上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20140905_082457.jpg
くさい! くさいぞ!
なんやこの臭いは!? 拙者の出世をこの臭いで邪魔しおるか?!


いや、そんな隈取りまでして怒らんでくだされ。
ほら、この臭いはこれ。

20140905_082557.jpg
浜松名物、夜のお菓子でんがな。
うなぎのエキスがたんまりと(ry


・・・とか、そんなネタはいらんのや。
臭いのはうなぎパイではなく、ネタの臭いだ。

富士チャレの記事もかなり高速で書き上げたつもりだが、ヤバイ、ネタがたまりすぎて腐ってきておる!
今回は富士チャレ前のヤビツTTネタだが、腐りかけなのでさっさとやっつけるで。


※    ※    ※


富士チャレ参戦の前日のことだが、関東でヒルクライムの聖地と名高いヤビツ峠に登ってきた。
そこで今回はヤビツTTレポートだ。
全国各地からヤビツ遠征を目論んでおる諸兄に参考にしてもらえたら幸いである。

「わざわざ関東以外から遠征する変人がおるわけないやろ!」という真実を告げるのは勘弁なんやで(´;ω;`)ブワッ

まあ、とにかく良いコースだったので、ここはお茶でも飲んでゆっくり読んでいってくれたまへ。


 


では、皆さんご存知かもしれんが、ヤビツ峠の概要から。

全長 11.7km
獲得標高 670mくらい?
平均斜度 5.6~5.7%
最大斜度 不明(体感ではたぶん10%くらい)

データがあやふやなのは、関西ヒルクライムTTみたいな総合TTサイトが存在しないからだ。
ヤビツTTのデータとしては以下のようなサイトがあった。


ヤビツ峠憩いの場

和田峠ヒルクライム内のヤビツ峠


もういっそのこと関西ヒルクライムTTで全国制覇したほうが見やすくて有難いとか思うんだが、運営者様の苦労を考慮しない勝手な意見です。ごめんなさい。

ではまずスタート位置から。
神奈川県秦野市を東西に横断するR246の名古木交差点をスタートとする場合と、そこから1kmちょっと峠の頂上側に登った場所にあるデイリーストアをスタートとする場合。現状、ヤビツ峠にはスタート位置が2箇所ある。

おそらく有名なのは名古木スタートだと思うのだが、デイリーストアまでの区間に信号が2箇所あるため、TTコースとしてはデイリーストアスタートのほうが人気上昇中といった感を受ける。
STRAVAのセグメントでも名古木スタートの場合、危険区間を含むとかの理由で順位の表示がされないようになっている。その点、デイリーストアスタートはきっちり順位情報まで出てくるから、今後はどんどんコンビニスタートがメジャーになるんだろうと思う。


で、今回の僕だが、今後のことは無視して名古木スタートとした。
大切なのは未来やない! 今この瞬間なんや! ということだ。
たいていよそ様のブログを読んで楽しいのは名古木スタートのほうやし。コンビニスタートのほうはガチのヒルクライマーばっかりでつまらんし。


20140905_172553.jpg

というわけで、やってきました名古木交差点。読み方は「ながぬき」なんやで。秦野界隈で「なこぎ」ってどこですか?とか聞いたら失笑されるかもわからんので、関東地方以外のみんなは注意やで!(繰り返すがそんな奴はほぼおらん


ここをスタートしてしばらくは市街地を通過して行く区間となる。第二のスタート地点であるコンビニ前までで信号は2箇所。斜度のほうはコース中でもわりときつい感じだ。しかも途中に下り区間があったりして油断できない。後半に斜度が緩むレイアウトなので、この序盤でどれだけ脚を使うのかが悩みどころになりそうな感じだ。
交通量は少し。さほど気にすることもない。



20140905_172121.jpg

そして第二のスタート地点デイリーストア前である。これからヒルクライムに挑む人達が憩っていたりする場所だ。
ここを過ぎるとさらに交通量が少なくなる。近隣の箱根峠と比べて、ヤビツの美点の一つがこの交通量の少なさだ。けっこう市街地に近い場所なのに、安心してヒルクライムできる。



20140905_171313.jpg

コンビニを通過してしばらく進むと、コース中おそらく一番の斜度となる。
「蓑毛の激坂」として有名な区間だ。
この区間、斜度はたぶん平均で8~9%くらい。けっこうな急坂が600mほどつづく。
初心者にはたしかに激坂だが、全国からわざわざ遠征しようかという奇特な方々にとっては、さほど恐れることもない。ここは淡々とこなしていこう。

蓑毛の急坂が終われば住宅街も終わりだ。ここまでで全体の3割くらい。
そしてコースはいよいよ丹沢山系の山の中へと入っていく。ここからがヤビツの本懐なのである。

ヤビツ峠が良コースである理由はいくつかあるが、まずはこの先の安定した斜度というのがある。
だいたい5%前後の斜度で非常に登りやすい(ガーミンとか持ってないので体感やで)。激坂や下り区間というのは変化があって楽しいが、ヒルクライムしやすいのは安定した斜度のコースだろう。

