上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さあ、DOGMA F8組み上げ作業もいよいよ大詰め。前後ディレイラー組み付けですぞ。


・・・というところでありましたが、悲報であります。


まずはこの画像から。




これはうちの自転車部屋なわけでありますが、これを見てついに嫁様が「この箱の自転車なに?」と仰せになったのですな。


これは大ピンチ。
すぐに対策せねばなりますまい。
早急にこの巨大な箱をどうにかせねばなりません。放置をつづければ、なんで自転車が3台もあるの?アホなの?死ぬの?という追及があるに決まっておるからです。

というわけで、DOGMAのスペース確保のため、Cento1を泣く泣く実家に移送することになりました。

いわゆるドナドナというやつです。
切なくて涙が止まりません。

いや、まあ、実家に帰った時には好きなだけ乗り回す予定なんやけどさ\(^o^)/






じゃあいっちょ行きますか。さいきんまともに実走できてないことですし、ついでにちょいと山越えルートを楽しんでいきましょう。

 


行き先は大阪の南の先っちょのほうであります。
ならば山越えには和泉葛城がよろしいでしょう。
さいきんO.H.C.でも七葛が流行していたことでありますし。

いや、七葛とかようしませんが(;´д`)







まずは石川CRを流していきますな。
流すとは言っても実はぜぃぜぃはぁはぁ言っておりますが。
平日は通行人がほとんどおらんので、だいたいいつも自然と高速巡航状態になる地獄のトレーニングロードなのです。





河内長野から先は国道170号をずずいと行きますで。
市街地を抜けてしまえば交通量も減って、なかなか走りやすくなってきました。
これはサイクリング日和ですな。
さっきの石川CRのせいで、早くも脚がパンパンなんですが。





適当な場所で旧170号へ。
ここも走りやすいし、このあたりのローディに人気なんでしょうな。
写真撮影なんぞしていると、平日にもかかわらず、数人のローディが走り去って行きました。



で、また適当な場所を山手に入って行くと・・・




すわ、ここがTTコースの入り口か?
という場所があったけど、どうも違うようですな。
看板が蕎原山荘。
僕が目指すのは和泉葛城の中でも初心者向きな塔原コースなのでここはスルーします。


で、さらにちょっと山手に進むと、




おお、ここですがな。
ここが和泉葛城塔原コースのスタート地点に間違いなありませんで。




すぐ横に公衆トイレがあったので、サクッと軽量化を済ませて行きますか。




塔原コースのスペックはこんな感じ。


コース名 和泉葛城山(塔原)
標高差  595m
距離   6.9km
平均斜度 8.6%
最大斜度 15.0%
スタート位置 塔原バス停前 養生場橋
ゴール位置和泉葛城山 山頂売店前


10%ほどの坂がとにかくずっと続くらしいです。
どこが初心者向きやねん!と思いますが、和泉葛城の他コースはもっときついので仕方がありません。
覚悟を決めて行きましょうぞ。

いざ走り始めると、まあ、ほぼ事前情報の
とおりですな。
10%程度と言うよりも、ひたすら10%以上の勾配がずーっと続きます。
ガーミン表示は13%とか14%とか。
こんなん逆瀬川と同じレベルやないか(´;ω;`)ブワッ

ただし、短い下りがあったりするので、そこでしっかり加速するのが肝。
初挑戦やし適当に平均くんペースで上る予定が、やっぱり登り始めたらガチガチになってるし。
アホですな(;´д`)


で、この下りというのがクセモノで、後半尾根筋に合流するT字路があるわけですが、山頂を目指すにはこのT字路を下らないといけない鬼畜仕様。
こんなもん初挑戦でわかるわけないやろー。

僕はしっかり一度登り方面に行って、引き返すことになりましたがな(;´д`)

で、ラストはガーミンの残距離を見ながらがっつりスパート。
案の定ゴールまでは持たずに、最後はへろへろになってのフィニッシュでした。

結果はStrava記録で31分53秒。
とりあえずの目標が平均くん~ザクさんあたりだったことを考えるとがんばりすぎ。

しかしホイールも普段履きやったから次はもっと短縮せんとあかんのか。

あー、しんど。





ゴール前にはサイクリストがいっぱい。
岸和田ツーリングクラブの方々でした。

「あんたはじめてやな?!」というお約束の挨拶から写真撮影まで、しっかりしていただきました。
 で、しばらくお話しもさせていただきましたが、ザクさん夫妻やの、トリガイさんやの、山田さんやの、知ってる名前がずらずら出てくるので楽しかったです。




葛城神社前で記念撮影し、では和歌山側に下りますか。





ハイランドパーク粉河にて。
やっぱり僕は神通コースのほうが好きやなぁ。



下りはひたすら長い粉河コースをやっつけ、さらに泉佐野ブルベで有名な雄山峠を登り返して実家に無事到着。




とりあえず納屋にCento1を格納して任務完了でありました。

せめてスタンドくらいは用意せんとあかんですな。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。







スポンサーサイト


コメント

  1. 木鶏もんきち | -

    それわかります。いつの間にか自転車増えていたときの追求・・・。

    その対策大事ですねー。ぼくもそのときは必殺技になる言い訳か、なにか丸め込める工夫が必要ですな。

    しかし塔原のそのタイム・・・自走で初挑戦で、速すぎっす。

    ( 17:51 )

  2. トプロー | -

    もんきちさんの場合は見るからに高価そうなフレームになりますから、しっかり対策しておきましょうね!

    塔原のタイムですが、ザクさんは試走2本目やし、もんきちさんもファストラン途中やしで参考になりませんがな(;´д`)
    一瞬自分が速くなった気がしましたが、どうも気のせいのようです。

    ( 19:20 )

  3. ザク豆腐 | nmxoCd6A

    あんたはじめてやな?!
    トプ師匠もマダマダですなw
    私など『ザクさん、今日はどこ登るの?』ですぞ!ガハハ!

    タイム?それは言わない約束です(笑)

    ( 19:35 [Edit] )

  4. 八尾のまっちゃん | -

    やはり3台は怒られますね。(笑)

    実家の物置にドナドナされたcento1どこか寂しそう、、、

    帰りはどうやって帰ったんですか?レーパンで電車ですか?そんな訳ありませんね。(笑)

    ( 22:15 )

  5. Cento1号、残念ながら暫くさよならですね。これは少しでも早くDOGMA号を完成させねば!
    和泉葛城山(塔原)…うんうんこの前走りましたよ。コースの印象?
    一気に沢山走り過ぎて一つ一つのコースなんてもう殆ど忘れたわ!!(苦笑)

    ( 01:14 )

  6. トプロー | -

    Re:ザクさん

    すげぇ。早くも和泉葛城仙人の仲間入りですか!
    ハンドルにラジオぶら下げてTTする日も近そうですな\(^o^)/

    ( 15:15 )

  7. トプロー | -

    Re:八尾のまっちゃんさん

    実家なので服のたぐいは置いてあるのです。普通に上からハーフパンツ履きましたよ。
    Cento1はいつでものれるよう、ちゃんとメンテしておこうと思います。

    ( 15:19 )

  8. トプロー | -

    Re:やまちゃんさん

    和泉葛城塔原の印象は・・・
    うん、
    ひたすらしんどかったです。

    って、それどこのコースも同じやw
    TTしてると印象が薄くなります。七葛ともなれば、記憶の薄さも格別でしょう\(^o^)/

    ( 15:28 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。