上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


歓喜と悔恨、栄光と挫折を見守り続けてきた大門を裏側から。

先日、眠気が限界を超えて書けなくなった自走高野山TTのつづきです。
まずはこれまでのあらすじを。

紀見トンネルを死ぬ思いで抜けたトプローは、高野山TTで1時間切りできなかったのでありました。

あれ? あんだけ書いたのに一行で終わっちゃったよ。おかしいな。

内容が超薄かったということですね。
いやはや、文才がありすぎるのも困ったものです。

005_20120514051122.jpg
高野下ガード近くのアーチ橋。ヒルクライム中は必死で気づきませんが、なかなかいい雰囲気。

え~、さて、橋本でちょっと遅めのお昼を食べたあと、トプローは五條経由で金剛トンネルへむかいました。
金剛トンネルといえば関西ヒルクライムTTの登録コース。これは見逃せません。
では早速コースプロフィールを。

コース名  金剛トンネル(奈良側)
標高差   395m
距離    4.5km
平均斜度  8.7%
最大斜度  25.0%

県道261号の激坂を経由して国道310号線へ抜けるコースです。
淡々と説明しましたが、最大斜度25%って何かの冗談ですか?
あれだけきつい十三峠の最大斜度が14.7%なんですが、それプラス10%って・・・

そう言えば、坂というより壁で有名な暗峠(大阪側)の最大斜度が28.1%です。
25%って暗峠とあんまり変わらないじゃないですか。
5%の坂と8%の坂じゃきつさがぜんぜん違いますが、25%と28%では最早きつすぎて区別がつきません。

ちなみにトプロー、ピナレロFP2で暗峠に挑んだことがありますが、スタート地点から500m程で足つきしてしまった苦い思い出があります。当然、500mごときでは暗峠の最大斜度地点までは到達しません。
暗峠というボスを倒しに出発したはいいものの、スライムベスに返り討ちにあったがごとくであります。

あ、ドラクエ3のスライムベスって、実はレベル62もあるらしいですよ。ヤマタノオロチと同じです。なんて無茶設定。

ここはあれです。人生の先達がいい言葉を残してくれています。
すなわち。

挑戦することに意義がある

君子危うきに近寄らず。

五條の本陣交差点を左折したトプローは、本来なら右折するはずの牧野小学校前交差点をそそくさと直進したのでした。

ええ、尻尾を巻いて逃げ帰ったのですとも!(なんで偉そうなんだ

この時点でけっこう心が折れていたので、有名なサイクリスト御用達のパン屋さんヤムヤムもスルーです。金剛トンネルに正々堂々と挑んでいい汗をかいたヒルクライマーの皆様に会わせる顔がなかったのです。
やーいやーい、弱虫トプロー。

けれども、逃げたわりには直進ルートもだらだらとそれなりの急坂がつづきます。ここは100km超走行後のことですし、足つきせずに登りきっただけでも良しとしましょう。
と言うか、良しとさせてください。お願いします。

006_20120514051121.jpg
トンネル前でようやく一息。あとは基本、下りと平坦だけです。

それにしても金剛トンネルを抜けた後、大阪側のダウンヒルは快適ですね。
路面状況が良くて交通量が少ないのに加え、斜度とカーブの大きさが絶妙です。

そして河内長野から石河CRへ入ると、あとはもういつもの帰り道。
走行距離が150kmを超え、お尻とセライタリアSLRの格闘もいつものようにはじまりました。
今回は山岳ライドでしたしダンシング多めだったので痛みはじめは遅かったのですが。

しかしついに来ましたヨ!
0001_20120514051120.jpg
このシルエットはまさしく!

あ! こら!
そこは!
はにゃ~ん


どういう引きだ



にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ

↑ポチっとお願いします。




スポンサーサイト


コメント

  1. ちむ | -

    高野山より十三峠よりヤビツに近いところに住んでますけどねー
    あはははー

    SMP信者増殖は失敗したみたいで悔しいなーw

    ( 22:56 )

  2. Re:ちむさん

    SMPはできれば時間かけてセッティングして試してみたいですね~。あと、もうちょっとクッションのあるモデルも。
    ヤビツアタックレポート、待ってますw

    ( 03:34 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks

まとめtyaiました【山岳ロング最終回~金剛トンネルはレベル62だったのか~】 ( 17:25 )

歓喜と悔恨、栄光と挫折を見守り続けてきた大門を裏側から。先日、眠気が限界を超えて書けなくなった自走高野山TTのつづきです。まずはこれまでのあらすじを。紀見トンネルを死ぬ思いで抜けたトプローは、高野山TTで1時間切りできなかったのでありました。あれ? あ...



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。