上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回のつづきです


HC大台ケ原 リザルト
HC大台ケ原 参戦記その1
HC大台ケ原 参戦記その2



午前4時。ごそごそという物音に目が覚めた。
どうやらみんな起き出して準備をはじめているようだ。外はまだ暗いがレース当日である。

就寝前のチューハイのおかげか思ったよりよく眠れたようだ。全身がスッキリしている。
準備していたバナナとゼリーで朝食を済まし、急いで着替えを済ます。
心配していた軽量化のほうも宿のトイレで軽快にフィニッシュ。最後にボトルの中に脚攣り対策の粉末を追加して準備完了だ。


よし、今日はいけるで!


他のメンバーも順調に準備を完了し、上北山村小中学校へ。
下山荷物預けの前に、ここでローラーを回しウォーミングアップしておくのだ。


ローラーでのウォーミングアップ。これぞ本気ローディの証という感じがして憧れますな!
僕は去年の富士チャレで実行できんかったので今回が初挑戦。いよいよ憧れの瞬間に突入ですぞw


車から自転車と固定ローラーを降ろし、まずはRacing3を決戦用中華カーボンに履き替える。
ブレーキシューも順調に交換し、空気を多めに入れて、ではいざローラー台にセッティング!

セ、
セッティ・・・


セッティングできん!




やってしもうた。
ローラー用のクイックを自宅に忘れてきたやないかッ(´;ω;`)ブワッ



憧れの瞬間が遠のいていく。
なんという切なさか。
隣りのスペースではピンクのサカタニ軍団が楽しそうにローラーアップしているというのに。
ムキ-ッ! レースでは負けへんで!(いや、普通に負けそうな雰囲気w



仕方ないので校庭内を軽いギアでくるくる回して実走アップ。
グラウンドを半周ほどしたところで、なにやら怪しげな集団を発見した。


oodaigaharaHC2015 (31 - 60)
ちょw 山田さん、MTBの優勝候補が何してるんですか?w

どうやら朝っぱらからパンクしたらしい。MTBの予備チューブなんて誰も持っていないので大ピンチである。
しかしここは、やまちゃんが携行していたパッチで無事修理完了。さすがはやまちゃんですな!

山田さんのバイクはS-Works STUMPJUMPERというやつ?
MTBのことはよくわからんが、フロントフォークがサスなしのカーボンに換装されている。
チョーかっこいいんだが、写真撮るの忘れた(;´Д`)


山田さんがパンク修理をしているあいだに、僕はみんなのバイクをチェックなどしてみる。

oodaigaharaHC2015 (32 - 60)
これは1号さんの決戦バイク。SuperSixEvoHi-Mod!
2016年モデルのグラフィックより、こっちのほうがかっこええな。今なら各販売店で割引も拡大中の前年モデルやけど、でも性能的にはやはりフルモデルチェンジとなった2016年モデルのほう。
う~ん、悩ましい(レース会場で悩むなw

アッセンブルされるホイールは前輪にFFWD、後輪はコスカボアルチ。
そして

oodaigaharaHC2015 (33 - 60)
やはり剛脚さんはRECONなのですな!
この山なりのシルエットがロー側クロスの証。不調というウワサもあったけど今日はやってくれるでしょう。



そしてこの方も別の意味でやってくれるはず。

oodaigaharaHC2015 (35 - 60)
岡山ミッドナイトエンデューロ10時間ソロ優勝者、進撃の近江屋さん!

いや、ぷりケツはもうよくわかりましたからw
超理論派のブログからは想像できん姿ですなヾ(´ー`)ノ

近江屋さんのバイクはMERIDAのSCULTURA。
しかし今期は既に新型のREACTOを注文済みとのこと。登れるエアロバイクとして有名なやつですな。


oodaigaharaHC2015 (34 - 60)
これはやまちゃんのKUOTA KURARO
ステム一体型ハンドルがエロエロですな\(^o^)/



そしてCARRERA VELENOのmaCさんも合流。

oodaigaharaHC2015 (37 - 60)
maCさん、すんません。
最初どなたかわからなくて、ちゃんと挨拶できませんでした(;´Д`)


oodaigaharaHC2015 (36 - 60)

そうこうしているうちに時間はもう6時10分過ぎ。
6時半で下山荷物受付の締め切りなので、大急ぎでスタート地点へ向かい、なんとか全員無事に荷物を預けることができた。

下山荷物には防寒具、スマホ、携帯工具なんかを入れてある。
もし預けることができなかったら、最悪バックパックを背負ったままのレースとなるところであったのだ。

ちなみにコンソメさんはスマホを預け忘れて地団駄踏んでいた。
しかしそこは転んでもただでは起きない男。スタート直前まで写真をパシャパシャ撮ってブログに備えている。

う~ん、その写真、遠慮なく使わせていただきます\(^o^)/

スタート地点にはバード君、あさやんさんの姿も。
バード君もあさやんさんも元の所属チームからの出走だが、O.H.C.メンバーでもあるのだ。


会場は大勢の参加者と高級そうな自転車でいっぱい。
1号さんはさすがに顔が広く、他チームの優勝候補さんたちと談笑したりしている。

僕も初参加のわりに、周囲に知り合いがいっぱいなので緊張感が少ない。
去年の富士チャレとはえらい違いだ。

自分と同時出走の第4グループには、近江屋さん、す~さん、コンソメさん、カメさんがいる。
近江屋さんは前インナー44T後最大25Tの平地仕様バイクでの参戦。激坂が売りの大台ヶ原なのに男前すぎ!

