上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七葛のつづきです。

では、各コースについてテキトーに解説。

まずは一葛目の塔原から
・・・と書くと八葛との兼ね合いでややこしいので、一本目をゼロ葛目とします。

ゼロ葛 塔原(とのはら)
ここはみんなとの集合前に僕一人で登りました。
なんでゼロ葛目を塔原にしたかと言うと、和泉葛城の各コースの中で、登ったことがあって且つ自宅から近いから。
普通は大阪市内方面から車載で和泉葛城に登るなら牛滝コースになるらしいですが、そんなことはツユとも知りませんでした。
阪和道貝塚ICを降りて山に向かい、怖い怖い蕎原(そぶら)コースの入り口を過ぎると塔原なのです。

七葛を地図にするとこう。

nanakatsu.png

赤いラインは激坂危険地帯。
このように塔原は激坂のない比較的安全なルートなので、様子見の一本目に最適なのです。

乗ってきた車は山頂駐車場に残し、DOGMA F8と共に塔原スタート地点へ。
塔原バス停を5時06分発で、早速登ってみました。
様子見なのでゆるゆるです。競争相手もいないし、誰にも見られていないし、とにかく体力を削られることのないように登ります。

結果





しんどいやないか(;´・ω・)






当たり前です。
距離6.9kmの平均斜度8.6%が楽なわけないのです。
結論としてですね、僕は声を大にして言いたい。






和泉葛城全七ルートはすべからく辛い!







さっきの地図も間違いです。
正しくはこう。


nanakatsu02.png


うん、まあ、こんな感じ。
道路が血まみれな感じやけど、その通りやからこれでいい。
中尾、蕎原に比べて、塔原は若干出血量が少ない感じ。
我ながらよくできました。



これは前日にソロで七葛達成した勇者の書き置き


さて、ゼロ葛を終えていよいよ一葛目は粉河(こかわ)ルートです。
参加者も全員揃って七葛中でも一番の長距離緩斜面ルートに挑みます。
ここはさすがに全メンバーが元気いっぱいで、スタート直後から数人が飛び出しました。
おやじ転車さん、乗り気さん、YASUさん、ザッキーさんが先行グループ。それにko460さんも続いて行きました。
うわさの乗りキングの速さに付き合ってみるか?と思ったものの、すぐにやめときます。
あのペースでは1kmもようついて行かんわ。

が、そんな僕をハルさんが追い立てるやないですか(;´Д`)
僕のすぐ後ろにぴったりつけて、ものすごいプレッシャーをかけてくるのです。

ひぃぃぃぃぃ、もうやめてぇぇぇぇ(´;ω;`)ブワッ

なけなしのパワーをひり出して逃げるとコース中盤でko460さんに追いつきました。
追いついたのに引き離されるのもアレですので、引き離されんように結局がんばります。
そしてコースが尾根筋に入り後半戦。
和泉葛城の尾根筋は楽しいアップダウンの連続で僕の大好物。ここだけはもう絶対に力が入るのです。
えいやっと尾根筋をぶっ飛ばしたら終盤でザッキーさんとYASUさんの背中を捕らえました。
が、残念ながら見えただけで追いつくところまでは行かずに一葛目ゴール。
抑えて走るつもりが、結局はなんかけっこう追い込まれたような気がします。




さて、次です。
一葛応援のzoomさんとお別れして二葛目の中尾(なかお)ルートへ。
距離8.9km
平均斜度8.2%
最大斜度25%
ここは日陰のない激坂ルートです。スタート地点へ向かう下り区間で早くも泣きが入りそうになります。

カーボンホイールやめといて良かった!
心の底から良かったよ!(´;ω;`)ブワッ




そしてスタートですが、おやじさんの提案で遅い順に登り返しとなりました。
遅い人から1分間隔で、抜こうとがんばらない、抜かれそうでもがんばらない、というルールを設定していただきましたが、スタート順からして追い抜きありが前提となっているような気がします。





おやじさん、このルール出走前から破たんしてるって!





※時間差スタート提案者はおやじさんではなくハルさんとのこと。毎度そうですが、穏やかな雰囲気を漂わせながら、実は1番の危険人物がハルさんですね!


重量級のりっつさん、控えめなめうさんと順番にスタートし、実質三葛目で激坂が大嫌いな僕がつづきました。
どう考えても「追い抜くようがんばる、追い抜かれんようがんばる」というスタート順ですが、僕だけはおやじさんのルールに従いますで!
追い抜くとか追い抜かれるとか全然関係ない。
完全な観光サイクリングペースで中尾コースに挑みます。
いや、挑むという雰囲気を出してはいかんのです。ただのサイクリングを楽しむのです。

すると案の定すぐに、ハルさん、ko460さんが僕を追い抜いていきました。
あかんで!
二人ともルール違反やで!

もちろんYASUさん、おやじさん、乗り気さんにも抜かれ、最後はザッキーさんにばびゅーんと行かれ、序盤でどん尻になってしまいました。

あかんわw
全員ルール違反やわw

で、激坂区間に突入しますが、





ここサイクリング無理wwww





ずーっとガーミン読みの斜度が20%を越えてます。
いや、予想はしてたけどさ。
予想はしてたけど予想以上にしんどい。
つーか暑い。
激坂な上に、真夏の太陽がさえぎる物なく降り注ぎ、体温を急激に上昇させるのです。

それにしても、りっつさんもめうさんも落ちてこんな?

いかにも登れそうな細身のめうさんはまだしも、ロード歴ほんの数カ月で重量級のりっつさんは序盤で落ちてくる予想だったのが、まったくその後ろ姿さえ見えません。
これで僕もちょっと焦りはじめました。

さすがにダントツのどん尻は恥ずかしいな(;´Д`)

仕方なくちょっと気合いを入れて登ることにします。
が、激坂区間が終わってもまだりっつさんは見えません。
さらに気合いを入れてみます。
サイクリングのはずが、ちょっとTTみたいになってきたやないですか。

そしてコースも終盤に入り、ようやく先行する三人の後ろ姿を捕らえました。
りっつさん、めうさん、ザッキーさんです。
いや、これには正直驚きました。りっつさん、めちゃくちゃがんばってます。
それと、ザッキーさんの消耗具合がどうもおかしな感じです。
一葛目のぶっ飛び方からして、本来ならもっとハイペースで登れるはずですし。

ともかくここは涼しげなふりして追い抜き、なんとかどん尻をまぬがれてゴールしました。


やばいな。
まだ二葛目だというのに、がんばりすぎてないか?
この調子でゴールまで走り切れるのか?

まあこの先は何があってもがんばらないを目標にがんばるしかないか(何それ?

つづきます




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。

スポンサーサイト


コメント

  1. おやじ転車 | -

    トプローさん、時間差スタートを提案したのはハルさんですww
    僕は「それは危険ですw」と言ったんですってww

    発案した時のハルさんのニヤッとした笑顔は、今でも脳裏から離れませんw

    ( 17:49 )

  2. トプロー | -

    Re:おやじ転車さん

    なんとそうでしたか!
    やはりハルさんが一番の危険人物ですねw
    まさかと思うタイミングで仕掛けてくるとは油断なりません。

    ( 23:42 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。