上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回のつづきです。

20160328ise-1040605.jpg


伊勢本街道、すなわち国道368号線は奈良県御杖村を抜けて、三重県松阪市を目指してつづきます。
これまで登り基調だったルートは県境を越えて、下り基調へと変化します。
追い抜かれたり、すれ違う車は一台もありません。
たまに出会うのは野生の鹿の群れ。
こちらに気づくと急峻な山の斜面をべらぼうなスピードで駆け上がって、すぐに見えなくなってしまいます。


徐々に陽が登り、気温も上昇してきました。
さっきまで凍えるようだったダウンヒルが、この上なく楽しい瞬間に変化します。

20160328ise-1040606.jpg

道の両側には茅葺をトタンで覆った古い民家が立ち並びます。
まだ朝が早すぎるのか、人の姿は見えません。

静まり返った集落を一気に走り抜け、振り返ると霧に包まれた山々がずっと後ろに見えました。

20160328ise-1040609.jpg

まるで別世界。時の狭間。
そんな感傷にひたり、そしてまた幾つかのアップダウンをこなします。
ウェットからドライ、ドライからウェットへところころ路面は変化しますが、レーシングゼロナイト+ミシュランプロ4SCの足回りは絶大な安定感でワインディングを切り取っていきます。

20160328ise-1040610.jpg

濡れた路面がまっすぐ彼方へとつづきます。
山岳ロングに心奪われる一時です。

そして辿り着いたのは道の駅美杉。
暖かな陽光の下で、大福餅と梅おにぎりを補給します。
道の駅の売店は開店前。広い駐車場にも、車はほんの2台ほどしか見えません。

20160328ise-1040611.jpg

このあたりからは、ひたすら続くロングダウンヒル。
奈良県側で登ったぶんを、三重県側で下ります。
伊勢本街道と言うくらいですから、古い宿場風の集落が、ところどころに現れては消えていきます。

20160328ise-1040613.jpg


368号線から一時的に交通量の多い166号線に入り、すぐまたのどかな雰囲気の県道700号、701号を乗り継いで行きましょう。
このあたりまで来ると、幹線道路となる国道よりも、交通量も信号も少ない県道を利用したほうがずっと快適です。

そして久しぶりに目にした二桁国道の交通標識。

20160328ise-1040614.jpg

42号線を利用するのもまた一瞬。県道13号に入ってしまえば、目的地の伊勢神宮はすぐそこです。

伊勢市街に入ると、さすがに信号も交通量もぐっと増えますが、ここまで夜通し田舎道ばかり走ってきたのでそれもいい気分転換です。

観光客が行き交う街中をゆっくり通過し、まずは外宮から。食物・穀物を司る豊受大御神が主祭神ということで、しっかりお祈りしておけば、この先食いっぱぐれることがないかもしれません。
大勢の参拝客がいますので、写真を撮って早々に退散します。

20160328ise-1040619.jpg

守衛のおじさんが駐輪場を案内してくれましたが、申し訳ありません。先を急ぐ身なのです。


そして次はいよいよ内宮へ。
外宮から内宮へは4km弱ほど離れていますので、徒歩だと1時間ほどかかるところ、自転車なら10分もあれば到着です。

ここはさすがに外宮よりも一段と観光客が多い!
なんと言っても日本の総氏神です。

20160328ise-1040622.jpg

本来ならばしっかりお参りしていきたいところですが、ここも写真を撮って退散です。
なにしろ広い神社ですから、まともにお参りしていては1時間あっても足りません。
心の中で旅の安全を祈願しておきます。まともに参拝しないのですから、あれもこれもとお願いすればバチが当たります。

それでは小腹もすいたことですし、次はいよいよあれを食べにいきましょう。


つづく


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。

スポンサーサイト


コメント

  1. ユキオ | Alz34ffU

    結構、鹿って多いですよね。磯までの山道を釣り道具背負って歩いてる時に、でっかい男鹿と目が合ってしばらくにらみ合いになった時は、かなりビビりました(+_+)次はお待ちかねのアレですね!インプレ期待してます(^.^)

    ( 11:05 [Edit] )

  2. ザク | VjA71uWs

    画像として切り取る事を躊躇うほど美しい瞬間に息を飲む。
    よそよそしいけど、牧歌的に迎え入れてくれる風景が旅の醍醐味であると訴えてくる文章です。

    流石は師匠!
    やりますな!(b^ー°)

    ( 18:00 [Edit] )

  3. 富士300 | -

    小説なら写真がないほうが想像が掻き立てられ
    違った醍醐味が涌くのでしょうが
    それは野暮なことです。

    描写力が秀逸で大福餅梅おにぎりの落差がwです。

    トブローさんの切れ味鋭いカットがまた読み手に突き刺さります。

    どこぞの高級外車のカタログライターのコピーのようです。

    つづきが楽しみです。

    ( 19:28 )

  4. こなまず | -

    単独で長距離走ると「速さ」というより「強さ」を得られるような気がしますね。
    みんなでワイワイ走るのもいいんですけど。
    私の場合は単独でふらっとマイペース適当に走ってるのが一番のトレーニングになっているのかも(^_^;)

    ( 17:20 )

  5. トプロー | -

    Re:ユキオさん

    野生の鹿は久しぶりでした。10年ほど昔にオフロードバイクで紀伊山地の奥のほうで見て以来です。まだまだ残ってるんですねぇ。
    ビビったと言えば、和泉山脈トレラン中に出会った猪が怖かったです( ; ゜Д゜)

    ( 18:43 )

  6. トプロー | -

    Re:ザクさん

    ザクさんのコメントのほうが一瞬考えさせられる内容で、よっぽどやりますわw
    こういう文章書いてると、遅くても大丈夫的な安心感が出てきますなw

    ( 18:46 )

  7. トプロー | -

    Re:富士300さん

    果たしてこの調子をラストまで維持できるのかが問題です。飽きっぽいので油断するとすぐに大阪のおっさん的文章になってしまうのです(^_^ゞ

    ( 18:49 )

  8. トプロー | -

    Re:こなまずさん

    自分の好きなことを好きなようにやって速くなれれば最高ですね。
    僕もこういうロングライドを月一でもできれば、沖縄210kmのほうにエントリーするのになぁ。

    ( 18:53 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。