それと、これが一番重要なのだが、景色がイイ!
コースの多くの区間から眼下に秦野の市街地を見下ろすことができる。コースが終盤に近づけば近づくほど高度感もたっぷり出てきて、「こんなとこまで登ってきたんやなぁ」という感慨に耽ることができるのだ。
苦労して登った対価にしっかりとした価値がある。これがヤビツ一番の美点ではなかろうか。

コース終盤には「菜の花台」という展望エリアがあって、ここからの景色がまた絶景だ。
秦野の市街地だけでなく、その先には太平洋が望め、左手には江ノ島、右手には箱根~伊豆の遠景が広がる。
もちろんヒルクライム中にそんな場所に寄り道はできんが、帰り道にはぜひとも寄ってみてほしい。

20140905_170319.jpg
菜の花台から南方向を見下ろす。しょぼい画像ですまん(ミラーレスも持参してたんだが、小雨は降るし、取り出すのもめんどかった)

ヤビツ40分切りを目標とする場合、ここを25分で通過できれば余裕だろう。26分以内でもOK、27分だと相当がんばる必要がありそうだ。
ちなみに僕は28分フラットくらいだった。この時は25分でOKという情報しかなかったので、けっこう絶望した。
まあ、実際ダメダメやったんやけど(´;ω;`)ブワッ

ちなみに菜の花台には駐車スペースがいっぱいあるので、自家用車でここに乗り付けてヒルクライムすることもできるが、スタート地点までかなりの距離をダウンヒルせねばならんのでお薦めはできない。
自家用車でヤビツ近辺に乗りつけるのならば、秦野中央運動公園という場所に無料の駐車エリアがやはりたっぷりあるので、そちらをお薦めする。

20140905_155453.jpg
これは秦野中央運動公園の隣りの児童公園。
駐車場を探すのに1時間ほど秦野を彷徨ったのもいい思い出(´;ω;`)ブワッ


それと、ヒルクライムするにあたって嬉しいのが、やはり他のサイクリストの存在だ。
僕が登ったのはド平日の夕方であったが、それでも何人かのサイクリストとすれ違った。これが午前とか、もちろん週末なら相当な数になりそうである。
しかも驚いたことに、すれ違ったうちの二人がソロの女性だったのだ。

十三峠とか清滝峠で女性の姿なんか金輪際見たことも聞いたこともないんだが、いったいヤビツってどうなってんの?
頂上になんか有名なスイーツの店とかでもあるんかいな?

そう言えば六甲は頂上にそういうお店がありそうだが、それでもやっぱり女性の姿は見たことがないな。
土日に行けばいるかもしれんが、ヤビツの恐ろしいところは「ド平日の夕方」ということだ。
もうすぐ暗くなる時間帯にソロの女性が山の中でハァハァしてるとか、信じられん快挙やな。


fc2_2014-09-06_04-25-41-455.jpg

で、ゴールは有名なヤビツ峠の看板。
実のところ峠のピークは看板の手前、数十メートルのところにあった。
人によっては峠ピークをゴールと設定していてもおかしくないが、どうなんやろうね。

やっぱり関西ヒルクライムTTで全国制覇


で、肝心のタイムであるが、手元のサイコンで42分02秒。
何も偉そうなことは言えんのである。

事前の予想では40分切りとか言っておったが、ここは平謝りするしかない。

でも起床が午前2時半で、準備して3時半出発で、そこから名神東名を運転してきてへろへろやったんや(;´Д`)
現地到着してあまりにも疲れたからスーパー銭湯に入って30分ほど仮眠したけど。

まあ、とりあえず、あれや。
泣きのもう一回!
お願いやからもう一回登らせて!(´;ω;`)ブワッ


結論。
ヤビツはいいコースですが、走った人間がダメダメでした。





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。
スポンサーサイト


コメント

  1. ザク豆腐 | -

    おはようございます
    良さげな峠ですね
    ひきこもりヨロシク生駒山系から出ていない日々なのでヤビツ峠とはいきませんが、遠征に行こうと思います

    ( 07:38 )

  2. トプロー | -

    Re:ザク豆腐さん

    遠征は気分転換にいいですよ。
    記録更新に行き詰まったら、自然と行きたくなるのです。

    人はそれを逃避と呼ぶんやで(´;ω;`)ブワッ

    ( 19:37 )

  3. にわです。
    遠征、お疲れ様でした。近畿圏で遠出を初めてまだ経験は少ないのですが、女性ライダーに出会ったことがないですね。自転車の雑誌の中の世界だと思ってました。関東は文化が違うんだ。

    ( 09:47 )

  4. トプロー | -

    Re:にわさん

    女性の姿を見ると気合が入るわ!と思ったんですが、この季節、女性はみんなイスラムの人みたいに顔全体を布で覆ってるので、たいして気合が入りませんでした。
    結局、山でハァハァ言ってる時は男も女も関係ないのんかとw

    ( 07:49 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。