上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





たまにはライド日記も書いてみる。
先日、涼しくなったので夏以後ではじめていつものコースに繰り出した。




グリーンロードをウォーミングアップしたら泥まみれに。
雨上がりの石川CRを避けた結果だが、どこを走っても同じことだった。


水越峠を260W目安で越えて名柄ローソン。体重66~67kgくらいなので3.9W/kgあたり。

眠いのでどっかで昼寝できる場所を探してみる。

奈良側山麓線沿いに5万人の森公園があるので、とりあえずそこまで行ってみる。どっちみちいつものコース沿いだ。




はじめて寄ってみたが、バイクラックもあるしなかなかいい感じ。



森のカフェもあっておシャンティー。



昼間でもモーニングセットが食べられる。50円upやけど。



しばし公園で寝転がって空を見上げた。
いいな、ここ。
気に入った 。



金剛トンネルも260W目安に淡々としんどいペースで。
ゴールデンチーターさんによると僕のFTPは262WとのことなのでLTペース走。必死こいて毎回TTペースで走るより効率いいらしい。回復との兼ね合いもあるし、そういうもんなんやろなぁ。
毎回ばっちり回復できるティーンエイジャーなら毎回TTでええんやろね。

帰りは石川CRから大和川CRを平地ペダリング練。平地ペダリングがクッソ下手だという事実がパワー値から判明したので、いろいろと修正してみた。

これから秋シーズン開始。
コツコツ積み上げていこう。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。


夏の七葛つづきです。
今回はバイクとか装備、補給食について。いっちょ七葛やってみっか!というかたがたの参考になればと思います。

バイクはいつもどおりのDOGMA F8です。なにぶん過酷すぎるライドになるのがわかりきっていましたから、これ以外の選択肢はありません。

FP2は重い上にアルミフレームが固くて辛いですし、Cento1は小さめサイズが仇となって下りの安定感に欠けるのです。
和泉葛城の下りは苛酷です。斜度もあって路面も悪い。
その点、DOGMA F8ならまったく安心して下ることができるでしょう。

ホイールはこれまたいつものレーシングゼロナイト。
そこそこ登りに強くて、プラズマ電解処理されたリムが下りでは鬼の安心感。七葛にはこれ以上ない強い味方です。
BORAONE35のようなカーボンホイールは、登りは良くても和泉葛城の厳しい下りには不安です。
135kmで5273mアップということは、実際は67.5kmで5273m登り、同じく67.5kmで5273m下ります。いくら軽くても出所の怪しい中華カーボンなんかは避けたほうが無難でしょう。

タイヤはミシュランPRO4 SERVICE CORSE。
乗り心地とグリップに定評のある良いタイヤです。これも荒れた路面の和泉葛城にはぴったりマッチしたと思います。

ギアはフロントが50×34Tのコンパクトクランク。リアが11×28Tです。
和泉葛城でも中尾や蕎原といった激坂ルートにはガーミン読みで23%や24%の斜度が頻出しますから少しでも軽いギアを用意したいところ。

ブレーキは前後とも6800アルテグラですが、ブレーキシューはリアがカンパ純正のナイト用。フロントにはスイスストップのブラックプリンス(アルミ用)です。
ブラックプリンスはお安いんですが、カンパ純正に比べて若干効きが甘いです。
握力に不安のある方が七葛に挑む場合、前後デュラエースに効きのいいシューを準備するべきでしょう。
今回も中尾、蕎原の下りには相当苦労しました。

それと七葛には夏場であっても前後ともしっかりした光量のライトは準備したほうがいいです。
参加者に加えてサポーターが多く、休憩のたびに長時間キャッキャウフフしていたせいですが、今回は6時半スタート(個人的に5時スタート)で、終了が19時半でした。
僕の装備は前ライトにレザインパワードライブXL、後ろにキャットアイRAPID5でした。
今から購入するなら前ライトにはキャットアイVOLT400くらいは欲しいでしょうか。

真夏ですし、ボトルは当然ダブルボトル体制で・・・と普通はそう考えますが、七葛に限ってはシングルボトルでも大丈夫っぽいです。理由は後述の補給食と同じで、頂上を通過するたびにボトルに給水できるから。
仮にダブルボトルを運用するなら一本には真水、もう一本にはBCAAなんかを入れれば良いかと思います。今回の僕はアミノバイタルクエン酸チャージを充填しておきました。

