上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして僕はあの夏の思い出を取り返しに旅立ったのであった。



20140927_102121.jpg


さて、今回は高野山である。

毎年僕が夏の恒例行事としている高野山行であるが、前回高野山に行ったのは一年前の夏のこと。さらに高野山TTともなるともう二年前のこととなる。

これではあかん。あかんのやで!
このままでは空海さんに申し訳が立たん。
しかも今行かなければ高野山はすぐに冬になってしまうのだ。2014年としてはこれがラストチャンスや!

というわけで、行ってきましたで高野山!
夏の思い出をビシッと、耳を揃えて回収してきたのだ。

前回のように紀見峠で逃げ帰ってきたわけではないんやで。
20140927_094814

ではまず三日市のローソンで肉マンとカフェオレの補給から。
腹が減っては戦もできんのだ。
TTとはこれすなわち、戦なんやで。

しかし肉マンって、季節は早くも晩秋の気配なんやな。




20140927_102121
そして紀見峠をゆるゆると越える。
高野山のために往路はあくまでゆるゆるだ。2年ぶりのTTに挑むわけだから、PBタイムの更新は必須。準備は万端でなければならん。
そうしょっちゅう行けるとこでもないし。



20140927_104558
紀ノ川を渡るで。
それにしてもええ天気やのう。

秋晴れの空を楽しみながら走っておったら、このへんでシルベスト4人列車に追い抜かれた。シルベストと言えば関西では有名な強豪チームである。
さすがやなぁ、と思って見送ったら中に一人女性が混じっておった。

ふんがー、おなごに負けてなるものか。ここは追走じゃ!とかいうのはヨシ子さん。
本気を出すのはここではない。

とりあえずファミマでTT前の最終補給。梅おにぎりを一個食べてからゆるゆると行こう。


20140927_111335
そしてTTスタート地点は工事中であった。
これはローリングスタートするしかないな。

ここで高野山TTコースのプロフィールやで。

コース名  高野山
標高差   757m
距離    17.7km
平均斜度  4.2%
最大斜度  9%



ちなみに今までの自己ベストは1時間00分04秒。
今回の目標は1時間切りは当然として、55分切りをなんとか目指したいところだ。

では、自動車の列が途切れたところでスタート。
スタートしてしばらくは緩斜面がつづく。
激坂が苦手な僕はここでタイムを稼ぐしかない。なるべく下ハンを持ってスピードを上げる。


それにしても涼しくて風が気持ちいい!
もしかして高野山TTを行うには今が一番いい季節かもしれん。


20140927_131905
ここが中間地点。
1時間切りを目指すなら、ここは30分以内で通過せねばならん。
今回は28分16秒で通過。
よっしゃ1時間切りはもらった!
でも55分は微妙やな。後半垂れんと追い込めるかが勝負や。


そして後半、きついというほどではないが斜度が上がってくる。我慢の区間だ。

途中、道路工事の片側交互通行でいったん停止。
数十秒ロスしたが、おかげで心拍が少し落ち着いた。

さらに登ると前方にシルベストジャージが見えた。さっき抜かされた列車の最後尾に違いない。これで気合いも入り直した!

わざと平地で先攻させ、登り区間の目標にするという作戦が大当たりしたわけや。僕って偉い!(ぶっちゃけ、たまたまやで


最後尾(やはり女性だった)を追い越してしばらく走るとさらにもう一人、シルベストジャージを発見。この人も順調に追い抜いた。
が、追い抜いたあとしばらくして後方を確認すると、20年mほど後ろにまだついてきていらっしゃる。

これはあかん。スピードアップできるか?

どうやらできそうや。
ならばゴールまでもっとふんばれ!

しかし残りの二人の姿は確認できず、ゴールまで数百メートルの目印となる高野山駅からの道との合流地点を通過。
この時点でなんと55分を大幅に切っている。

後ろからは乗用車が迫っているが、ここは加速や!
最後の数百メートルは下り基調。フロントをアウターにぶちこんで回しまくる。すぐに後方の乗用車の気配はなくなった。
回せ回せ回せ~!


20140927_121154
そして大門にゴール。
記録は53分23秒。

よっしゃ、55分も切った! 大躍進や。

大門前の気温は20.8度。やっぱり涼しいとTTの記録が出やすいな。



20140927_123247
で、とりあえず奥の院まで来たで。
来たけどすぐに帰るで。
空海さん、また来るわ!



