上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回のつづきです。

それではいよいよ青山高原三重側ヒルクライムです。伊勢からの復路、すでに走行距離は190kmを越えんとしていますが、ある意味ここからが本番です。
距離的にも獲得標高的にも、まさに仮想グランツールの山岳ゴール。フルームやキンタナになった気分で、この難所を思い切り楽しみましょう。

20160328ise-1040640.jpg
 
目的地はあの大風車群のたもと。
山頂展望台までを、一気に登り切るのです。
 

三重県の山岳ルートと言うことで、関西ヒルクライムTTには登録されていないコースですが、地図を眺めるにタイム計測スタート地点とするならば、このT字交差点が最適でしょうか。

20160328ise-1040635.jpg

県道28号線から県道512号線への分岐点で、青山高原まで12kmの標識が出ています。
ルートラボで山頂展望エリア(青山高原ウィンドファーム駐車場)までのルートを引くとこのとおり。







距離 13.1km
獲得標高 760m
平均斜度 5.4%

なかなかの好ルートとなりました。
同様の区間をStravaで探すとこれでしょうか。



若干距離が短く、ゴール地点もわかりにくい区間ですが、これを上位で走り切れれば相当熱いはず!
結果を見るのはちょっと待ってくださいね。



では、いよいよスタートです。
このルートの序盤3.5kmほどは緩やかな登り基調で、若干のアップダウンを含みます。
190km走行後とは言え、ここまで限界に迫るほどに強度を上げた走行はしていません。ウォーミングアップは当然完了していますし、まだまだ脚力に余裕もあります。

これは思ったよりもぜんぜん行けるな!

そんなに挑戦者の多いコースでもありませんし、目標はトップ5入りくらいでしょうか。ここまで山に近づいてしまうと、吹き下ろしの向かい風もほとんど感じません。スタートからしばらくは調子よく飛ばしていきます。

少々わかりにくい青山高原道路入り口地点を超えると、道幅が狭まり斜度が急激にきつくなります。
ガーミン表示は常時10%以上。だいたい13~15%を表示することが多く、六甲山逆瀬川ルートの核心部分と同程度の急坂が延々とつづきます。
覚えている限りの最大斜度はガーミン読みで24%ですが、そこまできつい区間は一瞬です。

それにしても190km走行後にこの斜度はきつい。
ロングライドの基本ルールである「無理をしない強度で」を完全に無視しなければ登れない坂道です。
いや、そもそもヒルクライムTTに挑んでいるのですから無理をしないわけにはいかないのですが、それにしても全力を尽くさないと足つきするような難ルートであったとは完全に想定外でした。

それでも仮想グランツールとも言える、こんなルートに挑戦できるチャンスはそうそうありません。
ここはとにかく山頂までのタイムを削ることだけに集中します。
そこで力尽きて動けなくなったとしても、それはその時の話。あとは野となれ山となれです。

斜度はきついですが、交通量はほぼ皆無。路面も悪くはありません。
ペダルを回すことだけに集中し、とにかく上へ、上へ。

しかし、その時はあっという間にやってきました。
場所はスタートからようやく4kmを過ぎた辺り。今まで両足にみなぎっていたパワーが、とつぜん消え失せてしまったのです。
自転車は当然失速し、走行速度は見る見るうちに一桁へ。


あとから考えると、完全なハンガーノックです。
ろくな補給もなしで190km走行後に山岳アタックなんぞを決行したものだから当然の話です。
本来ならすぐにでも停車して、手持ちの補給食をかきこみ、温暖な麓のスタート地点まで下山するべきだったのです。

しかし、タイムアタック中の僕は冷静な判断ができませんでした。

目指すのは寒風吹きすさぶであろう山頂ただ一つ。タイムは悪くても、足つきだけは許されない。
そんなことだけを考え、回らないペダルをただただ必死に踏み込んでいきます。

そして案の定、山頂に近づくにつれて気温はどんどん低下していきました。さらに悪いことに、空からは冷たい雨粒がぱらつきはじめます。

けれどここまで来てゴールしないとかあり得ない!

標高が上がりきり、ルートが尾根筋のアップダウンに入ると、ただただ寒さとの戦いになりました。脚に力は入らないし、あまりの寒さに下り区間もまったく踏み込むことができません。その上、路面は完全なウェット。気を抜けば落車すらあり得ます。

それでもなんとか目的地の青山高原ウィンドファーム駐車場に無事到着できたのは、レーシングゼロナイトの絶大な制動力のおかげでと、単に運が良かっただけなのでしょう。
結果的にこのタイムアタックは惨敗でした。

