上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


その1 DOGMA F8 組み上げ計画

その2 変速システム選定

その3 ホイール発注

その4 クランクセット到着

その5 コラムカット


その6 TOKEN TK877EX 赤いBB

その7 アルテグラDi2接続テスト

その8 前後ディレイラー取り付け・Di2ケーブル内装その1

その9 Di2ケーブル内装その2


その10 チューブラータイヤ貼り付けと本番コラムカット

その11 CS6800とCN-HG900装着




Project DOGMA F8 つづきです。




では、いよいよブレーキケーブル内装のほうに入っていきましょう。
まずはハンドルの段取りから。
何もケーブルを内装するのはフレームだけではないのであります。


物はこちら。

dogmaf8-6427.jpg

RacingZEROショックにも懲りず、Bike24から届きましたで\(^o^)/

中身は既にバレバレですが、

dogmaf8-6428.jpg

3T Aero Nova Team!

ではなくて、注文した覚えのない

3T Aero Tundo Team 44cmでした。

RacingZEROショックに続いてまたもやBike24にやられちゃった感じです。
ここから返品交換奮闘記がはじまれば、いかにも自転車ブログらしいんですが面倒なのでそのまま使います。

いや、だってAeroTundoのほうが前傾が深くなって空気抵抗を削れるではないですか。
大きすぎるかと思ったサイズも、慣れればそうでもないか?と思えてきましたし。
あと、偽物の横行しているAeroNovaに対し、AeroTundoの偽物なんて見たことも聞いたこともありませんから、妙な心配をせずに使用できるというものであります。

このハンドル、上部が平たく扁平した形状ですが、使い心地は至って普通です。
カーボンなので振動吸収もいいし、剛性感もまったく問題なし。ガッチリシッカリしたもんです。




ついでにハンドル以外の小物も紹介していきましょう。

dogmaf8-6429.jpg

サドルはPrologoをチョイス致しました。
これは完全にルックス買いなわけでありますが、あえて性能面でも注目ポイントを記すと、やはり座面に施されたCPCが凄いんやで!と。
小さなゴム状の黒い突起が無数に並んで、お尻の滑りを防止するというやつですが、これがもう効果覿面です。
僕の場合、ペダリングしていると徐々にお尻が前方にずれてくるという困った癖がありまして、その対策に今まではサドルを若干前上がりにセッティングしていたのですな。それがこの機能のおかげで、サドルを水平にセッティングできるようになりました。
サドルが水平になるということは、自転車が写真映えするということであります。

なんや結局ルックスかい!ということですが、そのとおりでありますよ。

型番は Nago Evo CPC Tirox というやつ。
セミラウンド形状のチタンレールでCPCつきという意味ですかな?

先日の小浜ライド、166km 2554mupでもまったくお尻は痛くならず快適そのものでした。
(たいていのサドルならこの距離で痛くも痒くもならん鈍感尻なので参考にはせんでください)




あとはペダル。
これです。

dogmaf8-6431.jpg

Time Xpresso 4

今回はTimeでいってみました。
Xpressoと言えばクリートがうにうに動いて膝に優しいという評判ですが、残念ながら僕の膝には何の問題もないのでそのあたりのインプレはできません。

それよりも実際に使用してみて驚いたのが、クリートキャッチのやり易さ!
ほぼ100発100中でパチンとはまります。
これなら両面クリートキャッチのために高価なスピードプレイを購入する必要もありません。
重量のほうも224gとそんなに重くないし(今までCento1に装着していたLOOK Keo2Maxよりむしろ軽い!)、これはお買い得やったなと。

Xpresso4のお値段はBike24で約5,000円。この性能でこの値段はすんごく安いと言う他ありません。

と、インプレを書いているうちに長くなってしまったので、ブレーキケーブルはまた次回で。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。





スポンサーサイト


コメント

  1. こんにちは。
    ハンドルとサドルの効果がよくわからずに、まだ純正のままなのでインプレ非常に楽しみに待っています

    ( 18:06 )

  2. トプロー | -

    Re:貧脚メタボさん

    サドルにハンドルとなると個人差が大きいので、他人のインプレはほんま参考程度にしかならんのですよねぇ。難しいとこです。
    基本、ハンドルは肩幅サイズで、あとはドロップの形状が好みに合うかどうかですが、クリス・フルームなんかの乗り方を見るとその限りでもないかと思います。
    サドルは沼にはまらんよう祈るばかりですなw

    ( 10:41 )

  3. しんいち | -

    タイムのペダルいいですね(^o^)
    価格が5000‼︎お買い得ですね。
    試してみたい〜。

    ( 08:56 )

  4. トプロー | -

    Re:しんいちさん

    Bike24は激安品が多いんですが、wiggleなんかに比べると信頼性は低そうなので、そこを納得できればお買い得やと思います!
    Xpresso4でも十分ですが、ハイエンドのXpresso12なんか異常に軽量ですし魅力的ですね。

    ( 15:04 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。