上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回のつづきです。


それでは初日、ヒルクライム大台ケ原試走会である。

試走メンバーが全員揃ったところでゆるゆると出発。
明日のレースが本番なので今回はのんびりと流していく予定だ。こんなところで脚を削るわけにはいかない。

oodaigaharaHC2015 (8 - 60)
のんびりサイクリング。快晴の空の下、和気あいあいと登っていく。
普通に会話を楽しめるペースなので息も乱れない。

これは楽しい。そして癒される。
明日のレースもこんなんやったら気が楽やのに(;´Д`)


oodaigaharaHC2015 (9 - 60)
コース沿いには渓流が。
水遊びをするファミリーの姿も見えたりなんかして(小さすぎるわッ!)。


oodaigaharaHC2015 (10 - 60)
序盤は緩斜面。
緩い坂道をダンシングで駆け上がるコンソメ氏。


oodaigaharaHC2015 (7 - 60)
横顔もにやけておりますな\(^o^)/
そしてオークリーのアイウェアがエロい!


oodaigaharaHC2015 (11 - 60)
激坂区間に入るとカメさんが巻ちゃんをアシスト。
オレたちの想いを届けてくださいッ!(誇張あり


oodaigaharaHC2015 (12 - 60)
そしてまさかの名シーン。
これはッ!? 福富×金城やないですかッ!!!(大ウソ


とかなんとか、交通量が極端に少ないので遊びながら登っていく。
こんなことしてるけど、普通に斜度は10%超。


oodaigaharaHC2015 (13 - 60)
あの山の上まで行くんやで!


oodaigaharaHC2015 (14 - 60)
でも、す~さんは風邪気味なので頂上までは行かないとのこと。本番は明日のレースなので当然ですな。

コンソメ氏もそれに同調して途中の東屋まででUターンするらしい。
これは明日に備えて完全に脚を貯めている!
やはり抜け目がない。油断ならぬ男よのう。

さらにカメさんまで一緒に帰るとのこと。
まあ、普段着なので勘弁しとく。そのかわり明日のレースでは入賞するんやで!


というわけで、ここから先の絶景区間は巻ちゃんと二人旅。

oodaigaharaHC2015 (15 - 60)
大台ケ原ドライブウェイは天空の道。
台高山脈の尾根筋に快適なアップダウンがつづく。


oodaigaharaHC2015 (16 - 60)
ヒャッハーァァァァ!
※このシーンの撮影のためにスーパーダッシュして数百メートル先行。おかげで脚がガクガクにw


oodaigaharaHC2015 (17 - 60)
爽快!
それしかない!



oodaigaharaHC2015 (18 - 60)
そしてゴールへ。

大台ケ原駐車場入り口じゃなく、その前のピークがゴール地点なんやね。
試走しておくとラストスパートの掛けどころなんかがよくわかる。今回は最後のカーブが見えたら、何も残らんほどひり出せということだ。


oodaigaharaHC2015 (19 - 60)
大台ケ原、完走しました\(^o^)/


では写真を撮りつつ帰りますか。

oodaigaharaHC2015 (22 - 60)
巻ちゃん撮影の僕。


oodaigaharaHC2015 (21 - 60)
僕撮影の巻ちゃん。
日の丸構図について小一時間(ry


oodaigaharaHC2015 (20 - 60)
そして2台並べて。
十分楽しんだし、もう明日のレースはええかw


無事に下山し、食事を取るためスタート地点すぐ近所の「喫茶ひろ」へ。
喫茶店でまともな食事が取れるのか?と思ったが・・・

oodaigaharaHC2015 (26 - 60)


oodaigaharaHC2015 (24 - 60)
なにこのスープ、透明度が摩周湖レベル(((( ;゚Д゚)))

そしてうまい!
このスープ、喫茶店レベルではない。
おそらく水がいいんでしょうな。上北山の水、すげぇです。

oodaigaharaHC2015 (23 - 60)
カメさんは・・・

せっかくのスープ残しやがったw



oodaigaharaHC2015 (25 - 60)
コンソメさんは撮影タイム。
ブロガーの鏡ですな!
そしてそれを撮影する僕こそ、キングオブ鏡!(なにそれw


腹が満足したらレースの前日受付へ。
夕方5時までなので、さっさと処理してしまいましょう。

上北山村小中学校の受付へ行ってみると・・・

oodaigaharaHC2015 (28 - 60)
つるみんさんが計測タグを前輪スポークごと結束バンドで締め上げていた。

お約束です!\(^o^)/

つるみんさんは先日の高取ヒルクライム準優勝者。十三峠も15分台の剛脚さんである。
剛脚さんでもやることはやるんですなw

oodaigaharaHC2015 (27 - 60)
つるみんさんのターマックにはRECONのスプロケが!
明日の本番へむけて気合十分ですな。
なんでも風邪をひいたとかで額には冷えピタが貼ってあったけど(;´Д`)


受付を済ましたら、これまたスタート地点すぐ近くの上北山温泉薬師湯へ。
のんびりと温泉で疲れを癒し、風呂を上がると・・・

20150913_044151.jpg
謎の行商が怪しげな粉末を売り込んでいた。

これを飲むと脚が攣らないらしい。
飲みすぎるとドーピングに引っかかるほどの強烈な効果とのこと。

これは買わねばなるまい!
ネタのために!\(^o^)/

ちなみに一袋200円。
メイタン2runより安いので、冷静に考えてもアリである。

ドーピングのほうは、これを200袋ほどいっぺんに飲んだら引っかかるらしいですよ。

ここで遅れて試走に出ていたゴトーさんが合流。
きっちり山頂まで登ってきたということで、さすがは20代の若手クライマー、明日はやってくれるでしょう。



その後、もう一度喫茶ひろで夕食をしっかり取ったら宿へ。
出走メンバー表を見ながらああだこうだ言いつつ、平和に眠りにつくメンバー。
夜遅くに後発の1号さん、山田さん、やまちゃんも合流し、いよいよレース当日の朝を迎えることに!


次回へつづきます





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。

スポンサーサイト


コメント

  1. つるみん | -

    こんにちは。つるみそ@お約束です。
    HC大台は「この人、ガチの初心者やわ・・・」と憐れんでくれたスタッフさんが印象的でしたw
    来年も出場して、実はそれなりに出来る子ってことアピールしてきます!

    ( 13:49 )

  2. 薬物ドーピングですと!?攣り防止薬でしたか。勿論私はトプローさんを信じていましたよ。
    それはさておき、前日にあの超激坂コースをゴールまで走られるとは…如何にゆっくりでも私にはとても真似のできないタフネスぶり!
    しかしあのコースは走っていて楽しいので一度タイムを気にせずに登るのも良いですね。
    我々は時間に縛られすぎているのかもしれない(笑)

    ( 17:58 )

  3. トプロー | -

    RE:つるみんさん

    初心者と思わせておいてまさかの表彰台コンボを期待していたのですが、たいへん残念でした。
    来年は体調整えて、しかもニューバイクですね!
    次はさすがにS-WORKSなんかなぁw

    ( 18:41 )

  4. トプロー | -

    Re:やまちゃんさん

    いやいや金剛RWを4本やの、上福井~天狗岩を4本やの登る人が何をおっしゃいますかw
    しかし確かに我々は時間にとらわれすぎているような気もします。LSDという練習もあることですし、景色を楽しむ余裕も持ちたいもんですね。

    ( 18:45 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。