Stravaセグメントの結果を見れば、トップから20分も遅れた56分台でのゴール。せっかく三重まで来てこの結果とは、残念としか言えません。



しかし、ほうほうの体でたどり着いた山頂からの景色は、たしかに素晴らしいものでした。

20160328ise-1040639.jpg

が、いかんせんハンガーノック状態ですから、景色を楽しむような余裕はありません。

20160328ise-1040640.jpg

風車群が立ち並ぶ強風地帯。山頂の低気温。
ここは写真を数枚だけ撮って、さっさと奈良側に下山するしかありません。

20160328ise-1040641.jpg

なけなしの補給食を投入し、自販機一つない展望エリアを後にしましょう。

20160328ise-1040642.jpg

夏に来れば、もっともっといい場所なのでしょう。
しかしともかく今は、一刻も早く温暖な低地へ下るべきなのです。


青山高原奈良側については三重側よりも斜度は緩く、舗装状態もはっきり良くなっています。
大阪方面から青山高原を目指すなら、普通は奈良側を登れば十分ですね。


その後、ふらふらのハンガーノック状態でなんとか名張まで辿り着き、ファミレスに駆け込みました。
この期に及んでハンガーノックに気づいていなかった僕は、ただただ眠かったので仮眠をとるためお店に入ったのです。

眠くなるのもハンガーノックの症状の一つです。雪山で放っておくと死んでしまうアレですので、二度と同じ過ちを犯さないよう注意しなくてはいけません。

ここで予定時間どおりの帰宅は無理とあきらめ、嫁に遅れる旨を連絡しました。次回以後のロングライドチャンスが遠くなってしまいますが、致し方ありません。

ファミレスに入ったので、一応食事はとります。

20160328ise-1040643.jpg

食欲もあまりありませんでしたが、ようやくハンガーノックを疑う余裕が出てきたので、ちょっと無理をしてカツとじ定食をいただきました。

そして30分ほど休憩すると、眠気は綺麗に消え去り、全身にも力がもどってきました。

ああ、やっぱりハンガーノックだったか。

回復を終えてようやく確信しました。恥ずかしい話です。

20160328ise-1040644.jpg

ファミレスでたっぷり休憩をとったため、店を出たときにはもう夕暮れとなっていました。

ここからは再びナイトライドです。
パワードライブの電池を入れ換え、ガーミンにはモバイルブースターで給電をつづけながら奈良、大阪を目指します。

体力は完全に回復していますし、ルートも下り基調ですから、このあとはまったく問題なしに進行しました。
しかし結局は予定よりも2時間遅れ、午後8時の帰宅となってしまいました。

20160328ise-1040645.jpg


ガーミンによると最終的な走行距離は301.1km、獲得標高は3740m。
ハンガーノックは辛かったですが、久々に出たロングはやはり楽しかったです。
いい経験もできたことですし、これに懲りず、次のロングでも何かしら心浮き立つチャレンジを入れていきたいものです。


今回のロングで得た教訓。

ハンガーノックになってしまった場合、少なくとも回復までに30分のロスが出てしまう。時間制限のあるロングでこれは致命傷。
こまめな補給が面倒であれば、要所要所で1,000kcal単位での補給を取るべし。



それではまたいつか、皆様にチャレンジングなロングライドレポートをお届けできることを願って。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。



スポンサーサイト


コメント

  1. こなまず | -

    伊勢まで行った後に青山高原上るとは・・・お疲れ様でした。

    私は去年は自走で大台ケ原(R309経由でヒルクライムコース)とか帰省(鳥取県境港市)とかやりましたね。
    伊吹山ヒルクライムも自走で参加しました(笑)
    これはさすがに前泊しましたけど。
    今年は伊吹山出ません(*´∀`*)

    伊勢行くとしても青山高原経由は遠慮したいなぁ(笑)
    そこまで走れるようになりたひものです。

    ( 19:43 )

  2. おやじ転車 | -

    トプローさん^^
    全部読ませて頂きました。
    ほんまにお疲れ様でした!
    クールの中にある、熱い思いをひしひしと感じましたわ。
    すごいですわ。
    僕も見習わなければなりません。

    いつまでも良きライバルでありますよう。←勝手にライバル化してますw

    ( 21:06 )

  3. チョップ | -

    おはようございます♪

    ブログ峠お疲れ様でした~(*^^*)
    いつものトプロ-さんのブログの書き方じゃなかったので、さすがやな~と思いながら読まさせていただきました。
    チェルシーさんもトプロ-さんのブログ見てるみたいで、伊勢神宮行きたくなったと行ってましたよ~(*^^*)
    しかしながら190キロからのヒルクライム、死ねますね。僕は165線でサササっと帰りましたよ(笑)

    ( 08:44 )

  4. ユキオ | Alz34ffU

    全編楽しませていただきました!これだけ走って、さらに写真のクオリティ。さすがですね!青山高原はヘビーみたいですが、風車好きの自分としては写真を見て行きたくなってしまいました(^ω^)

    ( 10:24 [Edit] )

  5. 日本の仮想グランツールコース青山高原三重側ヒルクライムに挑むトプローさんのワクワク感が伝わってくるようです。
    それだけにハンガーノックは残念でしたね。万全な状態での結果が見たかったです。
    それにしてもトプローさんほどの経験があってもやはり往復300km超の道程は過酷なんですね。赤福パワーだけでは乗りきれませんでしたか…エネルギー補給の大切さ教訓とさせていただきます。
    伊勢往復ライドはO.H.C.でも結構チャレンジしている方がおられますし私もぜひ一度挑戦してみたくなりました。梅雨が来る前に行こうかな~

    ( 10:47 )

  6. 100太郎 | k8hoI9U.

