上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回のつづきです


伊勢神宮を後にして、やって来たのは今回の真の目的地、赤福五十鈴川店です。

20160328ise-1040623.jpg

赤福と言えば、内宮すぐ目の前の本店が有名ですが、ロードバイクで立ち寄るなら断然こちらのお店でしょう。
本店は大勢の観光客でごった返しますが、こちらは観光の中心地から少し離れた場所にあるため、安心してロードバイクを駐輪しておけるのです。



 
メニューは赤福餅と、冬季限定の赤福ぜんざいの二種類のみ。
夏場は赤福餅と赤福氷ということになりますね。
入り口で素朴な感じの女店員さんに注文を済ませ、あとは店内の好きなところで品物を待つことになります。

平日の午前中ということもあって、広い店内は僕の貸し切り状態。
まずはその趣き深いたたずまいを楽しみましょう。

20160328ise-1040627.jpg


20160328ise-1040628.jpg


大きな窓ガラスに囲まれた店内からは、駐輪状態をしっかり確認できるので安心です。

20160328ise-1040625.jpg


そしていよいよやってきました。
僕が注文したのは赤福ぜんざいです。

20160328ise-1040626.jpg

ぜんざいの入ったお椀の他に、熱いお茶と、小鉢には口直しの昆布と梅干し一つ。

赤福ぜんざいの優しい甘さ、昆布の塩味、梅干しの酸味、三位一体となって奏でられる味わいの、なんと奥深きことか。

ああ、よかった。
美味しいです。

これでこそ長い旅路を越え、伊勢までやってきたかいがあったというもの。遥か江戸の昔から、同じように長旅に疲れた参拝客たちは、この味に癒されたことでしょう。

赤福ぜんざいを丁度たいらげた頃合いに、女店員さんがお茶のおかわりを勧めてくれました。

ありがとう、いただきます。
そして御馳走様でした。

子供の頃から大好物だった赤福を、もっと大好きになった貴重な時間となりました。

それでは名残惜しいですが、そろそろ帰路につくことにしましょうか。



このへんで旅の装備をについて解説を。

ロングライドとは言え、泊まりのない日帰り強行軍ですから、それほど大した装備ではありません。

20160328ise-1040629.jpg

ハンドル回りは以下のとおり

ガーミンエッジ510(GPSサイコン)
レザインパワードライブ(ヘッドライト)
mont-bellフロントバッグ

フロントバッグの中身はモバイルブースターを一つと、数枚の地図、パワードライブ用の18650充電池を二つ、携帯ワイヤーロックです。
DOGMA F8のヘッドチューブが短いため、補給食などの重量物を入れるとフロントバッグの底がタイヤに擦れてしまいます。
基本的にフロントバッグはガーミンへの給電のためだけの装備となっています。



後方には、いつもは装備しないサドルバッグを。

20160328ise-1040630.jpg

中身は太めのワイヤーロックとごつい南京錠、交換用チューブ二本と、隙間にウィンドブレーカーとコンビニで購入した補給食を突っ込んでいます。
駐輪時はこのワイヤーロックと、携帯ワイヤーロックでダブルロックします。

あとの装備はいつもと同じで、輪行バッグや雨具、着替えなんかは携行しませんでした。いざとなった場合はタクシーを利用します。


あとはこれ。

20160328ise-1040631.jpg

直前にパンクしたエクステンザR1Sに換え、ミシュランPRO4SCを投入しています。
前日にwiggleから届いたもので、もし間に合わなければBORAONE35+CORSA EVO CX2でのライドになるところでした。

チューブラーでのロングは、換えチューブではなく換えタイヤを携行することになるため、少々荷物が増えてしまいます。
ひらひらと軽量であることがロードバイクの大きな魅力ですから、いかにロングと言えど極力荷物は減らして行きたいものですね。

さあ、では行きましょう。
帰路には実のところもう一つ、今回の大目的が待っているのです。

伊勢市を出発し、県道37号線、国道42号線、国道23号線と、幹線道路を北上していきます。
時間はそろそろお昼前、このあとの道程を考えるとしっかりした昼食を摂るべきですが、惰性でノンストップ進行がつづきます。

