上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今一度、練習用ホイールというものを考えてみる。

新城幸也選手がZONDAを使用しているというのは有名な話だが、それはなにも幸也が好んでZONDAを使用しているのではなく、たまたま所属したユーロップカーの台所事情のせいでそうなっていただけの話だ。
幸也も2016年からはランプレメリダに移籍となったから、練習用ホイールも変わることになるだろう。

では一般的にプロチームの練習用ホイールはどんなものかググってみると、どうやらWH-R9000 C24とか、レーシングゼロ、シャマルウルトラ、キシリウムSLSあたりが多いようだ。
やはりカーボンホイールは練習用としては使いにくいのだろう。アルミリムのハイエンドモデルがほとんどとなる。

さて、ここで一般的な素人サイクリストの話をしよう。
素人の練習用ホイールとは何なのか?
また、それに対する決戦とは何なのか?

プロフェッショナルの場合はわかりやすい。ツールやブエルタ、ジロを代表として、シーズン中は毎週開催されるレースが決戦であり、毎日が練習である。年間走行距離は30,000kmを越える。

これを素人に置き換えてみる。
毎週ごとに走行会や単独でのファンライドがある。毎日行うのは人それぞれの稼業であり、自転車とは関係ない。年間走行距離は相当走り込む人でも10,000kmほどだ。むしろ3,000km程度の人が多いのではないか。



プロの週末走行距離 > 素人の年間走行距離



つまり、こういうことだ。
素人サイクリストの決戦用ホイールとは、週末に履くべきホイールである。
週に一度しか走行機会がないのなら、その一度が決戦なのだ。
日々の練習は稼業のことである。日々の稼業で心身をすり減らす。それこそが週末のための練習なのだ。
ならば練習用ホイールなんか存在しない。あるとすれば、それは例えばスーツであったり作業着であったりするだろう。

プロフェッショナルは一年ごとに決戦用ホイールを履き替えるが、それはプロフェッショナルの脚力で激しいレースを10,000kmもこなすからだ。
ホイールの消耗など素人が心配しても仕方がない。



つーわけで練習用にレーゼロ買うで!(理論が破綻してるやないかボケェw( ^ω^)





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。

スポンサーサイト


コメント

  1. 八尾のまっちゃん | -

    練習用でレーゼロですか!(汗)

    ポタリストの私は練習、決戦用共にゾンダのみっす。キリッ(`_´)

    ( 12:13 )

  2. 確かに我々アマチュアは毎週末が決戦かもしれませんが、カーボンリムホイールはどうしても下りの熱問題がありますから何だかんだ言ってもやっぱり普段の練習用には軽量のアルミリムホイールが欲しいですよね。
    幸いにして円が強くなってきているのでトプローさんはこの機会にレーゼロしか無いっすね(^_-)-☆
    かく言う私は登りもクリテも同時にこなせる軽くて空力も良いホイールが欲しいですが、そういうのはアホみたいに高いので身動きが取れませんw

    ( 18:14 )

  3. トプロー | -

    Re:八尾のまっちゃんさん

    練習用と言ってるだけで、いつでも決戦用として使えるんやで!という心の余裕がレーゼロ級のええとこやと思うんです。逆に言うと「練習用やし」という言い訳がききませんがw

    ゾンダは一家に1セットと言われるほどの良ホイールですよね。僕もレーシング3(10速用)を持ってなかったら買ってたと思います。

    ( 19:00 )

  4. トプロー | -

    Re:やまちゃんさん

    レーゼロなんですが、なんかサイクリングエキスプレスで瞬間風速的に6万円台が出たらしいですね。もちろんよう気づきませんでしたが(;´д`)

    登りもクリテもとなれば、やはりBORAかレースピ、9000C35あたりが欲しいですね。今なら15万円ちょいといったとこでしょうか。もし万が一15万を切るような流れなら、無理をしてでもいったほうがいいですよ\(^o^)/

    ( 19:06 )

  5. 六丁峠 | kO.IsFUQ

    ZONDAを使用している訳は荒れた路面や雨天時などのトラクションがかけにくい状態では速く走れるからではないかと思います。新城幸也選手はどうかわかりませんが、プロのZONDAの評価は結構高く、トラクションがかけにくいときに硬いホイールだと踏んだときに滑るようで前に進みません。シクロのぬかるみのなかをタイヤの空気圧を高圧にしても進まないのと同じです。それでZONDAのホイールの硬さがトルクの伝わりにちょうど良いとなってくるわけです。レーゼロとか高価なホイールは大概かたいのですが、果たしてそれで速くはしれるか?ということに関しては色々な条件でタイムを取って評価し、このホイールはということを理解して乗っておられる方は少ないのでは?そんななかでプロの評価がの結果がZONDAの選択です。

    ( 12:14 [Edit] )

  6. トプロー | -

    Re:六丁峠さん

    ZONDA、高評価ですよね。アマチュアでもとりあえずZONDA買っとけば間違いないという風潮を感じます。
    G3スポーキングが絶妙なしなりを出すんですかね。BORAONE35も平地は気持ちよく回ります。

    ( 09:06 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。