    パチパチ👏
    いやぁ〜良かった^_^
    「トプロー自転車旅気分」
    エンディングテーマが聞こえてきそうです
    次回は
    ツールド沖縄自走の旅
    でお願いします(^O^)

    ( 11:39 [Edit] )

  7. ザク | YmpeaqZA

    なるほど、夏に挑戦する時は赤福氷を2杯にすれば良いのですな!
    でも、お腹が痛くなりそうですし困りましたな( ̄○ ̄;)

    ( 18:52 [Edit] )

  8. 富士300 | -

    お疲れさまでした。

    赤福&梅おにぎり(まだ粘着するw)でもハンガーノックなのですね。ロングの教訓になります。
    途中24%?www
    大谷のスピードガン180キロみたいな?!
    ともあれ遭難せず帰還できてなによりです。
    写真もきれいでした。

    ( 20:29 )

  9. 八尾のまっちゃん | -

    300㎞お疲れ様でした。伊勢まで自転車で行くって普通の人からしたらおかしな人と思いますよね。(笑)
    でも、私からしたら憧れますよ!トプローさんはクライマーでありながらもロングもこなす。いい意味でヘムタイっす!(笑)

    ( 22:31 )

  10. トプロー | -

    Re:こなまずさん

    R309行けるんなら青山高原もぜんぜん大丈夫やないですかw 青山高原のほうはタイムアタックせんとあかんような気分になるからきついんですかね?R309より路面はいいですよ~。

    ( 07:49 )

  11. トプロー | -

    Re:おや自転車さん

    熱い想いかと言うと、実は逆かもしれません。タイムトライアルで結果が出なくて行き詰まると、ロングライドに逃げたくなるのです。おや自転車さんももし行き詰まる時が来たら、おすすめですよ(^^)

    ( 07:53 )

  12. トプロー | -

    Re:チョップさん

    書き方かえると新鮮でちょっと楽しかったです。ずっとこれやとしんどそうですがw
    チェルシーさん、徐々に速くなっておられますね。伊勢行ったらさらに速くなりますね。
    チョップさんの伊勢はたしか真夏やったような?さっさと帰って正解です!

    ( 07:57 )

  13. トプロー | -

    Re:ユキオさん

    青山高原は奈良側から登れば、たぶん快適そうでしたよ。大阪からの青山高原往復なら、半日で行ってこられるいいルートだと思います。今はまだ寒いでので夏場に行ってみてください(^^)

    ( 08:01 )

  14. トプロー | -

    Re:やまちゃんさん

    補給が大事っていうのは今までの経験でよくわかってたはずなんですが、やってしまいました。おかげでたいへんいい経験になりました。普通に走行しながらの補給で行けるとしたら、沖縄は市民140までです。実際、上位につくとしたらやはり100かなぁ。210完走は胃袋の強化からやらんとあきませんわ(;´д`)

    ( 08:07 )

  15. トプロー | -

    Re:100太郎さん

    沖縄自走www
    それレースに出るまでもなく凄すぎるんですが。定年退職したらやってみたいですねw

    ( 08:10 )

  16. トプロー | -

    Re:ザクさん

    赤福氷に赤福餅、伊勢うどんと、伊勢ランチグルメランキング1位の満腹食堂のからあげ丼をぜんぶいっとくとええと思います。あと、帰路で松阪牛もいいですねw

    ( 08:13 )

  17. トプロー | -

    Re:富士300さん

    ガーミンの斜度はたまに変な数値が出ますよね。今回はでも20%以上が1分ほどは続いたので、それなりにきつい区間だったのかと。
    写真はミラーレスをかついで行った甲斐がありました。もうちょい小型軽量なG9XとかRX100が欲しいんですが(^^)

    ( 08:18 )

  18. トプロー | -

    Re:八尾のまっちゃんさん

    僕がクライマーとか、とんでもないです。ただのルーラー崩れですので、ロングのほうが得意なだけですよ(;^ω^)
    ヘムタイさんは憧れの称号ですね!今後もヘムタイさんを目指してがんばります!

    ( 08:22 )

  19. れすとまん | -

    伊勢往復お疲れ様でした。最後のメインディッシュ途中でまさかのハンガーノックとは何とも残念ですね。
    しかし、トプローさんほどの経験者でも少し読み誤るとそうなってしまうのですね…
    まあ、ロングはなかなかできないですが、やる時は補給のタイミングと量はしっかり考えないといけませんね。

    ( 17:30 )

  20. トプロー | -

    Re:れすとまんさん

    読み誤りましたねぇ。グランツールを走る選手は、走行しながらの補給できっついレースを走りきりますし、それと比べたら赤福ぜんざい食ったから大丈夫とか思ってました。トッププロとは体力も胃袋も違いますし、凡人らしい補給が必要でしたね(^_^ゞ

    ( 10:29 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。