と、この流れで補給食について行きましょう。

今回は四葛目の蕎原ルートの前にカレー休憩が入ることがきまっていました。
それ以外に僕が準備した補給食は
下のとおり。


コンビニの胡麻おにぎり弁当 2パック
コンビニの幕の内弁当 1パック
ミニあんぱん5個パックを1袋
ソフトスルメイカ1パック(何それ?という選択ですが、足攣り対策のマグネシウム補給です
アミノバイタルゼリーマルチエネルギー 7個
SAVAS POWER AMINO2500の錠剤を20錠ほど
塩熱タブレットを1袋
水を8リットル
ミネラル麦茶を1リットル


以上を適宜摂取し、ほとんど全てを食べきりました。

通常のロングライドと違い、七葛は和泉葛城山頂を起点に何度も登り下りするライドですので、頂上に大量の補給食を確保しておけるのですね。
ですので補給には携行のしやすさを重視したオニギリ等ではなく、各種栄養素をまとめて接種可能なお弁当がいいでしょう。


その他、僕が準備したわけではないですが、あれば良かった、もしくはあって良かったと思ったもの。


二代目さんのスイカ(普通は準備できんわw
おやじさんが食べてたソーメン(クエン酸に飽きたら是非食べたい
冷奴もいいんではないか(大豆食品はタンパク質に目が行きますが、実はマグネシウム含有量もたっぷり


では、また次回(´^∀^`)



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします。





7月5日、火曜日のことですが、おやじ転車さん主催で七葛をやってきました。
ブロガーさん多数参加でしたので各所でレポートが出ると思いますが、僕もテキトーにレポートさせていただきます。


クッソいい天気でした。クッソ!



まずは走行ログから。






タイトルがそもそもおかしいやないか!という話ですが、諸般の事情により僕だけ八葛です。

諸般の事情は諸般の事情であって、なにも僕だけかっこつけようと思ったとかいうわけではありません。
ありませんって!(^q^)

自走八葛という予想のおやじさんに合わせたら実際は車載でどうなってんのよヽ(`Д´)ノ


七葛+塔原一本。
これでガーミン計測で獲得標高5,273メートルです。
スマホ計測なら8,000メートル越えちゃうよ!



では、まずは参加メンバーの印象から。
テキトーなレポートなのでテキトーな紹介ですいません。


りっつさんが七葛達成してビビった!
ロード歴数ヵ月で七葛達成とか恐ろしすぎる。
FRAT練のタイムからの予想では正直、二葛目の中尾の激坂で撃沈するかもと思ってましたが、ぜんぜんそんなことはありませんでした。
これで体が絞れたらどうなることか(((( ;゚Д゚)))


ほらねw(なにこの写真(^q^)


乗り気さんが乗りキングすぎてビビった!
あの猛暑の中、七葛ぜんぶ平均くん突破してるとかどうなってんの。
今回お初で、各所の情報から相当なヒルクライマーやなと想像してたけど、実際はしっかりした肉付きのロードレーサーでした。


ヤスさんは正真正銘の速いクライマーですね。
速いんですが、中盤以後は常にりっつさん、めうさんに伴走する気遣いの人でした。
僕ですか?
僕はもう自分のペースを守るだけでいっぱいいっぱいでしたわ!


めうさんは後半になればなるほど速くなるという恐ろしい走り方をされていました。
みんなが疲労していく中、完璧に計算された走行計画を実行された結果でしょう。
なんという段取りの良さ!
手作り七葛ワッペンも準備されていて、やはり段取りが素晴らしい。
戦略家ですなぁ。


右下に追いたててくれそうな人がいますね(°口°๑)



ザッキーさんもお初で、かなり登れるクライマーとお見受けしました。
一葛目の粉河では先頭集団でかっ飛んで行かれましたしねぇ。
今回は熱中症にやられて切ない幕切れとなりましたが、早くも七葛リベンジに燃えておられるようですね。


あとはハルさん、ko460さん、おやじ転車さんですが、そのへんはいつもと同じでした(ぉぃ
七葛中ずっとハルさんko460さんとは抜きつ抜かれつしてたように思います。まさにいつもと同じ。
おやじさんは主催者だけあって全体をくまなく気にかけておられ、いつもより「ほぅるぁぁぁ」の出現率が若干低かったかな?
若干低いだけで要所要所で「ほぅるぁぁぁ」してましたがw




それと今回はサポートメンバーが熱かった!
zoomさん、くろだいさん、100太郎さん、ユキオさん、くにさん、二代目さん、あだっちゃいさん。
まさかあんな大勢の方に応援していただけるとは思ってもみませんでした。

一緒に走った中では二代目さんの下りが鮮烈でした。
口のケイデンスが高いと評判の二代目さんですが、バイクコントロールが抜群に上手い!
ポールスミスver.のDOGMA F8が葛城のダウンヒルで嬉しそうに踊っておりました。
あと、スイカの差し入れが神すぎw


神のスイカ!