松阪から津に入り、国道165号線を西に入ります。ここから再び山越えルートで奈良を目指すのです。

20160328ise-1040632.jpg

通常ならば、この165号線ルートは往路で通った伊勢本街道よりも獲得標高が小さくなる楽勝ルートです。
しかしそれでは単に伊勢に行ってきただけで面白くありません。

久居の市街地を越えた辺りで165号線に別れを告げ、県道660号へと進路を取りました。

ゆるやかなアップダウンルートが西へつづき、行く手からは強烈な向かい風が吹き下ろしてきます。

それでこそ、と思います。

遥か彼方の山の頂きに見えるのは青山高原の大風車群。年中強風が吹きすさぶ証拠に違いありません。

20160328ise-1040633.jpg

さあ、ここからあの風車のところまで登りましょう。通常の165号線ルートに比べ獲得標高差が一気に800mほどプラスされますが、山頂からの絶景が待ってくれています。

標高差800mと言えばグランツールの1級山岳です。

ならばやりましょう。
ここまで走行距離は190kmオーバー、ヒルクライム中には200kmを越えることになりますが、このグランツールの山岳ゴール的シチュエーションに燃えずして何とする!

いざ、青山高原三重県側ヒルクライムTTです。


つづく



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。


スポンサーサイト


コメント

  1. 八尾のまっちゃん | -

    お伊勢さんまでのロング憧れます。何時かは行ってみたいもんです。そして赤福食べたいっす!(笑)
    でも、青山高原は登りませんけど!(^0^;)

    ( 19:54 )

  2. sen | SFo5/nok

    お伊勢参りに行かはるってことで曽爾ルートかな?青山ルートかな?と思いましたがどっちもですかっ!!!w
    獲得標高に飢えた獣ですなw。すげええ・・・。

    お伊勢さんは年一回くらいでよく行ってるんですが赤福五十鈴川店は知りませんでした穴場ですね!いいとこ教えてもらいました。
    また大台ヶ原のときみたいにまねして行ったろ、と思ったけど今回のこのルートは僕には無理っすw。

    ( 20:59 [Edit] )

  3. ユキオ | Alz34ffU

    ここまで走っての赤福ぜんざいが本当に美味しいんでしょうね!来シーズン行きたくなりました。こんだけ登らないルートにしますが(^_^;)

    ( 08:14 [Edit] )

  4. 富士300 | -

    三谷さんかいっ?

    第三部
    前回までの大福餅と梅おにぎり(妙にツボです)は赤福の布石のようですね。

    いにしえから伝統の赤福、そしてご自身の思い出の味を今現場で食する高揚感。
    まるで就学旅行先を訪ねるような感覚。

    写真からは昔からの風情。それらを貸切状態、窓越にはF8とはなんという贅沢か。

    後半打って変わって現代へシフト、三作は奥行の深さを感じます。
    最新技術、スペック、・・・・古谷徹のレーションがカーグラフィックTV的に流れているようです。

    つづきが楽しみです。



    ( 09:02 )

  5. れすとまん | -

    こんにちは!!ついに念願の赤福ぜんざいですね♪美味しそう。何より店の雰囲気がとても良くて心が落ち着きますね。行きたくなっちゃう(もちろん車で)。
    しかし、ここまでロングライドしてさらに岐路にあえて山を選択するとは…変態ですね(褒)
    僕なら行きも帰りもなるべく登りのないルートを必死で調べます!

    ( 10:58 )

  6. トプロー | -

    Re:八尾のまっちゃんさん

    いやいや、まっちゃんさんは青山高原登るでしょwヘムタイさんが板についてきてますし。奈良側ならそこまできつくないですよ!

    ( 18:40 )

  7. トプロー | -

    Re:senさん

    ロングは補給さえ間違わんかったら、けっこうどれだけでも行けるもののようですよ。遠慮せずにぜひ真似していってきてください\(^o^)/

    ( 18:42 )

  8. トプロー | -

    Re:ユキオさん

    もう赤福ぜんざいは終わりですが、たぶん入れ換えで赤福氷(宇治金時みたいなやつ)がはじまるんじゃないでしょうか。今シーズンでもまだまだ楽しめますよ~。

    ( 18:44 )

  9. トプロー | -

    Re:富士300さん

    ほめすぎですw(;´д`)

    だらだら書くと内容もだれるかと思い、装備についてをアクセントとして挿入してみました。楽しんでいただけたようなら、してやったりです\(^o^)/

    ( 18:47 )

  10. トプロー | -

    Re:れすとまんさん

    お忙しくてなかなか機会もなさそうですが、ぜひ自転車で行ってみてください。平坦ルートは1号線かと思いますが、距離がアホほど延びますよ。僕的には伊勢本街道が一番のおすすめです!

    ( 18:50 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。