上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日書いたとおり、新年初ライドで新しく導入したビブタイツを試してきた。
下半身ジャミラ対策に急遽購入したものだが、その品物がこれ。



(パールイズミ)PEARL IZUMI T60003D ウィンドブレークビブタイツ(パールイズミ)PEARL IZUMI T60003D ウィンドブレークビブタイツ
(2014/08/10)
PEARL IZUMI(パールイズミ)

商品詳細を見る


パールイズミ、5度対応のウィンドブレークビブタイツである。

 


金欠であるし、もともとは海外通販を考えていた。
品物的にはスポーツフルのグルペットロングビブとかをwiggleで買えば1万円ほどになる。

それが会社帰りにウエパー本店に寄り道した結果、あれよあれよという間にパールを購入してしまったのだが、結果的にはなかなか良かった。
ウエパのおばちゃんありがとう。

で、何が良かったのかという話だが、まずは何を置いてもサイズ感。
身長171cnm、体重67kgという僕の体型にMサイズがこれ以上ないくらいジャストフィットしてしまった。
これが欧州製品だと丈が長すぎたり、幅が足りなかったりするんやろうなと思う。
ちなみにシマノのビブが安かったので最初はそっちを見ていたんだが、Mサイズだと肩紐がきついし、Lサイズだと着丈が長すぎて裾が余ってしまった。
まあ、シマノはアングロサクソンむきなんやろう。日本人は胴長短足やしな。
大事なことなのでもう一度書くが、日本人が胴長短足なのであって、僕だけが胴長短足なのではないんやで((((;゜Д゜)))

特に重要だったのが肩紐のフィット感で、夏用ビブで肩紐が窮屈で肩凝りになりまくった僕だが、昨日の70kmライド程度ではなんともなかった。ビブ嫌いが定着しかけていた僕にとっては画期的な着心地である。



それと前面の上下分割ジッパー。
これがよくできておって、おしっこをする時にはぜんぜんビブを脱ぐ必要がない。ずらす必要すらない。
さすがにウンコをする際には脱ぐ必要があるだろうが、これに対応しているのは現状、同じパールのセパレートタイプだけだろうと思うし、あれはお高い上に対応温度帯が0度になってしまう。
0度というのはたぶん、僕にとって保温性能が高すぎる。
現在使用中のパールのロングタイツが5度対応で、それで冬期夜明け前の十三峠ダウンヒルも問題ないから0度までは必要ないのだ。

あと尻パッドだが、3Dネオパッドというパール自慢の製品で、悪いわけあろうはずがない。これはたぶん、300km以上のロングでも問題ない。

悪い点は少々お値段が予算を越えてしまったことだ。税込で15000円弱。
でもウエパのおばちゃんを1時間ほど独占させてもらったので、これはまあ仕方ない。むしろおばちゃんファンから(そんなんおるんかw)すれば、これ以上ない付加価値なので、文句を言う筋合いではない。

以上、日本人はパール最高!という報告でした。
でもカステリとかスポーツフルのビブも欲しいねん。
デザイン的な意味で(;´д`)





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。







スポンサーサイト


コメント

  1. こんばんは。

    今回も笑わせてもらいました(^_^)v
    私もパールの履いてますよ。理由はメーカー名が格好良かったからですw

    ( 21:03 )

  2. トプロー | -

    Re:自称ロードさん

    ありがとうございます。
    ネタの薄い回かと思いましたが、楽しんでいただければ何よりです\(^o^)/

    ( 09:06 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。