上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


その1 DOGMA F8 組み上げ計画

その2 変速システム選定

その3 ホイール発注

その4 クランクセット到着

その5 コラムカット


その6 TOKEN TK877EX 赤いBB

その7 アルテグラDi2接続テスト

その8 前後ディレイラー取り付け・Di2ケーブル内装その1



つづきです。





では、Di2ケーブル内装についていきますか。

Cento1の時もそうでありましたが、ケーブル内装フレームというやつは少々厄介なのですな。
親切なメーカーならば、あらかじめケーブルライナーを新品フレームに挿入してくれていたりするのですが、ピナレロやウィリエールのようなラテンメーカーにそのような親切を期待することはできません。

フレームの小さな穴になんとかかんとか工夫して、シフトケーブルやブレーキケーブルを通す必要があるのであります。
今回もDi2ケーブルを内装せねばならんのですが、あらかじめ心構えができておりましたので、わりとスムーズに作業を完了させることができました。


方法はずばりこんな感じ。

Di2Cable.png

ケーブルライナーをガイドとして、Di2ケーブルにくっつけて内装フレームに通します。
接着にはセロテープを使用。
ケーブルライナーはシマノのを使いました。ウエパで税込み108円とかそれくらい。


ケーブルライナーはある程度の硬度があるので、細いフレーム内部にまっすぐ差し込むのに適当なんですな。
例えばリアディレイラーを接続するためのDi2ケーブルは、フレームエンドの穴からこんな感じで差し込みます。

Di2Cable02.png

取り出しのほうは、BBから指先を突っ込んでほじくり出します。
BB内部は狭いので作業しにくいですが、これはがんばるしかない。

がんばりたくない場合は、ケーブルライナーのかわりに、Cento1のブレーキケーブルを挿入する時にそうしたように細い針金を利用すればやりやすいでしょう。ただし針金なのでDi2との接続には瞬間接着剤等を利用することになり、セロテープほど簡単にはいきません。

このへんは接続方法で楽をするか、取り出し方法で楽をするかのトレードオフですな。

ちなみにシートポスト内蔵型のDi2バッテリーとのケーブル接続は、BB側から上方向へケーブルライナーを挿入したほうが圧倒的に取り出しやすいです。


全体的な接続イメージはこんな感じ。

Di2Cable03.png

これはシマノがウェブ上に公開してるディーラーマニュアルの画像。こうして見ると単純ですな。
びびるほどのものではありません。


では、Di2ケーブル接続も最後の詰め。
シートポスト内臓バッテリー、SM-BTRのシートポスト内装について。

これはぶっちゃけ、某ワイズロードさんが公開されていた方法を丸々パクリました。

DogmaF8Di2 (1 - 5)

自宅に転がっていたケーブルをバッテリーに結束バンドで装着し、それをシートチューブ内に落とし込むだけ。
取り出すときはケーブルを引っ張ります。

取り扱い説明書を読む限り、DOGMA F8にはバッテリー内装用のパーツが付属しているらしいのですが、某ワイズロードさんと同じように僕のフレームにも付属していなかったので、この方法をとりました。
CSKに電話で確認すればいいのですが、後から取り寄せになっても面倒だし、もうこれでいいかと。


ともかくもこれでケーブル内装作業が一段落しました。
ちなみに現状のハンドルは仮止めなので、ジャンクションAもまだ仮止めです。

それでもDi2の操作自体は可能!
シフトレバーを軽く押すと、フレームに装着されたフロントディレイラーとリアディレイラーが連動して、きゅいんきゅいんと動きます。

接続テストの時も感動しましたが、これでさらに感動。
無事に内装作業を完了させることができた証拠です。
Project DOGMA F8において、最大の難関を突破しました\(^o^)/

あとは前後ブレーキの装着と、仮ではないハンドル、サドル、ホイールの取り付け、変速調整あたりで完成ですな!




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。


スポンサーサイト


コメント

  1. くにかつお | 195Lvy4Y

    ケーブル内装の難関を簡単に突破ですな。
    私は今年始めに組み換えたとき、チェーンステー内部にバリ?があって素直に通らなく泣きが入りそうになった苦い思い出が(^^;
    週末には、デビューできそうですね(^-^)/

    ( 11:15 [Edit] )

  2. 電動手動にかかわらず内装ケーブルの設置作業は難しそうで躊躇していましたがこうして図解してもらえると分かりやすいですね。
    実はエアロハンドルバーに交換した時ケーブル内装可能だったけどどうやって通していいか分からなかったので結局外を這わせてしまったのが私です(笑)
    次の機会があったら今度はちゃんと内装してみよっと。

    ( 17:27 )

  3. トプロー | -

    Re:くにさん

    やっぱりDOGMA F8のフレーム自体のできがいいんですな。素人でも組みやすいです。
    週末に間に合わせるよう毎朝作業はがんばっとりますが、まだ到着してない部品がチラホラと。
    間に合わんかったらFP2でFRAT練参戦ですw

    ( 18:56 )

  4. トプロー | -

    Re:やまちゃんさん

    内装できるのに内装しないなんて勿体無い。次回バーテープ交換時にぜひ挑戦してみてください。
    収まるべきところに収まったケーヴルは、それだけで快感です!(変態チックやなw

    ( 18:59 )

  5. ザク豆腐 | gIYQI5Sw

    日々完成に近づいてますね!
    このあたりの作業は空き瓶の中で船模型の帆を張る作業にちょっと似ているかもしれません
    いや、似てない気もします(笑)

    ( 19:03 [Edit] )

  6. トプロー | -

    Re:ザクさん

    空き瓶の船模型とはうまいこと言います・・・んか?
    作ったことないのでよくわかりませんが、あれこそ恐ろしく難しそうな作業に思えます。
    子供の頃は自分も大人になったら作れるもんやと思ってましたが、そう簡単なものではないんですな。

    ( 08:06 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。