上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、コメント欄でちむさんにアドバイスいただいたので、早速安静時心拍を計測してみました。

安静時心拍を計測するには朝一がいいらしいとの事。
布団から出てすぐ寝起きでごそごそと心拍バンドを乳に巻いてみます。

んが、BC2209が心拍を拾ってくれません。

やっぱり濡らさなきゃいけないか・・・。嫌やなぁ。

さいきん朝はめっきり涼しくなってしまったので、水で濡らすのは避けたかったのですが、そうも言ってられないようです。
ぴちゃぴちゃと水道水をバンドの裏にふりかけて装着。
うひぃ、ひゃっこい!
この瞬間に心拍が跳ね上がったような気がしますが、とりあえず無視します。

うむ。安静時心拍は59である!

というわけで、これまた教えていただいた数式にこれを当てはめてみます。

{(220-39)-59}x運動強度(%)+59=目標心拍数

つまり

122x運動強度(%)+59=目標心拍数

なので、う~ん・・・、どうすりゃいいんだ?(バカ)

とりあえず%のとこにどういう数値を入れるかが問題です。
ちむさんおススメは70%だそうですが、たぶん入れる数字によって効果が違うんですよね。
60%だとLSDペースで、100%だとインターバルトレーニングになりそうです。80とか90だと、よく耳にするメディオとかソリアになるのかな?
じゃあメディオとかソリアをした結果、どういう効果が出るのよ? というのがわかりません。

「わからないなら勉強するしかないか」というわけで教科書を購入してきました。いま巷で大流行の竹谷賢二「バイシクルトレーニングブック」です。
中身をちらちら流し読みしましたが、「うは! 本格的すぎでコマタ!」状態。とりあえず、ゆっくり読んで理解したいと思います。

001_20111028230505.jpg
BC2209装着状態を初公開。この時期の朝錬はライト装備が必須です。


それはさておき、今朝も十三峠へ朝錬に行ってまいりました。
まだ暗い中、朝5時40分くらいに大竹七丁目通過だったのですが、今日は珍しくスタート地点に一人のローディ様が待機しておられました。白黒ツートンのロードバイクに跨って一休み中の様子。
時間があれば挨拶してスタートしたいのですが、いかんせん今日も仕事なのでスルーしてヒルクライム開始です。

ペース配分を考慮したほうがいいタイムが出るのはわかっているのですが、最近はトレーニング目的なので最初から追い込み気味でペダルを回していくようにしています。
中間地点のヘアピンは10分台で通過。トプロー的にはいいペースですが、予定どおり後半が辛くなってきます。
あ~、しんどいなぁ。でも足をつくのは絶対にいかんよなぁ。などと思いながら登っていると、とつぜん背後に迫る気配が!
「まさか!?」などと叫んだりはしませんでしたが、正直けっこうびっくりしました。
そして一瞬にして気配の主は右横から前方に。

うあ~、抜かれてしまいました・・・。

こんな時間に追い抜かれるのは初めてです。
颯爽と走り去っていく白黒ツートンのフレームにはKUOTAの文字が! スタート地点で待機していた方に間違いないでしょう。

ぬはぁ! あれはまさしくKOM!
キングオブマウンテンなら仕方ない!

・・・いや、ケベルかカルマかもしれないんですが、見分けがつきません(;^ω^)
見分けがつかないのなら、いっそのことKOMにしておいたほうがショックが少ないというものです。

で、トプローの今日の記録は21分03秒でした。前回とまったく同じタイムで、ちょっとびっくり。
最大心拍は172なので、先日より2だけ追い込んでます。
「追い込んだのに記録が出ないのはなんでやねーん!」と思いましたが、仕事中にずるずると鼻水が出てきたのを見ると、たぶん風邪ひいちゃいましたね。

季節の変わり目です。みなさん体調管理にはくれぐれもお気をつけください。

002_20111028230505.jpg
今日は快晴でしたが夜明け前なので、頂上駐車場はまだ薄暗かったです。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ

↑ポチっとお願いします。
スポンサーサイト


コメント

  1. わぁ いきなり記事に名前ががががががが。

    肌の乾燥が心拍を拾わない理由なのであればー
    あっためたクリームとかで大丈夫ですよぉ。
    オロナインとかワセリンとか奥様の乳液とかロー…げふんげふん。

    大和川で追い風にやられていたらー
    フラペのクロスにぶち抜かれました。先生、こういうときの言い訳はどうすればいいですかー

    ( 22:54 )

  2. トプロー | .8F7RpF2

    フラペクロスとはまた口惜しいですね!
    でもトプローは25号線で十キロくらいはありそうな鉄の重しつきのママチャリに抜かれたことがありますよ。我が目を疑いましたが、すんごい規格外の太腿の方だったので、たぶん競輪選手が練習中だったんだろうと思います。

    ロー…げふんげふんは入手の敷居が高そうなので乳液で試して見ます。
    ちむさんありがとー。

    ( 19:11 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。