上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日のファワイチ報告ですが、すでにトップブロガーの皆様がブログをはじめておられますな。
僕トプローもブロガーの端くれとして負けておられん!
・・・とか少々思ったりもしましたが、少々だけですので、いつもの調子でいきましょう。

では、いろいろ省略しまして、水仙郷の登りからです。
省略しすぎなような気もしますが、集合やらスタートやら最後のコンビニやらについて僕が書いてもアレですので、そのへんはもうロミオさん、クロワッサンさん、めうさん他の面白ブログをご参照ください。

僕的に今回のファワイチは楽しい楽しいファンライドですが、ここだけはガチTTの覚悟を持ってきておりました。

水仙郷にはSTRAVAでいくつかセグメント設定がありますが、狙っていくのはsuisen+セグメントです。距離4.4km高低差145m平均斜度3.3%というスペックのセグメント。実際のコースレイアウトはずーっと登って、謎パラ前をわっと降って、最後にまた登り返すアップダウンです。なので平均斜度よりも実際の斜度はちょっときつい感じですね。

このセグメントの前半部分に、水仙郷Climb という平均斜度8.4%のセグメントが丸々収まっていますがそっちはちょっと短すぎて残念な感じなので狙いません(きっつい登りオンリーセグメントとか僕ががんばってもどうにもならんわw)。

さて、今回の作戦は最近導入したガーミンベクター2Sを利用して一定のペースで、という予定でした。
が、最後のコンビニ付近で電池切れとなり、ベクター先生は沈黙しておられます。

仕方ないのでこれはもう、久々に最初から9割全力アタックをかまします。9割というのは、きついと思ったら若干ペースダウンしてTTを続行できそうなギリギリの強度です。10割全力アタックは緩めても終わります。最後の手段です。

しかし水仙郷はこの序盤がきつい。なにぶん平均8.4%ですから甘くはありません。それでも十三峠よりは緩いため、いつもよりケイデンスが上がってなかなか気分はいい感じ。体調のほうも好調なようですぞ!

しかし想定外なのは僕の後ろに誰もいないところです。予想では乗り気んとYASUさん、ザッキーさんあたりは反応してくるかと思ったのに影も形もありません。
いや、でも油断は禁物です。乗り気んほどのヘムタイになると最後尾からでも一気に追い上げてくる可能性は十分です。

背後の気配に怯えつつ、きつい登りを登り切り、一つ目のピークを通過して下りに入ります。
ここでも脚は緩めずタイムを稼ぎます。なにも踏み込む必要はありませんが、登りと同じ出力で一定のペースがコツというものです。下り区間で登りと同じペースというのも難しいのですが、ペダリングの工夫によって近づけることができるようです。丁寧な引き脚と、ベクトルの最適化が肝というものですね。
しかし一般道の下りですから対向車や路面の荒れには要注意。いつでも危険回避を十分できるようにスピードコントロールせねばなりません。

今回は久々にBORAONE35を履いて行ったのですが、こういうシチュエーションではRACING ZERO NITEの優位性が際立ちます。BORAはひょいひょい軽く動くんですが、軽すぎて下りの安定感に欠ける感じがします。
ZERO NITEならもっと思い切って下れるんやろな、などと思っているとすぐに登り返しがやってきます。

この斜度の変化が水仙郷の1番きついところ。脚への負荷が大きく変わるタイミングで、乳酸も爆発的に増加する気がするのです。いや、気のせいかも知れんけど。

しかし水仙郷の登り返しはそんなに長くありません。
あとちょっと、あとちょっとの辛抱と念じながら踏み続けます。後ろには相変わらずだれの姿も見えません。競り合いになったらもうちょい伸びたでしょうが、今回の企画の骨子が大人数のファンライドですから、これは仕方ないでしょう。

とにかく最後は全力10割で踏み切ってふらふらゴール。
あ~、しんどかった!
この夏はTTしなかったので春以来の苦しみでした。

後続はぜんぜんやって来ませんが、どうもLipさんの空中分解の碑に祈りを捧げていたようです。
つーか、空中分解ってここやったんねw

で、気になる結果のほうですが・・・




よしキタッ!
2800人中の28位!!


そしてもっと嬉しいことに、



フォロー中で1位をゲット!
いや、ヒムロック君と同タイムやけど、彼みたいな表彰台常連と同タイムなんが僕的にすごいわ。
地味にDOJP(打倒おやじ転車さんプロジェクト)も達成しました。

やりました!
僕のファワイチはここで終了です。だって出し切ってもう何も残ってないもん。
南淡路水仙ラインなんか鼻歌まじりで集団最後尾を死守やで!

と言うわけで次回につづきます。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。