上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アホかー。暗峠(奈良側)の下りで解放感なんぞあるわけないやろがー。あんなとこで解放感出したら、それこそ即顔面粉砕骨折死するわッ。

サクリファイスはたいへん面白かったが、どうしてもそこだけが引っ掛かった。いや、小説としては些細なことでどうでもええんやけど。
一読者としてはどうでもええが、イコマーとしては見逃せん。

※イコマーというのは何も乃木坂の生駒ファンのことやないで。生駒エリアでヒルクライムする人のことなんやで。



P1020930.jpg
 


というわけで7日8日と、予定どおり弥山の国見八方睨でテント泊してきた。
サクリファイスに何の関係があるのかと言えば、テントの中でのんびり読書してきたという話だ。
現地に到着してテントを設営し、夕飯の用意をしたら、あとは基本何もすることがない。テレビの電波は届かないし、ネットにも接続できん。そういう場所なので読書するくらいしかないのだ。ああ、なんという贅沢な時間。
ちなみに風呂もないんやで(`・ω・´)




ほんじゃまあ、順を追っていきますか。

大阪市内の自宅をだらだら7時半くらいに出発し、下道オンリーで行者環トンネル東口に到着したのが11時半くらい。今回はここから入山するんやで。

misen



弥山・八経ヶ岳の登山ルートとしては、行者環トンネル西口からのルートが超メジャーなんだが、あっちは通過した台風のせいで序盤の急登がたいへんなことになってそうだからパスした。東口ルートは昭文社の山と高原地図で点線の難ルートとなっておるが、どうもそっちのほうが斜度が緩いらしいのだ。

P1020767.jpg

ではいくで!
入口がロープで閉鎖されてるのは車輌進入禁止の印であって、登山者はくぐって入ればええんやで。

P1020770.jpg

作業用の砂利道をちょっと下ったらいよいよ登山道の入口が現れた。では、いっちょ登るとするか。
レッツ・クライム・オーンッ!!

P1020772.jpg

さすがは点線ルートだけに、登山道が不明瞭だ。
こんなとこ通って大丈夫なんか?

・・・そして5分後。
早くも道を見失って途方に暮れる僕。
あかん。台風のせいで元々薄い踏み跡が完全に消失している。
さすがは難ルート。やっぱり戻って西口からひぃこら登るか?

しかし地図を広げてみると、なんとか尾根のほうへ登れば尾根伝いの登山道へ合流できそうである。

P1020979.jpg

というわけでこの斜面をそのまま登る。
直登、というやつだ。
道ではないので当然たいへんだ。足はすべるし背中の荷物は重い。
滑落したら死ぬで。いや、冗談じゃなく。
やっぱり西口から昇ったほうがよかったやないか(´;ω;`)ブワッ

写真を撮る余裕なんかあるわけもなく、ひぃこら登るとなんとか尾根伝いの登山道に出た。

P1020773.jpg

よかった。素人が難ルートなんぞに手を出してはいかん。自転車で急斜面に挑むのとはわけが違って、登山の難ルートは命にかかわるわ。

尾根伝いの登山道はいくらか歩行者が多いのか、さっきまでよりもずっと道は明瞭だ。
しかし油断はできん。ところどころであいかわらず道が消失するからルートファインディング必須である。かっこよくカタカナ表記しておるが、つまり立ち止まって道を探すだけのことだ。
どっかに紐とかテープの目印がないか、人の踏み跡がないか、よーく探しながらの進行となる。下手をすれば遭難するので慎重にいこう。

P1020775.jpg
慎重に足元を確認。いや、写真撮りたかっただけやけど。

P1020778.jpg
いきなり登山道がなくなって行く手を倒木が塞いでおった。

これやから点線ルートというやつはッ(#^ω^)ビキビキ

強引に倒木を抜けると、普通に道がつづいていた。
普段からほとんど人の手が入らないルートということだ。

P1020779.jpg

そんな感じで入山から約1時間後、ようやく行者環岳から弥山へとつづく一般登山道に合流した。
一の垰(イチノタワ)という場所だ。

よかった。なんとか生き残った。
これでもう迷う心配もない(´;ω;`)ブワッ

P1020783.jpg

ここからはのんびりハイキングコースである。有名な大峰奥駈道であるから踏み跡もしっかりしておる。

P1020784.jpg

安心したところで昼飯にしよう。

P1020786.jpg

お昼はオークワで購入したおにぎりやで。
ハイキング=おにぎり!
しかも、今回のはおしんこがついてる高級品やで!
余裕のある人はバスケットにサンドイッチを入れてきてもええんやけどさ。

