写真はなし。
いつもならTT前の試走で写真撮ったり、TTが終わったら下りで撮ったりするんだが、あまりの激坂の前にそんな余裕はあるはずもなかった。

まあ、適当な感じでコースを解説しよう。

序盤からそれなりの急斜面がつづく。
僕の体内斜度計でたぶん12~15%くらい。この区間が1kmほどあって、これだけでも結構しんどいんだが、舗装がアスファルトからコンクリートに切り替わると、いよいよ金剛トンネル(奈良側)コースの核心部分、最大斜度25%の激坂区間となる。

で、この激坂区間だが、距離にして300mほど。
短い区間だが直線的にひたすら20%以上の斜面がつづく。
交通量は皆無に近いが道幅は狭いので蛇行運転なんかはできないと思ったほうがいい。
感覚的には暗峠(奈良側)の最後の激坂が延々とつづく感じ。
正直、この斜度があと100m長かったら足つきしたかもしれん。今回はファイナル25Tだったが、可能であれば28Tを用意したい。

この激坂区間は惜しみなく下ハンダンシングを投入+ド根性でクリアして、残り3kmほどは平均斜度7%弱の癒し区間となる。
この区間で加速できれば好タイムが出るんだろうが、それこそ無理ゲーである。
10%勾配の道路標識に「楽だ!楽すぎる!」と涙し、ひたすら脚を回復させながらなんとかゴール。

P1020679.jpg
ふひぃ。なんとか登り切ってやったわ。
タイムは21分57秒。
現在の平均くんは23分18秒。
次回は28Tを準備すればいいし まあ、金剛トンネル(奈良側)も思ったほどではなかったな

いやいやいや、やっぱり関西ヒルクライムTTで「中級者以上」との表記がある峠は危険だ。
リアカセットがいくつであろうが二度と登ってやるもんか。金剛トンネルを奈良側から越えるのならR310ルートで十分すぎるw


P1020683.jpg
とりあえず道端のドクダミでも撮影して心拍を落ち着かせよう。
ドクダミ、体にええんやで。

P1020686.jpg
ではトンネルを抜けて大阪に帰るか。

ばびゅーんと金剛トンネル(大阪側)コースをダウンヒルして石川サイクルラインへ。
いつも思うが金剛山系のダウンヒルはどこも爽快だ。生駒山系のダウンヒルがどこも
苦行なのと比べると泣けてくる。


とりあえず腹がヘった。
ヤムヤムで補給失敗しているし何か腹に入れたいが、サイクリングロード上にはコンビニなどあろうはずもない。

ここは仕方なく高速巡行開始だ。
一気に柏原まで走りぬけてR25のサンクスで何か食べることにする。
いつもより姿勢を低くしたエアロポジションで省エネ走行ゴーゴーゴー。

が、しかし石川サイクルラインを8kmほど走行したとこで燃料切れしてしまった。
う~ん、ちょっと補給タイミングを読み間違えたか(ちょっとやないな





帰宅してstravaを見たら、石川セグメントで記録更新しておった。
6分36秒から12秒短縮して6分24秒。
富田林~古市の8.2km区間でも記録を大幅に更新して14分22秒。
平坦路って、ガシガシ漕ぐより空気抵抗減らした方が早いのね。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。