上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜日のことだが、ゆるゆる観心寺サイクリングのあと実は十三峠に行ってきた。
帰宅して昼寝し、起きたら午後4時くらいだったので、これはまだ行ける時間ではないかと。
もともとは富士チャレ一週間前だし、最後の追い込み練をするべきだったはず。ボケーっとヤマノススメ2期を見ている場合ではないのだ!


20140830_170846.jpg
十三峠はもう秋の風情であった。
 



追い込み錬だが富士チャレ100km対策に十三峠で何を追い込むのか。
ロング錬とか平地巡航錬とかそんなものはできないので、ここは夏の間に弱りきったヒルクライム筋を呼び起こすべきである。
富士スピードウェイも8%の登りがあるらしいし、登れない体では太刀打ちできんだろう。

呼び起こしの具体的な方法としては、まず大竹七丁目に巨大な魔方陣を用意し、がまがえるの肝と女郎蜘蛛の(ry




えー、まあ、50×21Tシッティング縛りで、たるみきった筋肉をしばきあげよう。
先週この縛りは中間地点ヘアピンまでで失敗しておるが、今度こそ達成するのだ。

で、やってみた。
死ぬかと思った。
途中サイコンを見たら時速6kmとか見えた気がするんだが、あれは霞か幻か。

でもなんとか頂上まで縛り達成。
やはり気温が下がると調子が上向いてくる。

登頂タイムは24分32秒とあいかわらず酷いが、よくやった自分。
そう思って一応過去の記録を確認してみたら、今年の2月に同様の縛りで21分11秒というのがあった。

おかしい。たぶんこれは自分ではない(´;ω;`)ブワッ

いや、でも、2013年の記録の推移を確認してみると、そもそも50×21T縛りを初めて達成したのが11月のことだから、それと比べれば進歩しておる。気を落とさずにがんばろう。

で、2本目。
50×21T下ハンダンシング縛りで登り始めてみるも、経法大前あたりで撃沈した。
やっぱりヒルクライム筋が劣化しきってるわ。
富士チャレは登りで集団に千切られる予感がヒシヒシとしてきたぞ。

仕方ないので大竹七丁目に巨大な魔方陣を書いてピオリムとか、できたらいいなぁ(;´Д`)




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。
スポンサーサイト


コメント

  1. にわです。
    すっかり秋の雲ですね。空気が違ってます。大学に用事があるときに、今年2度ばかり十三峠を上がりました。とてもあんなギヤー比と短時間では上がれませんが、結構気に入ってる峠です。今度上がるときは、奈良に降りて暗がりを逆から上がって、ぐるっと回ってみようかなんて、懲りずに思っています。

    ( 14:05 )

  2. ザク豆腐 | -

    残念ながらボミオスしか無いですかねぇ
    ここは一つこっそりライバルの空気を抜いてですね…(笑)


    縛りとか出来るのが羨ましいです
    脚力が無くケイデンス上げるしかないので、トルクで登れるのが羨ましいです

    ( 20:51 )

  3. Re:にわさん

    十三峠、きついですが景色もいいし、ほぼ一定の斜度というところが僕も気に入っています。
    斜度が一定だとトレーニングに使いやすいと思うんです。

    暗峠は奈良側からでも相当な激坂です。がんばってください!
    あと、大阪側への下りは本当に危険ですのでお気をつけください。

    ( 07:58 )

  4. Re:ザク豆腐さん

    そうか!ボミオスという手があったか!(ないないw

    高ケイデンスはすぐ心肺がアップアップになるのですよ。
    平地なら100rpmで延々と行けるのですが、登り坂は70rpmでも辛い。
    逆に高ケイデンスで登れる脚が欲しいです(;´Д`)

    ( 08:03 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。