P1020791.jpg

絶好の登山日和の中、ゆるゆると進んでいく。標高はもうとっくに1000mを越えて、吹き抜ける風は涼しい。

P1020793.jpg

ところどころ紅葉もはじまってますな。さすがは近畿最高峰の大峰山脈。


P1020795.jpg
稜線上に出た。西方に見えるのは大高山脈やで。
大台ケ原ヒルクライムのステージとして有名ですな。

P1020797.jpg

ようやく奥駈出合に到着。トンネル西口ルートとの合流地点だ。
ここから先はさらに登山道がよく整備されている。さすがに金剛葛城ほどではないが、安心感がぜんぜん違う。

P1020802.jpg
ゆるゆるハイキング。ヤマノススメ的な感じで。
なついーろ・ぷーれぜんと♪とか鼻歌も出てまうで。
気温はモロ秋なんやけどさ。

P1020804.jpg
バギクロス!!!
ふはははは、人間様の力を思い知れッ。
ついさっき遭難しそうになって半泣きしてたんは誰や。

P1020806.jpg
苔さん。
この時期、お花がないので苔が心の安らぎだ。
このツヤと潤いがなかなかのもんやないか。
まあ、よくわからんけど。

P1020808.jpg

弁天の森到着。

P1020812.jpg

いかにも大峰という雰囲気。
これに霧がかかっていたら「ザ・大峰」という景色になる。霧は濡れるからいらんけどな。

P1020813.jpg

それにしてもいい天気。
台風一過やし、空気が澄んでいる。
このへん、台風関係なしにいつも澄んだ空気やけど。

P1020819.jpg

奈良大学ワーゲン・フォルクス部。
無理にボケんでええんやで。


さらに進むと、今日もおったで行者さんが。

P1020948.jpg

いつも思うんやけど、行者にしては太りすぎやな。


P1020821.jpg
行者と違うで。わしは理源大師なんやで。

理源大師って誰やねん?と思ったら、空海さんの弟子らしい。
先日は高野山でお世話になりました。

南無大師遍照金剛!

大峰奥駈道は信仰の道なのだ。有り難く通らせていただこう。

P1020826.jpg

これは毒毒の実。
食べたら毒人間にはならん。食べないように。

P1020828.jpg
理源大師像を過ぎると登山道はまた急な登りになってくる。
木製の階段が現れたら弥山まで最後の急登がはじまった証拠だ。


P1020830.jpg
でもこの階段嫌いやねん。
木と木のあいだの地面がえぐれて、ただの障害物と化してるから(´;ω;`)ブワッ

P1020831.jpg

でもこういう木製階段は好き。ステップまでしっかり作られてて急登も楽々やで。

P1020835.jpg

どんどん登ると視界が広がってきた!
大峰山脈のど真ん中、近畿最高峰に登ってるという実感が湧いてくる。

P1020837.jpg

これくらいの岩場は屁でもないで!
あとちょっとや。登れ登れ~!

P1020841.jpg

ついに弥山小屋到着!
今日の目的地はもうすぐそこやで。

P1020844.jpg

キター! 国見八方覗!!
あれ? 国見八方睨と違うんか?
まあどっちでもええわ。

P1020846.jpg

ここでテント泊である。
サイトの周囲には稲村ヶ岳、大普賢岳、大台ケ原山、釈迦ヶ岳とか、近畿の名だたる名峰が見渡せるんやで。

ここで今回導入した新装備の発表。

P1020850.jpg

象印のトレッキングパンツ。
マンモスがかわいいと評判の、MAMMUTのパンツですな。
これ、めっちゃ履き心地ええで。しかも通気性抜群。
あんまり快適なもんで、さいきんの休日はこれかレーパンしか履いてない。

P1020855.jpg

ふぅ。とりあえずホットコーヒーで無事到着を祝おう。
おめでとう僕。

P1020856.jpg
そしてテントに寝転び、サクリファイスを読む。
暗峠の下りでなんで(ry


P1020859.jpg
そして訪れる逢魔が時。
ザ・マジックアワー、ですな。


P1020860.jpg

今宵は満月。
狼の血がたぎるわぁぁぁ!
僕はただの人やけど。

P1020871.jpg

そして宴のはじまりである。

P1020874.jpg

今夜のメニューは味噌煮込みラーメンと、焦げ焦げウィンナーさん。
たんぱく質と炭水化物のナイス・コラボレーション!
今日の超回復と、明日へのカーボローディングもばっちりやで!!
うはw 僕ってアスリートっぽいwww
※アスリートはインスタントラーメンとか食べません。

P1020881.jpg
なんと優雅に白ワインつき。

こうして国見八方睨の夜はしんしんと更けていくのであった。


つづく




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。

スポンサーサイト


コメント

  1. やまじゅん | -

    トプさん

    お疲れ様です。
    わたし、サクリファイスに影響されて
    暗峠覗きにいったのがヒルクライムのキャリアの
    始まりなんですよ。 んでその後に彼らが
    登らなかった方の十三峠に惚れ込んで‥ というわけで。

    個人的に続編のエデンは なんかこう
    ぐっとこなかったんですが、たぶん持ってたと
    思うのでよかったらお貸ししますよー

    ‥山登り。いいスねえ。
    ヒルクライムだと後半視野の外角が
    酸欠でホワイトアウトするのか
    景色なんかみてる余裕無いですからね。
    写真。うつくしいです。

    ( 20:43 )

  2. momo | -

    こんばんは!

