上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪南市の実家に米を取りに行くついでに、和泉葛城山(神通ルート)へタイムトライアルに行ってきました。
決してタイムトライアルのついでに米を取りに行ったのではありません。
え?
言い訳っぽい?
いえいえ、そんな、滅相もございません。
決して妻に言い訳してるとか、そんなそんな、んがんぐ。

え~、さて。
トプローの普段の活動エリアは、住居が大阪市平野区なので東大阪八尾周辺と、実家の阪南市方面である南泉州周辺が多くなります。南大阪の皆様が多く活動されている河内長野~岸和田エリアがすっぽり抜け落ちているわけで、ちょっと寂しい気もします。
神通ルートの和泉葛城は関西でも屈指の爽快ヒルクライムルートだと思うのですが、いまだかつてヒルクライム中のサイクリストに出会ったことがありません。
関西ヒルクライムTTの登録者数も余裕の一桁ですし、認知度が低いのでしょう。アクセスは悪いですが、ぜひ皆様に一度チャレンジしてもらいたいものです。

で、今回のTTですが、前回来たときは足つきをしちゃってたので、今度こそ足つきなしで登りきるのが第一の目標です。タイムの目標は平均くんすら存在しないくらいのデータしかないので、正直よくわかりません。
足つき時の参考記録が55分だったので、とりあえずは50分切りかな?などと思いながら出発しました。

関西ヒルクライムTT様から引っ張ってきたコースデータはこんな感じ。

標高差  608m
距離   10.3km
平均斜度 5.9%
最大斜度 15.0%

平均斜度はたいしたことないのですが、コース前半から中盤にかけて、実際の斜度は結構きつめです。そのぶん後半はダウンヒルも織り交ぜてのハイスピードコースで、がまんすればご褒美が待っている感じ。アメとムチというか、鼻先の人参というか、いやらしくも素敵なコースレイアウトなのです。

010_20120119063034.jpg
序盤はつづら折れです。景色もとりたてて良くはありませんが、普通といえば普通の峠道(写真は帰り道)

009_20120119063034.jpg
後半は平坦基調な爽快コース。右手に和歌山、左手に大阪を見下ろす尾根ルートです。

003_20120119063002.jpg
ゴールは和泉葛城山頂売店前。見てのとおりの積雪でした。
001_20120119063002.jpg

ゴール手前1kmくらいは結構な積雪でヒルクライムできないわけじゃないですが、2回ほど軽く後輪が空転しました。当然、ダウンヒルパートはぜんぜんスピードが出せません。ヒルクライムより遅いダウンヒルって・・・。
TTの結果は45分39秒でした。
早いのか遅いのかはわかりません。たぶんトプローの実力からして、平均くんレベルかと思われます。

002_20120119063002.jpg
004_20120119063002.jpg
久しぶりの雪の感触が嬉しくて、葛城神社までチェントウノを担いで上がりました。
葛城神社からは大阪、淡路島、四国あたりまでを見晴らせます。
お賽銭はちょいと奮発して50円。家族の健康を祈って帰宅します。
べつに財布の中に10円玉がなかったわけじゃないんだからね(何のツンデレ

005_20120119063001.jpg
006_20120119063001.jpg
んが、ダウンヒル開始直後にスリップダウン。そう言えば自分の健康を祈るのを忘れておりました。それか八大龍王の祠をスルーしたバチが当たったのかも。
スリップダウンとは言っても、たぶん時速1kmくらいでしたので、ほぼ立ちゴケです。大怪我にならなかったので結果オーライ。
日陰部分は雪が溶けたのが凍結しちゃってるので、かなり危険です。押して降りるくらいのほうがいいかもしれません。

007_20120119063035.jpg
ハイランドパーク粉河で自転車をチェックしてみるとSTIの外側に擦り傷ががが。
フレームは無事だったのが不幸中の幸い。
今回は真昼間のアタックだったので大丈夫でしたが、朝夕はたぶんまだヒルクライムは無理っぽいです。

でも、とてもいいコースなので、ぜひ一度は行ってみてくだいね。
008_20120119063035.jpg
011.jpg



にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ

↑ポチっとお願いします。
スポンサーサイト


コメント

  1. 金剛山すらハイキングコースなワタシには敷居の高い所ですなぁ。
    15%は普通にひっくり変える気がします。
    そして、下りは怖いので嫌いです。
    初めて牛滝売店から下ったときは、時速5kmでしたw
    高いの怖い。登り苦しい。平地漕ぎ続けはしんどい。


    あー 自転車に向いてない気がしてきましたぞw

    ( 22:22 )

  2. トプロー | -

    牛滝からのコースはかなり急ですよね。車でしか登ったことがありませんが、路面が荒くて細かいヘアピンも多かったような記憶が。ちょっと難度が高そうなイメージです。
    下りの時速5kmは握力がなくなりそうw

    ( 07:37 )

  3. すず虫 | TOmz3iPU

    冬の和泉葛城山はMTBが欲しくなりまさぁなぁ。
    流行りの29erやシクロとか。
    どっかでタイヤにインシュロックを巻きまくって
    即席のチェーンタイヤみたいにしてたのを見たなぁ。
    ま、巻く暇あったら下れって感じですが。

    ( 23:37 [Edit] )

  4. トプロー | .8F7RpF2

    シクロといえば先日、久宝寺緑地の凸凹をシクロで突っ走ってるお方がいました。
    楽しそうでしたが、公園の植え込みを練習場にするのはさすがちょっと。

    というか、自分で走る時間がとれません。せつなすぎる。

    ( 22:54 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。