上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九信生のつづきです。

さて、暗峠大阪側、奈良側をこなしまして、我々がやってきたのは九信生三番坂、清滝峠です。
生駒山地最北端の峠として、大阪市北部や大東、寝屋川、四条畷のローディに大人気のコースですね。
関西ヒルクライムTT内でも、十三峠に次いで常に葡萄坂と二番人気を争うほど挑戦者の多いコースです。

距離 3.2km
平均斜度 6.7%
最大斜度 10.3%

スペックは上記のようなっており、実際、コースのほとんどが6~7%ほどの登りやすい斜面です。
そのため初心者でも比較的完走しやすく、その反面、上級者でも登坂速度を上げれば十分な負荷をかけた練習ができるコースとなっています。

平均くんの記録は12分30秒ちょいといったところ。
初心者の登録が多いためか、他のマイナー峠の平均くんよりも若干甘い記録で、はじめての平均くん越えを目指すにはちょうどいい場所ではないでしょうか。

ただし、大阪から木津・奈良方面へ抜ける交通の要所であり、車の通行量は比較的多め。信号停止が二か所あり、路肩も決して広くはありません。路面も良好とは言い難いため、例えば十三峠や勝尾寺など、他に通いやすい峠がある場合、無理に挑戦する必要もないコースとなります。
過去には僕も何度となく11分切りに挑戦した峠ですが、ここのところはご無沙汰しています。
11分切りを達成したのはいいものの、次の区切りである10分切りのハードルが高く、そのイメージすら湧かないためですが、ここはやはり関西在住サイクリストのヒルクライム聖地の一つ。定期的に挑戦して自分のレベルを確認しておく価値は十分にあるでしょう。

過去に通った経験から、この清滝峠でタイム短縮のポイントとなる事項をまとめてみると次のようになります。


1、スタートダッシュでがんばりすぎない。
比較的短距離なコースであるため、スタートから全力で走りきろう!という気持ちになりがちですが、これが罠です。人間いくらがんばっても全力で走ることができるのはほんの1分ほど。計画的に10分プラスアルファで全力を出し切るペース配分が肝要です。

2、信号停止のさばき方
コース中二か所の信号停止があります。運よく青信号で通過できれば良し。赤信号の場合、うまくペースを上げ下げすることによって最低限のタイムロスで通過するようにします。オートストップ利用のタイム計測であれば、停止中にうまく全身をリフレッシュさせ再スタートに備えましょう。

3、終盤の平坦ストレートについて
ここは当然下ハンに持ち替えて、全力スプリント。そう行きたいところですが、ここで注意したいのがギアの選択です。急斜面をフロントインナーでこなし、スプリント時は力のかけやすいアウターで全力!
そうは思ってもインナーからアウターへの変速にはチェーン落ちのリスクがつきものです。各自のバイクの変速性能にもよりますが、不安のある場合はフロントを変速しなくても大丈夫な歯数構成のスプロケが必要となるでしょう。

コース中、ほぼ中間地点となるのがホテルG。ここの通過タイムのほぼ倍がフィニッシュタイムとなるはずです。倍とならず、2.5倍や3倍になってしまう場合はペース配分が失敗している可能性十分です。走り方を考え直してみてください。


さて、実際の挑戦はどうだったかと言うと・・・


ここも100太郎さん、はるさん、僕の順番でスタートします。
毎度のことながらクリートキャッチの差で前二人はワンパックなのに、僕だけ30mほど遅れます。はるさんは暗峠の20%オーバー地点でクリートキャッチできる神業を持っておられますし、これはもうどうしようもありません。遅れた分は取り返せばいいのです。
しかし10分のコースと舐めてかかれば手痛いしっぺ返しがくるのは先に説明したとおり。あくまで自分のペースに注意しながらの追走となります。

スタートから数百メートルの直線を終え、コースはバイパスの下をくぐる急斜面の連続カーブへとつづきます。
ここまで来ても先頭は100太郎さん。いつもより粘っている気がしますが、このペースで中盤以降どうなることか?
しかし残念!
100太郎さん、バイパス側道との合流地点で車の流れにぶち当たって停止することになりました。
ここをはるさんと僕は順調にこなし、今までのタイム差が完全になくなりました。
さらに一つ目の信号停止に引っかかります。
オートストップを利用しない我々は、これでかなりのタイムロスです。

が、再スタートしてすぐのこと。
一人のローディが我々をごぼう抜きして行きました。

これは行くしかないッ!

僕もペースアップし、そのローディに食らいつきます。
が、黒いジャージの彼はかなりいいペース。
じわりじわりと離されながら、耐えるヒルクライムがつづきます。

ここまで暗峠を大阪側と奈良側から。さらに裏清滝峠をこなしてきたぶん、きついのはきついのですが、それでもまだ脚は動きます。

最後は黒ジャージのローディに50mほども差をつけられましたが、なんとか11分52秒でゴール。途中の信号停止ロス時間を差し引きすれば、おそらく11分前半でのフィニッシュだったはずです。

う~ん、これはなかなかやな(*´ω`*)

これはやはり、今までの僕と比べて地力がついてきているに違いありません。この冬の走り込みが効いているのです。
去年までの僕であれば、この時点で平均くんを越えることすら難しかったはず。これは春の記録に期待するしかありません\(^o^)/

その後、はるさん、100太郎さんの順番に無事ゴール。三番坂を終え、ようやくこれで全体の3分の1をこなしたことになります。

さて次は阪奈道路。

やけどこの調子で連載すんの?
写真も撮ってないのに?
後半失速したらゴメンちゃいw



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。



スポンサーサイト


コメント

  1. 100太郎 | k8hoI9U.

    ムムム…こうなったら話を盛るしかないですね
    十三峠頂上で会ったおじいさんを美人ローディーにすり替えるとか、その後トプローさんとのロマンス、そして三郷での涙の別れ…あかん、盛るどころ妄想になってきた(>_<)
    まあ参考までにということで、
    僕は黙っときますよ〜^_^

    ( 12:30 [Edit] )

  2. トプロー | -

    Re:100太郎さん

    そうか、その手がありましたか!
    せっかくの連載なので、いっそのこと連載小説にしてもうたらええんやヽ(・∀・)ノ

    じゃあ、まずは誰に死んでもらうかをw

    ( 19:36 )

  3. 清滝峠いいですよね。私もこのコースは好きなんですよ。
    ちょっと遠いのであまり走っていないですが何故か斜度的に近いはずの勝尾寺よりこちらの方が相性が良いんですw割りとあっさり平均くん超えさせてくれたし。
    と言いつつ11分切れてないので暖かくなったら11分切りに行ったらんとな!!

    ( 19:40 )

  4. トプロー | -

    Re:やまちゃんさん

    似たような斜度ですが、近所に勝尾寺があるならやっぱり勝尾寺に行きますよねぇ。平均くんの強さも、ちょっとだけ勝尾寺のほうが優しい気がします。
    人気峠の中で平均くんが強かったのは葡萄坂ですね。あそこの攻め方はいまだによくわかりませんw

    ( 18:58 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。