    はじめまして。
    いいお天気で登山日和ですね!
    平日に行けるなんてうらやましいです。
    2年前に熊渡から八経ヶ岳へ行きました。
    この時は弥山小屋に泊まりましたが、次はテント泊したいです。^^
    先日テントデビューしたばかりのぺーぺーです。

    ( 21:54 )

  3. 巻ちゃん | -

    登山すごいです!

    登山かっこいいですね~。高所恐怖症で高いところ登れない自分はこういうのにすごく憧れます。
    しかも写真がきれい!
    トプローさんの腕がいいところが大きいと思いますが、吉野の山々って本当に神々しいですね。。。
    今日もええもん見させてもらいました。
    しかもあんな崖みたいな場所登って、山の中でテント泊っていろいろしはるなんてへビビりの僕には信じられないです。。

    ( 07:46 )

  4. 巻ちゃん | 9OAQ9edY

    それはそうとサドルの件了解しました!

    とりあえずsaddleあっとまーくtech-memo.net宛にメールで住所を教えていただけたらそちら宛にサドルを送付しますので、必要になったらいつでも連絡してください!
    よろしくよろしくお願いしますm(_ _)m

    ( 08:23 [Edit] )

  5. トプロー | -

    Re:やまじゅんさん

    あー、たしかに暗峠、見に行きたくなりますよね。あんな文章読んでしまったら。やまじゅんさんをヒルクライムにはめてしまうとは罪作りな小説や。おかげで十三峠の平均くんがどんどん速くなってしまいます。
    エデンの件、ありがとうございます!走行会でお会いできれば貸していただこうかな(^^)

    ( 08:52 )

  6. トプロー | -

    Re:momoさん

    はじめまして、コメントありがとうございます!
    僕も何を隠そう、テント泊登山はぺーぺーの初心者です。去年、雷鳥沢で初テント泊し、今回が2回目。momoさんと同じようなものですね。
    熊渡からも楽しそうですね!狼平でも一度テント張ってみたいです。双門の滝は恐いけどw

    ( 08:58 )

  7. トプロー | -

    Re:巻ちゃん

    高所恐怖症でも登山は大丈夫ですよ。僕も高所恐怖症でジェットコースターとかぜんぜんダメですもんw
    ヒルクライムのオフシーズントレーニングの一環としてどうですか?楽しいですよ。
    写真はカメラのおかげです。スマホじゃやっぱりこうはいかんです。

    サドルの件、ありがとうございます!
    まだオデキが怪しい状態なので、後程メールさせていただきますね。

    ( 09:08 )

  8. くにかつお | -

    とっても楽しそうですねぇ。
    キャンプの場所には、他の人はいるのですか?
    私だったら真っ暗で怖そうなので、一人で泊まれるかな~^^;

    ( 15:00 )

  9. トプロー | -

    Re:くにかつおさん

    この日のキャンプは僕一人だけでした。でも50mほどの場所に山小屋があって、管理人のおっちゃんが住んでます。
    土日なら4、5張りくらいのテントがあるのではないかなぁ。
    大峰は霊峰ですからお化けとかいませんよ(^^)

    ( 19:18 )

  10. ザク | jhHw6g8s

    アスリートのふりをしておりますが基本はインドア
    趣味は暗いこと全般!
    砂漠に行くならエアコンのきいたキャンピングカー、山に登るならヘリコプターを希望W

    なのに、なんだか引き込まれる自然の風景
    エエ写真見せてもらってありがとうございます
    m(_ _)m

    ( 19:57 [Edit] )

  11. ヤス吉 | tbu87B66

    こんばんは。
    ロードバイク、登山と幅広い趣味をお持ちですね!
    美しい写真に癒されましたv-344
    しかし、真っ暗な山の中で一人っきりのテント泊はガクブルで真似できませ~ん(・_・;)

    ( 20:07 [Edit] )

  12. はるのすけ | -

    すごくきれいな所ですね^^
    でも、一人でテントなんて出来そうにもないなσ(^_^;)

    ( 22:33 )

  13. トプロー | -

    Re:ザクさん

    暗いこと全般!で吹きました。
    どういうククリやw
    でも暗いことって楽しいですね。

    自然にひきこまれたら、そっちにも暗い世界が待ってるで。
    バードウォッチングとか星空観察とか。ぜんぜん明るくないでw

    ( 07:02 )

  14. トプロー | -

    Re:ヤス吉会長

    たしかに趣味は多いほうかもです。
    そのぶん金欠で困ったものです。

    山の中のキャンプは満天の星空が見えたりして真っ暗じゃないですよ。怖くないですよ~。

    ( 07:07 )

  15. トプロー | -

    Re:はるのすけさん

    綺麗でええとこですよ~。
    一人用のテントは一人で楽々設営できるので大丈夫ですよ(^^)

    ( 07:10 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。