いつもブログでコメントをくれているsenさんとも挨拶することができた。お互いがんばりましょうと言って、スタートの瞬間を待つ。

大台ケ原ヒルクライム‼️_2489
青空に花火が! 気分が高揚していく(以下、レース終了までコンソメさん撮影画像を拝借)。



大台ケ原ヒルクライム‼️_8561
緊張する僕。
なんと言うか・・・

小学生の体操服?(;´Д`)

やはりド派手な決戦ジャージがあったほうがええな!


そしてスタート3分前。
前方の第3グループ前にはF1レースさながらに「1分前」プラカードを持ったお姉さんが登場した(各グループは2分間隔でのスタートなのだ)。
ここでまさかの、す~さんがトイレへ。バイクをカメさんに預けてコース横の簡易トイレへ駆け込んでいった。

なんという豪胆さ!

そしてすぐに帰ってきたと思ったら、こんどはカメさんがトイレへ。

ちょw おいw それは無茶なw

すでに第3グループはスタートし、僕たちの前には第4グループのためのプラカードが出ている。
お姉さんが持っているのは「30秒前」のプラカード。

カメさん、終わったな(;´Д`)



大台ケ原ヒルクライム‼️_4651

と思ったら、しかしこれがまたスタート直前に戻ってきてやんの。
「なんのルマン方式やねん!」コンソメさんの突っ込みが冴える。

カメさん、ほんまネタの宝庫やな。
おかげでスタート直前なのにまったく緊張せんかった。



次回はいよいよレース編。
つづきます。





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。
スポンサーサイト


コメント

  1. つるみん | -

    レース会場はいろんなバイクが見れるので楽しいですね。
    近江屋さんはREACTをゲットですか、、、私もルーベ君Jrを考えないと。。。(´・ω・`)

    ( 06:38 )

  2. 富士300 | -

    作家になれますとちゃいますか

    回を重ねる毎に面白くなってきて
    目が離せません。
    しかし
    早朝目覚め、当日の準備やら荷物預けの慌ただしさやら、軽量化やら
    いらん工具まで持参したつもりが
    ローラーアップ出来ずと等々満載ですなあ。
    花火は確かに運動会みたくて高揚します。
    ル・マン式も刺さりましたが、
    前作の摩周湖も甲乙つけがたいです。
    次回作品も期待しとります。

    ( 07:14 )

  3. ザク豆腐 | 8Zcb/IVM

    44×25Tとか葡萄坂ですら失速する組み合わせ(°□°;)
    ものすごい話ですな!

    ( 08:09 [Edit] )

  4. 自称ロード | -

    読んでいて、大会の楽しさが伝わってきます。
    いや〜ヒルクライムっていいもんですね。

    ( 15:16 )

  5. トプローさんの所為で自分のハンドルバーがエロく見えて仕方なくなりました。どうしてくれる!
    それはともかくレース会場に行くとハイエンドモデルやら各自こだわりの決戦パーツとか色々見れるのが面白いですね。
    激坂コースなのにディープリムホイールの人とか変わり種もいたりしましたが…
    そして今回RECONのスプロケ付けている人をよく見掛けましたね。変速性がイマイチという話も聞きますが、やはりあの軽量&クロスレシオは魅力なのかなぁと興味津々ですw

    ( 15:51 )

  6. つるみん | -

    やまちゃんさんがRECON話をされたので、、、
    私はRECON11-30の11速(11-12-14-16-18-20-22-24-26-28-30)をインスコしました。フロントは52-36(クランク長175㎜)なので最軽は36-30です。
    軽さは違いがわからないと思いますが、ロー側2段飛ばしは最高です。ロー側3段飛ばし、4段飛ばしがつるみそレベルにはキツイことを改めて実感しました。
    ただ変速性能はう○こです。シマノ・カンパ・SRAMのスプロケが神に見えます。
    後、値段もクッソ高くて耐久性も低そうなので、「決戦用」として買われることをお勧めします。

    ( 16:30 )

  7. トプロー | -

    Re:つるみんさん

    ルーべ君の次となれば今度こそS-Worksですね!楽しみにしてますよ。

    RECONはやはり決戦用ですか。
    ロー側2段飛ばしは涎が出そうですが、僕みたいに年に一回しか決戦のない人が手を出してええものかw

    ( 20:11 )

  8. トプロー | -

    Re:富士300さん

    面白いと言っていただけるのはブロガー冥利に尽きますなぁ。
    次回はレース編なので写真なしですが、がんばって書きますよ!

    ( 20:14 )

  9. トプロー | -

    Re:ザクさん

    近江屋さんはトレーニングとして参加されたらしいですw
    それにしてもハードすぎや(;´Д`)

    ( 20:15 )

  10. トプロー | -

    Re:自称ロードさん

    やっぱりみんなで参加すると楽しいですね!
    チームエンデューロなんかに出てみてもええかもしれません。また別の世界の楽しさが見れそうです。

    ( 20:16 )

  11. トプロー | -

    Re:やまちゃんさん

    個人的に痛ディスクホイールで速い人がいないか楽しみだったのですが、どうやらさすがにそういう人はおらんかったみたいですね。時間があればもっと機材を穴のあくほど調査したかったと思います。
    エロいハンドルはエロかっこいいですよ!

    ( 20:19 )

  12. やまちゃん | -

    Re:つるみんさん

    割り込み失礼します。
    つるみんさんRECONの情報有り難うございます。
    耐久性や変速性能を考えるとまさに決戦仕様のスプロケなのですね。
    あのロー側にクロスしたギア比には私も涎モノですが普段使いには厳しそうですので来シーズンまでは我慢しますw

    ( 22:44 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。