上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


その1 DOGMA F8 組み上げ計画

その2 変速システム選定

その3 ホイール発注

その4 クランクセット到着

その5 コラムカット


その6 TOKEN TK877EX 赤いBB

その7 アルテグラDi2接続テスト

その8 前後ディレイラー取り付け・Di2ケーブル内装その1

その9 Di2ケーブル内装その2




既に完成してしまいましたが、Project DOGMA F8のつづきです。



では、タイヤとホイールを準備しましょう。
今回はBORAONE35にセメントでチューブラータイヤを貼り付けますぞ!

dogmaf8_2 (1 - 9)

スムーズな作業のために、このようにホイールを簡易ディスプレイスタンドへとセッティングしてセメントを塗ります。

 

貼り付けに使用するセメントはパナレーサーのチューブラータイヤ用セメント。
会社帰りにウエパー本店でゲットしてまいりました。

dogmaf8_2 (2 - 9)

なんでパナレーサーかと言うと、のむラボさんがカーボンホイールに使ってるから。実績のある商品やとやはり安心ですな。

コンチネンタルがカーボンリム用セメントを出しておりますが、今回はウエパで品切れしておりました。
SOYOのセメントも品質は良さそうなので、また機会があれば使いたいかも。

チューブラーテープに対し、セメントは重量が軽くなりますし、いざパンクとなった場合の予備タイヤの貼り付けがお手軽なのが魅力的です。
パンク時、テープを綺麗にはがすのは時間がかかりますが、セメントならば除去なしで予備タイヤを装着すれば良いのですから。

つーわけで早速できました。

dogmaf8_2 (3 - 9)

タイヤには安定のビットリア CORSA EVO CX2をチョイス。ウエパーで激安でした。
CORSA EVO CX2の延長バルブは、純正品をザクさんにプレゼントしてしまいましたし、今回は社外品を用意しました。
TNIの40mm延長バルブ、2本で1200円税別です。純正品よりぜんぜん安い。



装着は上記のような感じ。
なるほど、バルブ調整機能なしの延長バルブってこうして使うんか。



つづいてコラムカット。
先日、FP2で試行しておりますので、これは問題ありません。
同じようにソーガイドをセットし、金ノコでギコギコやるだけ。

dogmaf8_2 (4 - 9)

カーボンの屑対策に、切断部の下を厚紙でカバーしとります。
気休めですが。

dogmaf8_2 (5 - 9)

ぎっこぎこ。

dogmaf8_2 (6 - 9)

サッパリしました。

このあとプレッシャーアンカーを挿入し、ステム、コラムスペーサー、コラムキャップで蓋をします。
注意点はしっかり奥までプレッシャーアンカーを挿入し、規定トルクでがっつり締め付けること。
これが弱いとフロントフォークにガタが出ますで!(((( ;゚Д゚)))

実際、僕はガタが出たので、この部分を確認したら、思いっきりプレッシャーアンカーが浮いてきとりました。
下手すると事故りますので、ここの確認は最重要項目ですな。



では、今日はこのへんで。
次は前後ブレーキ組み付けとブレーキケーブルの内装あたりから。





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。

スポンサーサイト


コメント

  1. 自称ロード | -

    こんにちは。
    ソーガイドという便利な道具があるんですね。
    僕のバイクは突起が出たままですわ。
    それとバルブを延長したんですね。行きつけのショップさんは継ぎ目にエア漏れ防止のテープを貼ってましたよ(^ ^)

    ( 19:30 )

  2. トプロー | -

    Re:自称ロードさん

    ソーガイド、なくてもなんとかなるものですが、あると便利です。コラムカットする予定ならオススメですよ。
    エア漏れ防止のテープとか、ショップはやはり仕事が丁寧ですねぇ。僕はめんどくさくて省略しましちゃいました。
    漏れてから対策するかと(;´д`)

    ( 08:08 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。