上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の朝錬で十三峠自己ベスト更新しました!
やったー! わーいわーい。

昨年11月からですので、かれこれ約11ヶ月ぶりの記録更新です。
けっこう長期間かかってしまいましたが、これも冬から春にかけてさぼりまくった結果です。
昨年11月の体重が67.0kgで今朝の体重は67.4kg。
春頃は70kgの大台に乗っかってたので、今の体重まで戻すのにまずは一苦労でした。
ここから真冬がはじまる12月までベストシーズンが続きます。この間にどこまで体重を落とし、記録を伸ばせるかが勝負であります!

さて、前回の十三峠アタックは9月29日。この時の体重が68.2kgだったので、今回は一気に0.8kgも軽くなっています。ヒルクライムにはやはり減量の効果が相当あるのですね。

それにしても0.8kgを機材で減量しようと思えば、かなり大変です。
例えばシマノの名作鉄下駄ホイールWH-R500が約1.9kgですが、1.1kgのホイールを購入して0.8kgの軽量化を達成するにはどれくらいのお金が必要になるのでしょう。
ちょこっと調べてみると、FFWDのカーボンチューブラーホイールF2R-DT240がカタログスペックで1100gでした。そしてこのホイールの価格が定価でなんと181,650円!
ましてやトプローのチェントウノに装着した約1.6kgのRacing3を0.8kg軽量化させるには、LightWeightオーバーマイヤーあたりでないと役不足なのであります。オーバーマイヤーってあなた、うちのチェントウノが日本国内価格で買えちゃいますがな(;´Д`)

それだけ大きな0.8kgのダイエット効果なのですが、では前回の朝錬から今朝までのほんの数日に何があったのか?
毎日の春雨ダイエットが効果的だったのは疑う余地もありませんが、やはり十三峠朝錬を一度お休みして久宝寺緑地ラン朝錬を取り入れた成果ではないかと思います。
…とは言っても、そんなに長距離走ったわけではありませんが。
ロードバイクでは使わない、つまりロードバイクで落とせない贅肉がランで落ち始めたのじゃないかと思うのです。その証拠にランの翌日には腹筋と脚に筋肉痛がやってきました。これは十三峠朝錬ではなかったことです。
この調子でロードバイク朝錬とラン朝錬を組み合わせれば、飛躍的に記録更新が狙えるんじゃないでしょうか。狙えるといいなぁ。

ちなみに久宝寺緑地ラン朝錬は周回コースを4周と自宅からの往復で約7kmです。これを約30分、だいたい時速14km/hでこなしたことになります。
けっこう辛いスピードだったのですが、このペースでもフルマラソンなら3時間かかっちゃうのですね。サブスリー(フルマラソン3時間切り)の人って、やっぱり凄いんですねぇ。…って言うか、オリンピック級のマラソンランナーって、どんだけ速いんですか。

と、そんなわけで一つ悩みの種が増えてしまいました。
かねてから懸案のサイコン購入計画なのですが、使用目的とコスパを比較検討した結果、SIGMA BC1909STS HRでほぼ決まりだったのが、ここに来てラン対応の物にしたほうが効果的なんじゃないか?と思い始めたのです。

BC1909の価格が楽天価格で送料込み11,000円弱です。
それに対して、例えば腕時計型の心拍計とケイデンス計つきサイコンを組み合わせたら幾らくらいになるのでしょう。CRCでチェックしてみるとPolarFT1とSIGMA BC1609STSの組み合わせが送料込み13,000円弱です。
その差が約2,000円なのですが、これが高いのか安いのか。そして本当に効果的なのかどうか。
迷った時には両方ポチればいいさ!とはいかないのが切ないですね。

あ~、そうそう。すっかり書き忘れておりましたが、十三峠の新記録は21分31秒です。
次回はいよいよ20分台を狙うことになりました。


001_20111003165520.jpg
今朝の十三峠はどんよりとした曇り空でした。


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ

↑ポチっとお願いします。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。