それに、くにさん、あだっちゃいさんの尾根牽き!
めちゃくちゃ楽しかったです。
くにさんは三葛目(僕的に四葛目な!)の犬鳴ルート、あだっちゃいさんは六葛目(僕は七葛目やで!って、しつこいわw)の神通ルートでしたが、どちらも尾根筋で鬼牽きを見せてくれてアドレナリン爆発でした。
ハイスピードなアップダウンとコーナリングがつづく和泉葛城の尾根ルートが僕は大好きなんですが、連なって走るとまるでツールを走っているかのようですね。


とりあえず今回はここまで。
次回は各ルートについてか、それか装備とか補給についてかな?




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします。




突然の報告となりますが、6月度について、現状の走行実績がこうです。



300kmの3300mup。
年初に立てた月間1000kmの目標に遠く及びません。

梅雨やし、しゃあないな。
来月からがんばろう。

そういう話ではありません。
実際、5月末までは予定通りに目標を達成しておりました。
今月もやろうと思えばもうちょっと距離は伸びているはずです。

しかしやっていない。
なぜかと言うと、方針転換したからです。

5月までの走り込みでスタミナはつきました。
例えば100km2000mupのコースをそれなりのハイペースで走り切れそうなスタミナです。

しかし、思うほど速くならんのです。

例えば沖縄で、例えば秋の鈴鹿で、例えば来年の富士ヒルで、どれに出るかはわかりませんが、どれにしろ結果を求めるには圧倒的に速さが足りません。

仮に富士ヒルの話。

今年のリザルトを見ると、ざっとこんな感じです。

やまちゃんと巻ちゃんが77分、きゃべつKさんが75分ちょいでシルバー残念賞。

novさん、ちょしさん、masabowさん、ゴトーさん、hiro@臨時漕会さんは余裕のシルバー。




余裕の、なんですな。




さらに、バードくんが62分台で当然のゴールドです。



バードくんと水越峠でスライドして記念写真撮らせてもらったw
もっと生粋のクライマー体型かと思ったら、しっかり筋肉のついたロードレーサーなんですな。





以上の結果を見ればわかるように、いや、もとからそういう雰囲気はありましたが、







シルバーは取って当たり前!







当たり前!(゚◇゚)ガーン







もはや来年以後、富士ヒルに出場するならゴールド狙い以外ありえんという、わけのわからん状態になっているのです。

この4月に、ようやくザクさん基準の金剛RW2本合計タイムがシルバーレベルをクリアしたとこやのに、なんと容赦のないこの仕打ち。

まあでも実際のところ、来年わざわざシルバー狙いというのもあり得ません。
来年はつるみんさんもゴールド獲るらしいですし、一緒に夢見るくらいええじゃないですか。




でも僕遅いねん╰( º∀º )╯





ならばどうするのか。
速くなる練習をすればええのです。

方法論的には練習強度を上げる。
これしかありません。

強度を上げた結果、走行距離が落ちたとしても、それは一時的には仕方のないものと諦めます。

具体的な目標と練習内容はちゃんと結果が出たら、ドヤ顔で公開しようと思います!
結果が出んという結果が出たら、泣きながら報告します。


とにかく、一時期低下していたモチベーションが戻ってきております。
がんばりますで!




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。



ちょっと、あまりにも驚いたので載っけちゃいます。




なにこれ、ヨーロッパアルプス!?
ラルプ・テュエズなん!?Σ(●д●)

和歌山とちゃうやん!
本物やん!

しかもSUNZOKUジャージとか、やまじゅんさん何やってるんですかwww

普通のおじさんになるとか言って、ぜんぜん普通ではないおじさんをやっているのですね。

ええなぁ。
これは一生に一度でいいから登ってみたい。
沖縄への軍資金を3年ほど貯めれば行けるかも知れんなぁ。

現実ではない夢やなと思っていたけど、いざ実際に身近な人が行ったとなると、一気に自分もという気持ちが高まってきました。

ラルプ・テュエズの公式クロノコース
距離 13.9km
標高差 1099m
平均斜度 7.9%

今現在でSTRAVAに11179人の記録が残っていて、さすが世界的な人気コース。いや、世界一のヒルクライムコースと言っても過言ではないでしょう。
KOMはFDJのティボー・ピノで42分09秒。

ここを自分なら何分で行けるのか?

やまじゅんさんなら周囲の外人をどんどん追い抜いたことでしょう。
kamikazeボーイですなぁ。
浪漫としか言えません。

こういう浪漫を現実にできるのが自転車のいいとこですね。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。











最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。