20140927_124913
とりあえずガリガリ君食って帰るか。
ちなみに昼食はぬきだ。



20140927_131925

道端に栗の殻が転がってた。
秋やな。



20140927_134313

高野下まで下りてきたで。
さて、帰りは竹ノ内峠でTTして帰るかな、と思ったら・・・


20140927_140430
橋下の手前で後輪がスローパンクした。
でも大丈夫。クイックショットで瞬間修理やで。
この時点で竹ノ内峠はあきらめ、往路と同じ紀見峠からのルートで帰宅することにした。愛想なしだがしゃーないか。


でも大丈夫ではなかった。
30分ほどでパンク修理剤の効果も消え、再び後ろタイヤがぺちゃんこの気配である(´;ω;`)ブワッ

というわけで紀見峠から自宅までは後輪をいたわるため、ハンドルに体重を乗せながらのオールダンシング。ギアはアウタートップでゆっくり回していく。

なんとか自宅には辿り着いたが、これ何て言うダンシング縛り練。おかげで脚よりも肩凝りがえらいこっちゃですがな(´;ω;`)ブワッ












にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。

スポンサーサイト


コメント

  1. チョップ | -

    お疲れ様でした♪
    更新おめでとうございます!ヒューヒュー(^^)
    150キロTT混じり、さすがですね!
    高野山行った事ないので行かねば!ですね
    O・H・Cメンバーと長距離行ってみたいですね♪

    ( 14:29 )

  2. トプロー | -

    Re:チョップさん

    おかげで帰り道はヘロヘロでした。
    OHCでロングも行ってみたいですね!
    自走大台が原TTとか、出しきって帰還できなくなりそうですがw

    ( 20:10 )

  3. ヤス吉 | eK/iwjcU

    大幅タイム更新おめでとうございます♪
    今の季節の高野山は気持ちよさそうでうね。
    しかし、スローパンクで紀見峠からダンシング帰宅とは
    厳しすぎる(・_・;)

    ( 20:35 [Edit] )

  4. ザク | IYUAUNLc

    あの頃の思い出に出会えたようですなW
    私も惨敗のまま放置してある妙見山・清滝峠の平均くん超えにチャレンジする時がきたようです!
    返り討ちに合わねば良いのですがW

    ( 20:48 [Edit] )

  5. はるのすけ | -

    高野山、私も今年初めて行って来ましたが、あの長い坂には辟易しました(TT)
    1時間を大幅に切るとは、やはり凄いですね(^^)

    ロングは好きですが、高野山の長い坂は鍛えなおさないと登れません(;´д`)

    パンクは災難でしたね、チューブラーはパンクしにくいといいますが、パンクするとちょっと厄介ですね
    自分もアルミのチューブラー持ってますが、パンクが怖くて常用してません。慣れなのかも知れませんがw

    ( 21:29 )

  6. YOSHIY | NgDLdiQA

    お疲れ様でした。
    高野山はまだなので登ってみたいです。
    O.H.C ロングライドも行きたいですね~

    僕も常用はCX3チューブラーですが、
    最初にシーラント入れてから不定期に理由なくスローパンク→空気入れたら直るを繰り返してます。昨日も輪行しただけでなぜか抜けてましたし、チューブラーは良く分からん。。
    それでも多少空気抜けてもなんとか走れるのはありがたいところですね。

    ( 08:58 [Edit] )

  7. トプロー | -

    Re:ヤス吉会長

    高野山、ほんまにええ天気でした。コースの8割くらいが木陰でひんやりとして、ひなたはポカポカ陽気でしたよ。
    OHCでもぜひ行きましょう。というか関西ヒルクライムTTコース全制覇しましょう。

    ( 09:09 )

  8. トプロー | -

    Re:ザク豆腐さん

    ザクさん、どんどん実力が伸びてますし、もうそろそろ平均くんでは物足りなくなってきたのでは? 僕の知る限り逆瀬川の平均くんがキングオブ平均くんだと思うのですが、軽く抜かしちゃいそうに思いますよ!

    ( 09:19 )

  9. トプロー | -

    Re:はるのすけさん

    高野山はたしかにダラダラ長いので、気持ちを切らさないのが難しいですね。その点、みんなでTTしながらだと記録が伸びやすいかもしれません。
    その奥にはさらに厳しい龍神スカイラインもあることですし、僕も鍛え直して今度は龍神TTにも挑戦したいです(^^)

    ( 09:23 )

  10. トプロー | -

    Re:YOSHIさん

    高野山ぜひ行きましょう。コースの大半が木陰なので暑い日は快適ですよ!

    チューブラー使いはじめてから僕は今回がはじめてのパンクだったんですが、難しさを思い知らされました。1年半ほどノーパンクで舐めすぎてたんですね。トレッドがほぼまっ平らになってました。

    でもチューブラーってやっぱり快適ですし、やめられまへんなぁ(^^)

    ( 09:29 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。